ローラン| 「神の雫」登場人物紹介


ローランとは

第2の使徒探しの際、一青がタクラマカン砂漠で出会った中国・新疆ウイグル自治区出身の女性。
名前の由来は都市名である楼蘭で、母親が日本人であるため、日本語を話すことができる。
ワインに関しては無知だが、砂漠に埋もれていたワインを見つけるなど大変優れた嗅覚を持ち、その才覚に惚れた遠峰一青に日本へ招かれ、一青の使徒探しに協力することになる。