美島壮一郎(みしまそういちろう)| 「神の雫」登場人物紹介


美島壮一郎(みしまそういちろう)とは

紫野原みやびの勤めていたレストランチェーンのオーナー。
在庫を抱えないために、高級ワインはオーダーが入ってから近所の酒屋に買いに行けば十分と考えているなど、ひたすら利益を追求するタイプの「経営者」であったが、神咲雫と出会ったことによりかつてのワインを愛する一人の人間に戻った。
現在は、昔の気持ちを思い出すために、現場でワインのサーヴまでを行っている。