美味しいワインとビールが飲みたいならココに行け!茅場町「ビアホールYosshi’s(ヨッシーズ)」にインタビュー取材!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

美味しいワインとビールが飲みたいならココに行け!茅場町「ビアホールYosshi’s(ヨッシーズ)」にインタビュー取材!

    
「ここのビールはうまいのに、ワインがイマイチだ…」とか「料理がうまいのに、揃えられているお酒がガッカリだよ…」など、どこか心を満たしてくれない飲食店と遭遇した経験があるワイン好きの方は多いのではないでしょうか。

東京広しといえども、案外「ここだ!」と思えるお店に出会う確立は少ないのが現実です。そこで今回、そんな不満を抱えたワイン好きのために、美味しいビールが飲めるビヤホールでありながら、料理、ワイン(お酒全般!)にこだわったお店を紹介しようと思います。それが、茅場町にある「ビアホールYosshi's(ヨッシーズ)」さん。

店主 吉永秀之さんに、ビヤホールでありながらなぜ、ワインにこだわるのか、さらにワインファン感涙の驚きのサービスについて聞いてきました!カーヴでは珍しい飲食店紹介ですので、ぜひお読みください!

Q.ビアホールYosshi'sとは、どんなお店なのでしょうか?

9732「茅場町にあるヨッシーズは、一言で言うと至高の黒ラベル屋です。銀座ライオンで、夫婦合わせて27年間修行した夫婦が始めました。各メディアなどでも取り上げられている至高の生ビール、サッポロ樽生ビール黒ラベルと、生ビールに合うおつまみを追求したお店です。」

Q.「ビヤホール」ながら、ワインにも強いこだわりがあると伺っていますが?

9734「ビヤホールというと、他社では生ビールには最高に気を使っていても他のドリンク、特にワインなどは置いてあればいい、という雑な感じが見受けられます。また料理には力を入れてても、飲み物にも力を入れてる店はなかなか少ないな、と思うことがあります。

例えば、焼き鳥は美味しいのに、飲みものが…とか、ワインバーでも最初の生ビールが飲めたものではない、などでしょうか。当店のワインは、うちの店も普段使いしてくれるビールも好きなソムリエの岩谷さん(三国ワイン)に、その辺りのことをお話しして、仕入れ価格が安ければいいとかではなくて、ヨッシーズのおつまみに合うものを厳選してもらっています。」

Q.そういった葛藤は以前からあったのでしょうか?

「そうですね。全部が全部、というわけではありませんが、お店の大将が料理にこだわっているのに、お酒にはあまり力が入っていないというお店は、非常にもったいないと常々思っていました。

当店の場合、おつまみが洋食ですので、ワインに関しても、しっかりとこだわっていきたいと思いがあります。先ほどお伝えしたように、こういった思いがあったからこそ、当店は品質の高いワインを揃えられていると自負しています。」

Q.そんなこだわりのワインですが、一部ワインで『小売価格+1,000円』で提供する、という驚きの試みをされるそうですね?

9736「ビールだけではなく、三国ワインさんの美味しいワインも少しでも多くのお客様に知ってもらって、飲んでもらいたい。うちと信頼できる業者さんとのウィンウィンの関係も大事、その先のお客様とのウィンウィンの関係も築ければ関わる全員が楽しいかと思っています。キャンペーンではなく、うちからご提案させてもらった試みです。」

Q.こういった企画は前々から考えられていたのでしょうか?

「1人や2人にサービスする小さなお店なので、良質なグラスワインを多く揃えたいと思っているのですが、グラスワインとなると管理が難しいという問題が出てきます。そのため、良質なワインをボトルで揃え、それをお客さまに楽しんでほしいという思いがずっとあったんです。

オープン当初から当店はワインに力を入れてきたのですが、2年経って『至高のサッポロ樽生ビール黒ラベルを飲める店』としてお客さまにも浸透してきましたし、そろそろ良いだろう、ということでついに実現したカタチですね。」

Q.このお店のイチオシのフードメニューは何でしょうか?

9733「チキンバスケットです。当店の、一番の人気商品ですね。国内産の安心安全な銘柄鶏に合う自家製の漬け込みだれ、カリッと揚がる衣が自慢です。揚げ物は、ビールという印象が、強いですが、ミディアムボディの赤ワイン、キリッとした白ワインにもよく合います。

ちなみに、このお店がオープンしてすぐの頃のお話なのですが、今は常連さまになってくれている、とあるお客さまが、“この唐揚げ美味しい!この辺りの唐揚げの中でも、間違いなくNO.1ですよ!”と、絶賛してくれたんです。

そして、後日そのお客さまが来店していただいた時、“実は私、日本唐揚協会の人間なんです”と、名刺を渡されたんですよ。日本唐揚協会の方お墨付きのチキンバスケットですので、ぜひご賞味いただきたいですね。」

Q.店長おすすめのワインと料理のマリアージュがあれば教えてください。

9738「『 C.V.N.E.(クネ) クリアンサ』と、黒板メニューのトンテキ、ライ麦パンはなかなか、幸せな気分かと…。」

Q.やはりビールを飲んでから、ワインという流れが理想でしょうか?

「最初のビールの後にワイン、というのはちょっと、うちの姿勢とは違います。お客さまの中には、数軒回って来て当店のビールを飲む方もいますし、さくっと一杯ビールを飲んで帰られるお客さまもいますし、どんな飲み方をするのもお客さまの自由ではないでしょうか。

ただ、当店でビールを飲むということであれば、まずは毎日飲んでも飽きない至高のサッポロ樽生ビール黒ラベルを飲んで頂きたいですね。その後は気分や体調に合わせてビールを続けてもいいし、気軽に色々なお酒も飲んでとにかく、いい気分になってもらえれば嬉しいです。」

Q.最後に、カーヴ編集部がワインをたらふく飲んだ後、シメのビールが美味しいと言っているのですが、シメにビールはプロ目線からナシでしょうか?

9735「ナシではありません。大アリです。実際にたくさんのお客様が、遅い時間にのヨッシーズの生ビールを飲み直しにきて、“ようやくまともな生ビールを飲めた”とか“飲み会より小さな店で1人2人でこうやって美味しいビールを気軽に呑みたいんだよ”、などと言いながら立ち寄って頂いています。

とりあえずのビールからシメの至高のビールの時代がきたな、と。自分達でも想定外でしたが、まさにプロの呑み方なのではないでしょうか笑」

Q.最後に、何かお伝えしたいことがあれば…

「『BOTTLE WINE ★酒屋価格+1000円!!★』は、今後もアイテムを変えていきながら続けていきたいと思っています。ちなみに、当店は、高級ワインは高級レストランでしか扱わない、安いお店は安いワインしか扱わない…という、やり方は少し違うかな、と思っています。比較的カジュアルなお店であっても、良質なワインを飲みやすい価格で提供し、お客さまに楽しんでもらう、ということが大切なのではないかと考えています。」

取材を終えて

徹底した管理のもとに注ぐサッポロ樽生ビール黒ラベルが飲めるお店「ビアホールYosshi's」。ビール屋ながら、ワインやほかのお酒にもこだわりを持って揃えられているという、ワインラヴァーはもちろん、酒好き、食べることが大好きな人間は一度は訪れておくべき名店です。

ちなみに、インタビュー後のお話の中で、「ビールに関しても、飲食店さまや飲み手、それぞれ大切に扱ってほしい、という思いもある。ワインは大切に扱って、ビールなら雑に扱って良い、というイメージも変えていきたい」という言葉は、正直胸に突き刺さりました。

良質な酒を扱っていればそれでいい、ということではなく、どれだけその酒を大切に扱い、飲み手もその酒を大切に飲むことができるのか…。難しい話のような気がしますが、本当に美味しく、そして酒と共に楽しい時間を過ごすためには、お酒に対する「リスペクト」が重要である、という酒飲みの基本姿勢をご夫婦のお話を聞いていて、再確認しました。ぜひ楽しい夜を、「ビアホールYosshi's」で過ごしてみてください!

・ビヤホール&カフェ ヨッシーズ HP
・フェイスブックページはコチラ
 
 

caveおすすめのワイン
  • スペイン王室御用達、伝統のワイナリ―がつくるスタンダードワイン。テンプラニーリョを主体とした上品な風味に、濃厚で深い果実味や渋みが楽しめます。
    スペイン王室御用達、伝統のワイナリ―がつくるスタンダードワイン。テンプラニーリョを主体とした上品な風味に、濃厚で深い果実味や渋みが楽しめます。
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事