プレディカーツヴァイン -Prädikatswein


プレディカーツヴァインとは?

プレディカーツヴァイン(Prädikatswein)とは、ドイツワイン法のg.U.に属する品質分類で、ドイツワインの中で最も品質の高い分類を指します。
1つ下のカテゴリであるQ.b.A.よりも果汁糖度が高いぶどうを使用しており、ドイツにおける最高級ワインと位置づけされています。

プレディカーツヴァインを名乗るには、とても厳しい規定をクリアしなくてはなりません。

プレディカーツヴァインの規定

プレディカーツヴァインの主な規定は以下の通りです。

・ヴィティス・ヴィニフェラ種のぶどうで造られたものであること
・13の限定生産地域(bestimmter Anbaugebiete)の中でも、1つのベライヒ(地区)内で収穫したぶどうだけで造られていること
・ぶどうの果汁糖度によって6段階に区別される(※後述)
・最低アルコール度数は果汁糖度によって、7度以上か5.5度以上
・品質検査に合格しており、A.P.Nr(検査番号)をラベルに表記すること
・ぶどうの単一品種を表記する場合は、その品種を85%以上使用していること
・ぶどうを2種類以上使用した場合は、多く使用した方から順に記載すること
・ぶどうを3種類以上使用した場合は、ラベルに品種は表記できない
・いかなる理由でも補糖は認められない。

プレディカーツヴァインの品質区分

ぶどうの果汁糖度による6段階の品質区分は、糖度の低い方から以下の通りです。

【6段階の品質区分】
1,カビネット
2,シュペートレーゼ
3,アウスレーゼ
4,ベーレンアウスレーゼ
5,アイスヴァイン
6,トロッケンベーレンアウスレーゼ

また、プレディカーツヴァインは、販売開始日も規定されています。
6つの区分のうちカビネットだけが、収穫翌年の1月1日から販売出来ますが、シュペートレーゼ以上は収穫翌年の3月1日まで販売することができません。



CAVE THE SELECT