ケーキは食べない?! カバはデザート?! ~スペインのクリスマスとワイン事情~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワイン事情

ケーキは食べない?! カバはデザート?! ~スペインのクリスマスとワイン事情~


日本でもすっかり当たり前になっているイベント、クリスマス。本場ヨーロッパでは、どのように祝われているのでしょうか?
カトリックの国、スペインのクリスマス事情を、ワイン事情と合わせてご紹介します。

クリスマスは誰と過ごす?

そもそもスペインでは、クリスマス=家族と過ごす日です。離れて住んでいる家族も、クリスマスに合わせて帰省します。日本でいう、お盆やお正月感覚ですね。
さらに、クリスマスの習慣や伝統は、スペインの中でも全体で行われているものと、地域によってかなり異なるものとあります。
今回は、人気の観光地バルセロナを擁するカタルーニャ州で行われていることを紹介していきます。

え、クリスマスケーキって何?

9449スペイン人に、「日本人はクリスマスケーキを食べるのが定番なんだよ」というと、びっくりされます。世界的なことかと思いきや、スペインではクリスマスに特別ケーキを食べる、というわけではないそうです。

クリスマスの定番スイーツは、Turrón (アーモンドヌガー)やPolvorón(ホロホロしたアーモンドクッキー)などです。ポルボロンは、アンダルシア発祥ですがスペイン全体に広まっています。

スペイン人としては、クリスマス定番の食事があるのだそうです。どんなものを食べているかというと…

カタルーニャでは、煮込みとパスタ!

9453今回はカタルーニャ州の例だけですが、クリスマスには、
Pasta de galets (貝殻パスタとスープ)、Escudella de Nadal (お肉と野菜の煮込み)、Canelones con carne (カネロニパスタの肉詰め)などが、よく食べられています。

Pasta de galetsを作るためには、まずはスープを仕込みます。伝統的な方法は、豚や羊、鶏肉、野菜、豆をたっぷり長い時間煮込みます。そのスープを貝殻型のパスタに合わせたのがPasta de galets。12月25日の食事で出す、第1の皿です。(スペイン人は、夜よりお昼ご飯をメインとして多く食べるので、クリスマスの食事=お昼です。)

9454そして、スープを取って残った肉や野菜、豆の煮込みがEscudella de Nadal、第2の皿=メインディッシュです。最近では簡単な方法でスープを作る家庭も多いので、その場合は、第2の皿で、チキンの丸焼きなどを食べます。

これらを食べる理由としては、昔から冬にはよく肉を煮込んでスープを作り、体を温めてきていた伝統があるからです。それを、クリスマスは特別なものとして、具材をたっぷり長い時間煮込んで豪華にしています。
   
   

9456もうひとつの定番料理、Canelones con carneは、12月26日に食べられています。
これは、大きめの筒状のパスタにひき肉を詰め、クリーミーなソースで仕上げたものです。昔は、25日に余った食材を活かして作られていたことから、広まったそうです。
  
   
    

9455他の地域では、豚の丸焼き、ヤギのロースト、エスカルゴ、魚介の煮込みなど、様々なものがクリスマスの定番メニューとして食べられています。
また、地域によっては、24日の夜からお祝いを始める習慣もあるそうです。盛りだくさんですね!

全体として共通しているのは、煮込みやスープといった、冬らしい、昔から食べられてきたものの特別バージョン、といったイメージ。

クリスマスの定番な飲み物は?

9452カタルーニャ州で国内全体の9割以上がつくられている、カバ(スパークリングワイン)は、やはりカタルーニャ州ではクリスマスに飲む定番だそうです。とはいえ、家庭によってはまず赤ワインなどから始め、後半やデザートのタイミングでカバ、というパターンもあるのだとか。
 
そう、カタルーニャでは、カバ=スターターではないのです!意外にも、まずはワインから始めてメインディッシュとカバ、食後のデザートとカバ、というほうが一般的だそうです。

ちなみにカタルーニャ人は、カバの中でもブリュット・ナチュレタイプが大好き。加糖されていない、一番辛口のタイプです。他の国では、スパークリングワインは甘みが必要!という考えのところも多いそうですが、食事と合わせつつ、カバそのものも楽しむには、ブリュット・ナチュレタイプが一番だそうです。

実は日本でも、カバで人気が高いのはブリュット・ナチュレタイプ。繊細な和食にも合わせやすいですし、伝統的なお酒は辛口のものが多い日本人の舌にも合うのでしょうか。
そんなカタルーニャの辛口カバを試してみたい方には、こちらがおすすめ!

カバ・マイアンス・ベル ブリュット・ナチュレ

9451ブドウの一番搾り果汁のみを贅沢に使用し、オーガニック栽培、伝統的な製法でつくられたブリュット・ナチュレタイプの辛口カバです。エチケットは、カタルーニャ州の旗をイメージしたポップなデザインですが、泡も味もキリッと爽やか。華やかなりんごの蜜のような香りがきれいで、あらゆるお食事にも合わせやすいです。

マメ知識

ちなみにカタルーニャ語でクリスマスは`Nadal’。
あのテニス選手はクリスマスさんです!
  
   

caveおすすめのワイン
  • 目を引く鮮やかなラベルはカタルーニャの州旗をデザインしたもの。スペインで5代に渡り伝統を守る家族経営のワイナリーがつくるカバ。ブドウ本来の糖度がしっかりとしているために、一切の砂糖を加えていないごく辛口の味わいです。一番搾り果汁のみを贅沢に使用しとても丁寧につくられています。
    目を引く鮮やかなラベルはカタルーニャの州旗をデザインしたもの。スペインで5代に渡り伝統を守る家族経営のワイナリーがつくるカバ。ブドウ本来の糖度がしっかりとしているために、一切の砂糖を加えていないごく辛口の味わいです。一番搾り果汁のみを贅沢に使用しとても丁寧につくられています。
  • 赤ワインの渋さが苦手…という方にオススメ!!渋味を抑えた微発泡タイプの赤ワイン。食前酒としても、食中酒としてもおすすめできるワインです。このワインをつくるのは、1885年から5代に渡って伝統を守る家族経営ワイナリー。かつて絶滅しかかったことのある伝統的な希少品種などを中心に、土地に合う様々な品種を栽培。農薬や除草剤、殺虫剤などを使用せず自然な形でぶどう・ワインづくりに取り組んでいます。

    赤ワインの渋さが苦手…という方にオススメ!!渋味を抑えた微発泡タイプの赤ワイン。食前酒としても、食中酒としてもおすすめできるワインです。このワインをつくるのは、1885年から5代に渡って伝統を守る家族経営ワイナリー。かつて絶滅しかかったことのある伝統的な希少品種などを中心に、土地に合う様々な品種を栽培。農薬や除草剤、殺虫剤などを使用せず自然な形でぶどう・ワインづくりに取り組んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
やすなが あさみ
スペイン・カタルーニャワイン専門インポーターのバイヤー兼営業。 年1~2回渡西。また、常にワイナリー担当者や現地の知人と話し、現地情報を得ています。 バルセロナに留学経験あり。スペインワインも料理も文化も大好き。

関連記事