生ビールとは?


瓶ビールは生ビールじゃない?

日本に流通しているビールの多くは「生ビール」と表記されるものです。
よくドラフトで注がれるものを生ビール。瓶ビールは生ではないという認識も一部広まっておりますが、基本的には誤りです。
今日では瓶ビールでも「生ビール」であることがが一般的です。

生ビールの定義

生ビールかそうでないかの分かれ目は、その製造工程にあります。
一般的に、ビールは醸造工程のアルコール発酵の後で残留した酵母を死滅または除去する必要があります。

この時に熱処理によって酵母を死滅させる方法がとられることもあり、ここで熱処理がされた場合に「生ビール」を名乗ることができなくなってしまいます。

一方で、この時に熱処理ではなく「濾過」によって酵母を取り除く方法が取られたビールを「生ビール」と言います。
つまり、加熱処理の有無だけが生かそうでないかの分かれ目であり、ドラフトであろうと缶や瓶であろうと生ビールは生ビールなのです。

熱処理の考案者はルイ・パストゥール

ちなみに、この熱処理を発明したのが、ワイン醸造学でも有名なルイ・パストゥールで熱処理のことを彼の何ちなみ「パストリゼーション」と呼びます。
なお、意図的に酵母を残存させて製品化したビールも存在しています。



CAVE THE SELECT