ビールの醸造工程


ビールができるまで

ビールは、小麦から作られるヴァイツェンビールを覗いて、一般的に「二条大麦」を原料として作られます。
また、ビールに苦味や香りを与える目的で「ホップ」が加えられます。
ホップには、当初の目的であった殺菌作用に加え、泡持ちを良くしたり苦味や香りを表現してくれます。

以下にビールの大まかな醸造工程を記載しています。
ビールは醸造酒であるため、ワインと同様に製造工程はシンプルです。

1、麦の発芽

まずは、二条大麦を温めて発芽をさせます。発芽をすることで糖化酵素が生まれて糖化ができるようになります。
発芽をした麦芽はを焙燥して生育を止めます。

2、糖化

次に、その麦芽の酵素によってでんぷん質を糖化させます。
必要にとって、米やコーンスターチなど他の原料を混ぜて味わいを調整します。

3、濾過

出来上がった麦のジュースを濾過して清澄します。

4、煮沸

ホップを加えて煮沸をします。ここで風味を整えます。

5、発酵

酵母を加えて、発酵をさせます。

7、仕上げ

熟成、濾過を行なって缶や瓶につめます。



CAVE THE SELECT