ガロンヌ地区のワイン


ガロンヌ地区はボルドーと似ている

ガロンヌ地区は、フランスの南西地方にあるワインの産地です。
フランス屈指のワイン産地「ボルドー地方」のガロンヌ川のさらに上流に広がる産地一帯を指します。

ボルドー地方との距離が理解ため、作られるぶどう品種やワインのスタイルもボルドーに近いものとなっています。
特にボルドーのグラーヴ地区と隣接する「コート・ド・デュラス」「コート・デュ・マルマンデ」ではボルドー地方とほぼ同じ品種が用いられます。

フロントンはネグレット種から

一方で、ボルドーから最も離れた「フロントン」などでは、ボルドーとは栽培されている品種が異なってきており、「ネグレット」といい土着の品種が使われるようになります。