香港最大級のワインイベント”Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

香港最大級のワインイベント”Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)


こんにちは。香港在住ライターの七福ななです。

香港では一年を通して様々なワインイベントが行われています。その中でもこの”Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)”は国内最大級!香港島セントラルハーバー・フロントで行われるので、美しいヴィクトリア・ハーバーのスカイラインと香港島のビル群の景色が一望できます。

今回は、毎年行われているこの“ワイン・アンド・ダイン”についてご紹介していこうと思います。

Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)とは

5687香港で最大級の野外ワインイベント“Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)”は、毎年9月から11月の秋に行われています。2016年度は何と28か国から300店舗以上が参加しました。来客数も4日間で約145.000人に達するほど。

ブースはワイン、ウイスキー、クラフトビール、カクテル、レストラン&ホテルと5つに分かれています。数々のマスターシェフによるワインと食のペアリングや、リーデルグラスのグラスとワインの相性、有名バーテンダーのカクテルショー、ワイン生産者によるトークショウなどたくさんのイベントで目白押し!また、日本から作り手が来て説明してくれる日本酒ブースや、日本食の屋台は大賑わい!

入場料は30HKDでテイスティングには別途チケット購入が必要になります。チケットは場内でいつでも追加購入できるシステムになっているので便利。ワインの質や料金に合わせて各ブースでテイスティングできます。1チケットのみでテイスティングできるものもあれば何枚か必要なワインもあります。プレミアムなワインもテイスティングできるところがまた醍醐味ですね。

いろんな国のワインを飲んでみよう!

5689場内は国ごと別れているのでとても周りやすい!各ブースにはこの日のために自国からやってきた生産者や営業などのワインに精通している方が自社のワインの魅力について説明してくれるので、普段聞けない質問もこの際、聞いてみても楽しいかと思います。

自分の好みの産地や品種のワインをテイスティングするのも良いですし、普段飲んだことのないワインに挑戦してみるのも楽しいかと思います。生産者自身が直接持ってきた香港未輸入のワインなどもありますが、ほとんどがその場で購入できるものなので、この機会にたくさん試して自分好みのワインを見つけてみましょう。

かわいいボトルがたくさん!ジョージアワイン

5688大陸性気候で寒暖の差が激しいジョージアは、ぶどうの発祥の地ともいわれています。また、クヴェヴリと言った壺を使った伝統的な製造法がユネスコ無形文化遺産としても登録されました。赤ワインは土着品種・サペラヴィ種、白ワインは、ムツヴァネ種から作られます。その他、遅摘みのぶどうから作られる甘口の赤ワインなどもあります。

ワイン産地・カヘティ地方のいくつかの醸造所では、昔ながらの造り方を守っていてその製法は、収穫し、除梗、破砕をした後、果皮や種もまるごと床下にある素焼きの壺に流し入れて発酵させます。沈殿したら壺を入れ替えて、さらに熟成させます。並んだボトルはどれもかわいくユニーク!


今回は“Wine and Dine(ワイン・アンド・ダイン)”のご紹介でした。
では、今日はこのあたりで。
Have a wonderful day☆

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

カーヴのサペラヴィ種ワイン

シェルグ・ウルドゥズ 東方童話

149_2

こちらは、ジョージアの隣国グルジア産のワイン。コーカサス地方の土着品種であるサペラヴィとタヴクヴェリをブレンドして造られたワインです。全体的に軽やかな飲み口ながらも、ほど良い酸味と渋味がしっかりワインに骨格をもたらしています。家庭料理全般に相性が良く、家飲み向きとして最適な赤ワインです

☆ご購入はこちらから☆

 

The following two tabs change content below.
七福 なな
香港在住、冒険家のななです。バックパッカーで海外を飛び周り、その国100か国以上。ワインに魅了され世界のワイナリーをめぐるように。香港のワイン事情や以前住んでいたチリの情報、また、いろいろ見てきた光景や体験を発信していきたいと思っております。現在、香港にてWSETなどの海外のワイン資格にもチャレンジしています。

関連記事