シャンパーニュのグラン・クリュの覚え方


グラン・クリュを覚える順序

ソムリエ試験では、しばしばシャンパーニュのグラン・クリュと地区の関係性が問われます。
受験するには必須となる知識ですので、シャンパーニュのグラン・クリュはきちんと覚えておきましょう。

シャンパーニュ地方のグランクリュを覚えるには、まずグラン・クリュの数の少ないヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区の2つを覚え、次にこのコート・デ・ブラン地区の6つを覚えると簡単です。

この2つの地区のグランクリュを抑えておけば、消去法でモンターニュ・ド・ランス地区のグランクリュを特定することができます。

しかも、シャンパーニュのグラン・クリュと地区は、簡単な覚え方がありますので、ここで紹介します。

ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区のグラン・クリュの覚え方

ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区のグラン・クリュは2つしかありませんので、覚えるのは簡単です。
しかも、この2つのグラン・クリュは簡単な覚え方があるのです。

まず1つめは、「トゥール・シュル・マルヌ(Tours-sur-Marne)」です。
これは、地区名にもある「マルヌ(Marne)」が名前に含まれているので簡単です。

次に「アイ(Ay)」というこれはアルファベットが2文字の変わった名前のグラン・クリュです。
ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区にはグラン・クリュが「2」つしかありませんので、それには「2」文字のAyが来ると覚えると簡単です。

コート・デ・ブラン地区のグラン・クリュの覚え方

また、コート・デ・ブラン地区のグランクリュを覚えるのもとても簡単です。
それは、コード・デ・ブラン(Cote de Blancs)の頭にある「C」と「O」が大文字で名前に含まれているという点です。

もう一度コート・デ・ブラン地区のグランクリュを振り返ってみましょう。

シュイイ(Chouilly)
クラマン(Cramant)
ル・メニル・シュル・オジェ(Les Mesnil-sur-Oger)
オジェール(Oger)
オイリ(Oiry)
アヴィズ(Avize) ←例外

以上のように「アヴィズ」以外のグランクリュは「C」か「O」が頭(大文字)に含まれているのです。

都合のいい事に、その他のグランクリュで「C」か「O」から始まるものはありませんので、「C」「O」で始まるグランクリュはコート・デ・ブラン地区と覚えてしまいましょう。

そして、「1つ例外があり、それがアヴィズだ」と覚えれば完了です。

モンターニュ・ド・ランス地区のグラン・クリュの覚え方

最後に残っているのが、モンターニュ・ド・ランス地区の9つのグラン・クリュです。

正直すべての名前を覚えた方がよいのですが、ソムリエ試験は覚える範囲が膨大です。
基本的には冒頭の通り「ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区でもコート・デ・ブラン地区でもないものがモンターニュ・ド・ランス地区のグラン・クリュだ」と消去法で覚える形でよいと思います。

但し、最近ではプルミエ・クリュを選択肢に混ぜて「次のうち、モンターニュ・ド・ランス地区のグラン・クリュはどれか」という設問がでることもあります。

この場合、上記の方法だと判断がつかなくなってしまうため、なんとなく名前だけは聞いたことがあると思えるよう反復して眺めておきましょう。

アンボネー(Aombonnay)
ボーモン・シュル・ヴェスル(Beaumont-sur-Vesle)
ブージー(Bouzy)
ルーボワ(Louvois)
マイイ(Mailly)
ピュイジュー(Puisieulx)
シルリ(Sillery)
ヴェルズネー(Verzenay)
ヴェルジ(Verzy)


caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!

CAVE THE SELECT