コート・デ・ブラン地区のワイン


コート・デ・ブラン地区とは?(Cote des Blancs)

コート・デ・ブラン地区(Cote des Blancs)は、フランス・シャンパーニュ地方の地区で、ランスの南、エペルネの街の南に位置する地区です。
「コート・デ・ブラン(Cote des Blancs)」は日本語で「白い丘」を意味しており、言葉の通り石灰質の土壌でシャルドネだけが植えられています。

グラン・クリュは6つ

6つのグランクリュが位置しており、日照に恵まれた東向きの斜面で育ったシャルドネから高品質なシャンパーニュを生み出します。
6つのグランクリュの中でも、特に「クラマン」「アヴィズ」「オジェール」「ル・メニル・シュル・オジェ」の4つが特に有名です。

グラン・クリュ一覧

アヴィズ(Avize)
シュイイ(Chouilly)
クラマン(Cramant)
ル・メニル・シュル・オジェ(Les Mesnil-sur-Oger)
オジェール(Oger)
オイリ(Oiry)



CAVE THE SELECT