会員登録

ワインランキング

iphoneアプリはコチラ
androidアプリはコチラ
ソムリエ試験完全対策
ソムリエ試験完全対策
iOS Android
Caveがプロデュースしたソムリエ試験対策アプリ

コラム著者を募集中!

人気の記事

photo11_4_4
日本では馴染みのない「シャルキュトリー」とは?ワインと一緒にこだわるフランスでの事情
ロゼワイン
フランスで空前の大ブーム!?ロゼ・パンプルムースって何?
赤ワイン ピザ
ピザにワインは合わない、は本当?
モンドール チーズ
ワインとチーズのマリアージュ:季節限定のチーズ「モン・ドール」を知っていますか?
赤ワイン ボトル
酸化防止剤は悪なのか!?今だから知るべき、酸化防止剤とワインの本当の関係!

最新の記事

IMGP6570
手軽なワインイベントに参加しよう!「ドメーヌヒデ“Tokyo感謝祭”」に潜入取材!
IMGP5834
「シャトー・メルシャン プリムール・テイスティング2017」開催!大橋MWが語る、メルシャンの2016年ヴィンテージとは!?」
sub1
キュウリやパプリカを入れて楽しむシャンパーニュカクテル!?「Veuve Clicquot Rich テラス」
18298388_1870759949850749_8608645806003585024_n
『カーヴ the select』の楽しみ方、こんなワイン通販です
vineyard-1758095_1280
ナパ・ヴァレーという産地

農園レストラン

投稿日著者カテゴリー突撃リポート

秩父で埼玉S級グルメ!ワインが楽しめる釜の上農園村レストラン

Pocket
LINEで送る

     
こんにちは!!北関東在住のライター金子めぐみです。

爽やかな風が気持ち良い5月下旬、秩父ファーマーズファクトリー・兎田ワイナリーから車なら2分、歩いても5、6分のところにある釜の上農園村レストランを取材してきました。

兎田ワイナリーのワインを販売している釜の上農園村レストランでは、埼玉県が認定した「埼玉S級グルメ」メニューを提供しています。

もちろん、兎田ワイナリーのワインと一緒に料理を楽しむこともできますよ

釜の上農園村レストランでS級グルメを

4729埼玉S級グルメとは、地元の素材を活かした美味しいメニューを提供する飲食店に対し、接客やお店の雰囲気までを含めて埼玉県が認定する制度です。

ここ釜の上農園村レストランでは、「秩父豚の農園村焼き」(ライス・スープ・サラダ・ドリンクバー付き)がS級グルメに認定されています。

はじめに提供される、サラダの野菜の新鮮なことに驚きました。その日の朝収穫した野菜はやはり味が違います。スープに使われる野菜もすべて秩父産とのこと。

そして運ばれてきた「秩父豚の農園村焼き」は、熱々の鉄板で提供されます。やわらかくて、脂身のくせや臭みのまったくない美味しい豚肉の下には、季節の野菜がたっぷり!!この日はキャベツ、ピーマン、ねぎ、玉ねぎの他に季節を感じる絹さやとタケノコが程良い焼き目をつけて入っていました。

美味しいたれと、豚肉に良く合う辛みのあるペーストも添えられていて、味を変えて楽しめました。

観光地のランチは量が少ないと感じている男性でも満足できるボリュームですよ。

今回私は、「秩父ルージュ『釜の上』ベリーA プレミアム・キュヴェ 2011」と共にいただきました。豚肉の脂がしつこくなく甘みも感じられ、ワインとぴったりでした。

ワインの試飲可能なレストラン

4730釜の上農園村レストランでは、兎田ワイナリーのワインを試飲することができます。
写真はレストランスタッフの井上浩之さん。ワインの知識も豊富です。

私がうかがったときは、つめたく冷やした白ワインを試飲させていただきました。

「甲斐ブラン」は、甲州種とフランス原産のピノ・ブラン種の後輩で生まれた国内改良品種(ハイブリッド白)は、甲州種に比べ収穫量が少なく栽培の難しい品種と敬遠されていたそうです。

山梨県の農業試験場の研究、秩父市の上原農園さんの研究と努力によって秩父の風土に根付いたのが「秩父ブラン」です。

それらの葡萄をシュール・リー製法でつくった白ワインが「秩父ブラン 甲斐ブラン シュール・リー 2015」です。

シュール・リー製法でつくられる白ワイン

4731シュール・リー製法とは、フランスのロワール地方の伝統的な製造方法です。

通常白ワインは、発酵のあと、酵母菌体などから成る澱を速やかに澱引き作業で取り除きます。これは硫化水素臭などの匂いがワインに付くのを防ぐためです。

「シュール・リー」とは「澱の上」という意味で、この澱引きをせずに半年以上、澱と共に寝かせます。澱の主成分である酵母菌体は自己分解してアミノ酸やペプチドとなりワインに溶け込みうま味や深みをワインに与え、コクのある仕上がりになるそうです。

私がおみやげに買って帰ったのは「秩父ブラン 甲斐ブラン シュール・リー」のハーフボトルでしたが、すっきり、さらりとしていてとても飲みやすく、お刺身などの和食にも合う優しい味でした。

秩父方面へのドライブの際には、是非ここ「釜の上農園村レストラン」で美味しいランチを楽しんでいただければと思います。ワインに興味のある方は是非「兎田ワイナリー」へも足を運んでみてくださいね。
   
     

CAVE THE SELECT

■参考
・兎田ワイナリーのサイトはこちら
   
       
        

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
金子 めぐみ 

金子 めぐみ 

引っ越しの多い人生ですが、北関東に長く住んでいます。 旅行情報誌では日光・塩原温泉を担当するライターをしていました。 食べることと飲むことが好きで栄養士の資格を取得。ワインに合う料理を日々研究しています。

関連記事

突撃リポート

2017/05/29

突撃リポート

2017/05/12

突撃リポート

2017/05/12


突撃リポート

2017/05/08

突撃リポート

2017/05/01

突撃リポート

2017/04/28


カーヴを使ってワインを記録しよう!
PAGETOP
© Cave 2014 All rights reserved.