ピザにワインは合わない、は本当?|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

ピザにワインは合わない、は本当?

    
イタリアで一番人気の食べ物、ピザ。大人でも子供でもピザが大好き。イタリア人と大勢で出かけるときにはピザ、というのが定番です。

そんな国民的な食べ物、ピザを食べるときのアルコールは、ビール。ピザとビールは、これもイタリア人の定番で、習慣なのです。では、本当にピザにはビールが一番で、ワインは合わないのでしょうか?イタリア在住ライターのKOKOがご報告いたします。

いろんな食感、おいしいイタリアのピザ!

4553美味しいものが豊富にあり、食の宝庫ともいえるイタリアで、イタリア人の好きな食べ物の1位を射止めるのは、ダントツでピザでしょう。

特に筆者の住むローマは、生地が薄くクリスピーな食感のローマ風ピザが名物で、直径30cmの大きなピザもぺろりと食べられてしまう軽さも魅力です。一方、これも有名なナポリ風ピザは、ふんわりとしたパンのような生地が特徴です。もちもちしているのに、パリッしているピザで、日本人が1枚、ひとりで食べきるのは難しいほどのボリュームです。

ピザの生地は、小麦粉、塩、水、ビール酵母そしてオリーブオイルのみ、という極めてシンプル。
日本のピザとは違い、トッピングの組み合わせは何十種類もあるのですが、材料の数は2,3種類のみ。イタリアンカラーのトマト、モッツァレラチーズ、バジリコの「マルゲリータ」というピザが一番人気の定番です。

他にはサラミピザなら、サラミ、トマトソースとモッツァレラチーズ。キノコピザなら、キノコとモッツァレラチーズだけ。または、ズッキーニの花と、アンチョビ、そしてモッツァレラチーズ、と言った具合です。材料の数が少ないので、素材の味がきちんと楽しめます。

やっぱり、ピザとビールは定番!

4551おいしいヘルシーフードで、しかもお財布にも優しいので、ピザは気軽な庶民の食べ物です。金曜日の夜はピザと決めている、という声もよく聞くくらい、平均するとピザは週に1回は食べているのでしょう。

筆者もピザは大好きで、今まで一緒にピザを食べた人の数は数えきれないほどですが、みんな迷わずビールを注文します。ピザといえばビール、定番中の定番なのです。

覚えている限りでワインを飲んでいたのは、数年前、ドクターストップでビールを禁止されていた義兄のみ。当時、唯一許可されていたのが、ポリフェノールのある赤ワインだったので、気を使って一緒に赤ワインを飲んでいたのですが、治るやいなや、すぐに全員ビールに逆戻りです。

イタリアソムリエ協会からの提言

4416実際、ピザとワインは合わないのでしょうか?イタリアソムリエ協会のHPを覗いてみると、ピザのトッピング別に相性のいいワインについて、書いてあるページを発見。

まずは、人気の「マルゲリータ」のような、トマトとモッツァレラのトッピングには、軽めの白ワイン。もしくは、スパークリングワインもおすすめです。サラミとかアンチョビとかの味が強いピザには、グレコ・ディ・トゥーフォのよう力強い白ワイン。またはランブルスコも、相性がいいうえに、炭酸が消化を助けるのでおすすめだそうです。

そして実はなんとでも合うのがロゼ、なのです。そして、赤ワインは、タンニンがトマトの酸味との相性が良くないので、トマトなしのハムやソーセージのピザに合わせるように。なるほど!今さらのように納得です。

ピザとビールは、考えることもないほどの定番でしたが、ピザの生地のビール酵母と、ビールの酵母で、おなかがすぐに膨らんでしまうことも事実です。スパークリングワインは、ビールのように発泡もあり、消化しやすいので、ビールよりもいいですね。これから、我が家の新定番になりそうです。
  
【参考】http://fondazionesommelier.weebly.com/pizza-vs-vino.html
         

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

カーヴおすすめのワイン

・マァジ モデッロ・ビアンコ・デッレ・ヴェネツィエ

 
☆ご購入はコチラから☆

毎日の食事と共に楽しめる、爽やかさと程よいコクのバランスがとれたコスパ抜群の白ワイン。「マァジ」という名前は18世紀の終わりに購入した‘Vaio dei Masi’(マァジ峡谷)と呼ばれる小さな渓谷に由来。 以後、6代にわたり畑を所有・拡大を続け、今やヴェネト州を代表するワイナリーとなりました。

 
・その他のイタリアワインはコチラから

 

 

・クネ ロサード

 
☆ご購入はコチラから☆

鮮やかな色合い、程よい酸味のエレガントでフレッシュな味わいのロゼ。スペインの伝統的品種であるテンプラニーリョを100%使用しています。合わせる食事を選ばない辛口のロゼワイン♪

 
・その他のロゼワイン&スパークリングワインはコチラから

 
 

The following two tabs change content below.
KOKO
イタリア料理、ワイン好きが高じてイタリアへ留学し、語学、美術史の勉強の傍ら、イタリア家庭料理の研鑽に励む。 その後、妊娠・出産を通し、食の大切さを再認識し、スローフードライフを実践中。現在は2人の子どもの子育てのかたわら、観光業、翻訳業、そしてイタリアの食文化、ライフスタイルについても情報発信中。ローマ発のワイナリー訪問など、個人のご旅行のお手伝いもいたします。(詳細は「ローマ通信」http://romagranato.blog.jp/ にて)

関連記事