ワインのおつまみに悩んだらパンを!ワインとパンのお気軽ブランチ|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ブランチ

ワインのおつまみに悩んだらパンを!ワインとパンのお気軽ブランチ

       
こんにちは! ワイン好き主婦ライター、古屋晴美です。

春はなんだか心もウキウキ、ピクニックやウォーキングに最適のシーズン!いつものお気に入りのワインで気軽にブランチしたくなりませんか?
そこでワインのおつまみはどうしようと悩んだ時には、パンはいかがでしょう。
チーズだけではものたりない、ブランチだけどワインをゆっくり楽しみたい、そんな時には何といってもパンがおすすめです。

今回はちょっと気分を変えて、近くのとっても美味しいパン屋さんへ、ワインのお供になるパンを探しにドライブしてみました!

パンとワインはキリストの最後の晩餐の食材であった

4227私の住む熱海は坂だらけの温泉街です。ちょっとパンを買いに行こうものなら、温泉の湯けむりをいくつか越え、急こう配の坂道をてくてく歩くと言った感じなのです。というわけで、今回は箱根と熱海の中間、富士山も見える函南のパン屋さんへ車で行く事にしました。

パンとワインでいつも思い出すのが、まだワインを飲み始めたばかりの若かりし頃です。一人暮らしのワンルームアパートでお気に入りのジャズレコードを聴きながら、近くの酒屋で買ったロゼ・ダンジュとパン屋で買ったバゲットをつまむのが好きでした。バゲットというと、まるで一気に自分がフランス人になったような気がしますが、やはりフランスパンという言い方の方が私としてはしっくりきます。そして、そのフランスパンにバターをつけるかつけないかしながら、ロゼを飲んでいるとなぜかいつも高校時代の聖書の時間を思い出すのです。

“イエスはパンをとって「取って食べなさい。これはわたしの体である。」と言い、また杯をとって「この杯から飲みなさい。これはわたしの血、新しい契約の血である。」と言われました。”

これは聖書マタイによる福音書の一節で、イエスが12人の弟子たちとともに、パンとワインを共にするあの最後の晩餐の時のお言葉です。またこの時のパンは醗酵しておらず、平べったいコチコチのパンだったそうです。この時代からいかに食事というものが、貴重な時間であったかを思わずにいられないのですが、それにしても塩味のきいたフランスパンとワインは本当に合います。貴重なイエスのお言葉をついつい忘れてしまうほど、現代はパンが本当に美味しく食べられる時代になったといえるのではないでしょうか

素朴なパンにロゼとスパークリングでお気軽に

4229熱海から車で10分ほどのパン屋さんですが、カフェも併設しておりパンとランチを目当てに遠くからくる人もいて、いつも混んでいます。カフェからは天気によって富士山も見えるところが人気のようです。私の目当ては他のパン屋さんでもなかなかお目にかかれないブリオッシュです。

ブリオッシュは中世からあるフランスの代表的なお菓子のようなパンで、卵とバターの風味がたまらなく、トースト香を感じるスパークリングワインのお供に最高です。特に、バターとはちみつを重ね付けして食べるのが好きです。
具だくさんの総菜パンも悪くはないのですが、ワインと楽しむのであれば、フランスのパン屋さんで見かけるいかにもパンというような、素朴なパンと合わせるのをおすすめします。

例えば、パン・ド・カンパ―ニュはチーズも一緒に楽しめますし、クルミ入りやレーズンの入ったバゲットなどはロゼに合います。甘いスイーツに近いパンは、赤ワインや甘口ロゼを合わせた場合、酸味を強く感じる事となるでしょう。

素朴な味

4228さて、お目当ての函南のパン屋さんで、ロゼとスパークリングに合わせて食べたいパンをいくつか買ってみました。三日月の形をしたパンはチーズがはいっており、この形はクレセントと呼ばれるそうです。手前がブリオッシュとチーズとクランベリーのプチパン、リンゴ入りのパンはどちらのワインにも合いそうです。今回のスパークリングはフランスのブラン・ド・ブランで辛口ですが、素朴なパンに合わせる場合は、あまり気にしなくてもいいような気がしました。

フランス風の生活雑貨のお店がパンのショップに併設されていて、とても素敵です。定員さんがメイド風のスタイルでとってもお洒落でした。店名のMarieはフランス語でお手伝いと言う意味で、雰囲気がとても可愛らしい店内でした。熱海に行く途中にこんなパン屋さんがあったんだ!という穴場的なお店です。ぜひ行かれてみては?

ワインに何かあわせるちょっとつまむものに悩んだら、素朴な味のパンをぜひお試しあれ。イエス様を思い出しても出さなくても?素敵なブランチタイムになりますように!
    
      
       

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

カーヴおすすめのワイン

・ヴァルフォルモッサ カバ  ムッサ ブリュット

209_2

☆ご購入はコチラから☆

カバの代表的産地であるスペイン、カタルーニャ州で1865から続くワイナリーです。酸と甘味のバランスが秀逸で、場面を選ばないスパークリングワイン。

       
    

・マス・デ・ブルース ロゼ・デ・ブルース

196_2

☆ご購入はコチラから☆

小規模ワイナリーですが、フランス国内だけでなく世界的に高い評価を受けている「掘り出し物」!ほろ苦さとハーブの様な香りを持つ、フレッシュで丸みを帯びた口当たりで、余韻もしっかりあるロゼワインです。

      

⇒その他のスパークリングワインはコチラから

      

⇒その他のロゼワインはコチラから

  
    
     

The following two tabs change content below.
古屋 晴美

古屋 晴美

はじめまして!主婦ライターの古屋晴美です。2016年ワインエキスパート取得しました。 生まれは東京、育ちは山梨、現在は静岡県の熱海に住んで5年になります。 学生時代にフランスへ旅行し、フランスに魅了されワインとの出会いがありました。 ワインはまるで人の様です。それぞれの味わいの変化が人の性格の様だと感じています。 どうぞよろしくお願いします。

関連記事