夏バテにはウナギ!ウナギに合うワインとヨーロッパ各国の料理|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワイン事情

夏バテにはウナギ!ウナギに合うワインとヨーロッパ各国の料理

こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

暑い日が続くと、食欲もなくなるし、どうにも元気が出なくなることがありますよね。

そう、夏バテです。

2015年土用の丑の日は2回

3343夏バテに効果がある食べ物と言えば、日本で生まれ育った私にとってはもちろん「ウナギ」。

2015年には「土用の丑の日」が7月24日と8月5日の2回もあるんですよ。

日本では「土用の丑の日」に鰻を食べるという習慣が定着しています。

これはもともと江戸時代、夏に鰻の売り上げが落ちて困っていた鰻屋さんに頼まれて平賀源内が発案したアイデアだそうです。

バレンタインデーのチョコレートみたいなものでしょうか。

でも、鰻には実際にビタミンが豊富に含まれているので、夏バテ解消の効果が期待できるそうですよ。

やっぱりコレ!ウナギの蒲焼&白焼き

3342さてそんなウナギ、日本では蒲焼や白焼きで食べるのが一般的です。

お寿司の具としても使われますが、やっぱりうな重やうな丼のイメージが強いと思います。

個人的に鰻の食べ方としては蒲焼が一番という気がするのですが、世界には蒲焼以外にもさまざまなウナギのレシピがあります。

ワインとの相性がよいものもあるのでいくつかご紹介しましょう。

いちばん有名かも!?ゼリー寄せ:イギリスのウナギ料理

3339いろいろな意味で有名なのが、イギリスの「ウナギのゼリー寄せ」です。

見た目だけでも結構インパクトがあります。

ロンドンに行った時にサッカー選手のベッカム一家御用達というお店に行ってみたのですが、生憎お休みだったため、私は実際に食べたことがありません。

イギリス在住の友人によると、ちょっと生ぐさいけれど、お酢をかければ食べられないこともないそうです。

見た目のインパクトと言えば、燻製のウナギも負けていません。

主に北欧で作られているようで、身をほぐしてサンドイッチの具にしたりするそうです。

真空パックになったものをフランスの空港でも見かけたことがありますが、かなり高級品でした。

スモークサーモンなどと同様、白ワインに合うのではないかと思います。

(Photo:https://flic.kr/p/31bvp8, By Gideon) 

スペインのウナギ料理といえばアヒージョ

3341スペインではウナギの稚魚が食べられています。

アングラスという怪獣みたいな名前で、見た目はイカナゴを細長くしたような感じです。

油で揚げたり、オリーブオイルで煮てアヒージョにして食べたりするそうですが、非常に高級なので、庶民的なバルなどでは人工的に作った代替品が使われています。

私はこの代替品の方を食べたことがあります。

オリーブオイルとニンニクで炒めたものを、薄切りのバゲッドに乗せてカナッペにしたのですが、スペイン産の発泡性ワイン、カヴァとよく合いました。

(Photo:https://flic.kr/p/cL5Ygy , By demi)  

緑で煮こまれたベルギーのウナギ料理

3340ベルギーでは緑のソースで煮込んだウナギを食べたことがあります。

これも、見た目的に一瞬ビックリします。

ハーブやほうれん草で作ったソースにぶつ切りのウナギが入っているのですが、ソースのイメージはグリーンカレーからスパイスを抜いたような感じで、とにかくぶつ切りのウナギの骨が食べにくかったことだけよく覚えています。

これを食べたブリュッセルのレストランによると、ベルギーのウナギ料理は、アルザスのリースリングやロワールのサンセールなど、白ワインとの相性がいいとのことです。

(Photo:https://flic.kr/p/4BKsCk , By UnorthodoxY )

フランスのウナギは“ロワール”生まれ

3338フランスでもウナギを食べるようですが、個人的にはお目にかかったことがありません。

ただ、ウナギ料理に合わせるならロワール産のワインだろう、という話はよく聞きます。

日本人がウナギ好きなのはフランスでも有名なのと、フランス人にとってはロワール河がウナギの一大産地だからでしょう。

また、フランスで人気のSHUSHI(寿司)の中では、ウナギが好きだという人が多いようです。

生ではないので抵抗が少ないのかもしれません。

フランスのスーパーではTERIYAKI(照り焼き)のソースが売っていたりもしますし、甘辛いタレがフランス人の口に合うのだと思います。

簡単、ワインとのマリアージュ

3345フランスのワインと料理のマリアージュを調べるサイトによると、ウナギのMAKI(巻き寿司)に合うのは、アンジュー(ロワール)やフルリー(ボジョレー)など軽めの赤、アルザスの白、ブルゴーニュのロゼなどだそうです。

よろしければ参考にしてみてください。

暑い夏を鰻パワーと美味しいワインで元気に乗り切りましょう!

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)

◆参考サイト
ワインと料理のマリアージュを調べるサイト(仏語)
http://www.platsnetvins.com/
    

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

カーヴおすすめのワイン

今年の土用の丑の日には、こんなワインを合わせてみては?
    
・E・ギガル コート・デュ・ローヌ・ルージュ

☆ご購入はコチラから☆
    
山椒を効かせた蒲焼きがお好きな方に。南仏の「シラー種のスペシャリスト」が手掛ける、リーズナブルかつコスパの高い赤ワイン。このワインはギガルの中で最もお手頃クラスのワインですが、1年半もの間、大樽で熟成させるなど手間と時間をかけて作られています。
    
     
・ウィリアム・フェーヴル・チリ エスピノ ピノ・ノワール

☆ご購入はコチラから☆
    
フランスを代表する白ワイン「シャブリ」の名門ワイナリーが手掛けるチリ産の赤ワイン。美しいルビーレッドの色合いで、チェリーやイチゴの典型的な香りとかすかなミネラルのニュアンスが感じられます。少しスパイスの風味も感じられるエレガントで洗練されたワインです。
    
     
・その他の赤ワインはコチラから
    
      
・デラ・ソウル

☆ご購入はコチラから☆
     
白焼きには白ワインで♪日本ワインとの相性はどうでしょう?デラウェアと聞くと、果物として食べた際の甘さを思い浮かべますが、こちらは辛口の白ワインに仕上がっています。『デラウェアの持っている個性を表現しても、美味しい辛口のスティルワインが造れるはず』とヒトミワイナリーが『デラウェア』への思いを詰め込んだ1本です。

・その他の白ワインはコチラから⇒
   
     

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事