ジゴンダス -Gigondas


ジゴンダスのワイン

ジゴンダスは、コート・デュ・ローヌ南部でも最も高名なA.O.C.の1つで、日本でも多く流通しています。
地理的には、ローヌ南部の東側に位置しており、石灰岩でできた山である「ダンテル・デ・モンミライユ」から裾野にかけてブドウ畑が広がります。

ジゴンダスのブドウ

ぶどうは、グルナッシュが主要品種とされており50%以上を占めている必要があります。
補助品種としてシラー、ムールヴェドルが定められており、それぞれ15%以上を含む必要があり、この3つの品種で90%以上を占めることが定められています。

赤ワインとロゼワインだけが認められたA.O.C.

また、ローヌ南部としては唯一の赤ワインとロゼワインだけが認められたA.O.C.です。
ジゴンダスで生まれるワインはアサンブラージュによって個性が生まれるため、バランス感覚に優れた凝縮感のあるワインとなります。



CAVE THE SELECT