ブルゴーニュの初夏便り-6月のブドウ畑とブドウの花|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ブドウ畑

ブルゴーニュの初夏便り-6月のブドウ畑とブドウの花

     
こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

6月と言えば、日本では梅雨の季節。

洗濯物が乾かなくて困ってしまう時期です。

ワインの本場ブルゴーニュの6月は、ブドウの花が咲く季節です。

と言っても、ブドウの花を見たことがある人はあまり多くありません。

幻!?ブドウの花-ブルゴーニュっ子も見たことがない花

ブドウの花というのは、ものすごく小さくて地味な上に、開花期間が短く、気がついた時にはすでに咲き終わっているからです。

私も15年以上日本とフランスを行き来していますが、これまでブドウの花を見たことがありませんでした。

今年はぜひとも写真を撮ろうと、いろんな人に話を聞いたりして準備してきましたが、驚いたのはブルゴーニュに長年住んでいる人でも「ブドウの花を見たことがない」という人がほどんどだったことです。

あまりにも誰も見たことがないので「ブドウの花って幻なのか?」と思ったくらいです。

ちなみに、匂いに敏感な人だと「花は見たことないけれど、ブドウ畑の近くを通ると咲いているのはわかる」そうですよ。

ツボミ-小さいブドウの赤ちゃん

3201さてそんなブドウの花、まずは5月中旬に撮ったつぼみ状態の写真からお見せしましょう。

もうすでにブドウっぽい緑の粒々ができています。

つまり、ブドウの花というのは、咲く前にすでにブドウの形になっているということですね。

なお、5月中旬の時点での全体の様子はこんな感じです。

冬に比べるとだいぶ葉っぱが出てきてツルも伸びています。

春夏は成長期

3203この3週間後にはもう「わしゃわしゃ」です。

葉っぱがどんどん大きくなっています。

これからさらにワイヤーが見えなくなるくらいまでぐんぐん育ちます。

冬の間は何ヶ月も同じような風景が続きますが、春から夏にかけては、見るたびに成長しているので、観察するのも楽しいです。

コレがブドウの花だ!

3204さて、いよいよブドウの花の写真です。

が、この日は天気が良すぎて影ができてしまっています。

緑の粒からにょきっと触角のように伸びている白いのが一応「ブドウの花」なんですが、ちょっと見えにくいので、直射日光の射さない夕方頃にもう一度リベンジ。

その写真がこちら。

白い触覚?-本当に小さい花

3205昼間の写真よりは花が見えやすいと思うのですがいかがでしょうか。

「ブドウの花」は本当に小さくて目立たないです。

ブドウ畑の間をいくら車で通っても、全く気がつきません。

わざわざブドウ畑の中に入って、花を探さないと見つからないので、ブルゴーニュ生まれ、ブルゴーニュ育ちでも「見たことがない」という人がほとんどなのにも納得しました。

100日後-収穫の目安

3206しかも、ブドウの花は、一斉に全部が咲くわけではないようです。

写真のように、上の花はほとんど満開なのに、下の方はまだツボミというのもいくつか見かけました。

ブルゴーニュではブドウの収穫(ヴォンドンジュ)は花が咲いてから約100日後と言われているそうです。

間引き前の様子

3207こちらのブドウはたくさん花が咲いています。

ただ、ブルゴーニュのブドウの畑では、ブドウの品質を高めるために一つの樹になるブドウの数を厳選するので、この樹のようにたくさん花を咲かせていても、最終的にブドウに育つのは数房だけです。

いわゆる「間引き」の作業についてはまたいずれお話したいと思います。

ブドウの花と紫陽花のヒミツ

3208最後に紫陽花の画像です。

なぜいきなり紫陽花なのかと不思議に思うかもしれません。

実は、約10日前後しか咲いていないという貴重なブドウな花の写真を確実に撮るために、友人たちに「ブドウの花っていつ頃咲くの?」と質問しまくっていたら、その中の一人が「紫陽花が咲き始めたら畑に見に行ってみたらいい」と教えてくれたのです。

ブドウの花が咲くのは大体6月中旬頃と聞いていたので、そのくらいに確認しに行く予定だったのですが、6月上旬にしてすでに我が家の近所では紫陽花が咲き始めたんですね。

ひょっとして、と思って一応ブドウ畑に行ってみると、すでに花が咲いているではありませんか。

紫陽花でブルゴーニュ畑を想おう!

3209日本で普通に暮らしているとブドウの花を見る機会はなかなかないと思います。

でも、紫陽花なら都市部でも見かけることがありますよね。

日本とフランスでは多少時期が違うかもしれませんが、紫陽花が咲いているのを見つけたら、ブルゴーニュではブドウの花が咲いている頃かな、と想像してみてください。

遥か遠いブルゴーニュの地にあるブドウの畑がちょっと身近に感じられる、かもしれませんよ。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
   
    
      

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

カーヴがオススメするブルゴーニュワインはこちら

・ルー・デュモン ブルゴーニュ・ルージュ
214_2
   
☆購入ページはコチラから☆
    
    
ジュヴレ・シャンベルタンに本拠を構え「日本人」醸造家が作るブルゴーニュワイン。
職人的なこだわりで、あのブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ翁」にも認められた完成度の高い味わいの赤ワインです。
    
     
・グザヴィエ・モノ ブルゴーニュ シャルドネ
226_2
     
☆購入ページはコチラから☆
   
    
銘醸地ムルソーで1723年から続くドメーヌを引き継いだグザヴィエ・モノ。
ムルソーの片鱗を感じさせる凝縮した果実味とピュアなミネラル感が五感を刺激する、魅惑の白ワインです。
   
     
・他にもあります!!カーヴおすすめのブルゴーニュワイン
☆一覧ページはコチラから☆
  
     

       

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事