フランス2人旅、“ホテルdeワイン飲み” ~スーパーLEADER PRICE編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

フランス2人旅、“ホテルdeワイン飲み” ~スーパーLEADER PRICE編~

      
こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

ワイン産地を旅行するなら、ワイングラスとワインオープナーを持参することをオススメします。

日本に持ち帰ることができるワインの本数は限られているし、レストランでワインを飲むとどうしても値段が高くなってしまうからです。

旅の醍醐味!フランス各地元産ワインを楽しむ

2968立ち寄った町のワインショップやカーブ・コーペラティヴ(ワイン醸造販売協同組合)などで地元の人が飲んでいるようなワインを買って、ホテルの部屋で飲むという旅のスタイルは、ワインの楽しみ方の幅を広げてくれるはずです。

グラスとワインオープナーの他に、ナイフ、フォーク、スプーン、あと紙皿があれば簡単な食事を取ることもできます。

ロワール地方の軽やか赤ワイン-カベルネ・フラン

3198今回は、ロワール地方の赤ワインを飲むと仮定してメニューを組んでみました。

ロワール地方のワインと言うと白ワインやロゼワインの方が有名ですが、実は赤ワインにもなかなか面白いものがあります。

フランス国内で手に入りやすく知名度が高いロワールの赤ワインなら、シノンやブルグイユが一押しです。

トゥレーヌ地区のワインで、使われているブドウの品種はカベルネ・フラン。

フルーティーで口当たりが柔らかく、ブルゴーニュやボルドーのワインに比べると「軽やか」な印象があります。

クセが少なく飲みやすいので、夏のバーベキューや立食パーティーにもピッタリのワインです。

フランス庶民派スーパ“リーダー・プライス”

3196今回はおつまみの調達先として、リーダー・プライスというスーパーに行ってきました。

どちらかと言うと庶民的なスーパーで、旅行者向けというより地元の人御用達という感じです。

このスーパーでロワール地方のさっぱり系赤ワインに合う食材として選んだのが「スモークチキン POULET FUME(プレ・フュメ)」。

スモークチキンは冷たくても美味しくいただけるので、ピクニックのおかずやサンドイッチの具としても人気があります。

今回は余ったら翌日のランチ用にサンドイッチにするつもりで丸々一羽のスモークチキンを買いましたが、胸肉の部分だけ、もしくはモモの部分だけのスモークチキンもあります(ただしちょっと割高です)。

瓶詰め野菜-旅行中の野菜不足の味方!

3197スモークチキンを中心に、トマトとインゲンの瓶詰め、ポテトチップス。

今回は大きいトマトですが、手軽につまめるミニトマトは旅行中の野菜不足解消の強い味方です。

インゲンの瓶詰めはすでに茹でてあるため、そのままサラダとして食べられるので便利です。

そして、ポテトチップス。

日本人の感覚だとポテトチップスは「おやつ」というイメージですが、フランス人にとってポテトチップスは「フライドポテトの代用品」。

なのでバーベキューの時の付け合せとして出てきたり、食事の一品として食べたりします。

ワインと好相性-山羊のチーズ“ロカマドール”

3192ロカマドールという山羊ミルクのチーズはワインとの相性もよく、サイズも大人二人で食べきれるので旅行中に買ってみるのにオススメです。

そしてデザートには苺。
ビタミンも補給しましょう。

フランスではこんなマヨネーズも!

3194忘れてはならないのがチューブ入りのマヨネーズ。

マヨネーズと赤ワインは合わないと言われることもありますが、フランス人的にロースト・ビーフやロースト・チキン、ロースト・ポークなど焼いたお肉を冷たい状態で食べる時にはマヨネーズが不可欠らしいです。

濃い味付けのフランス-食事の調整方法

3193ただワインだけをホテルで飲むのは何となく味気ないですが、ちょっとしたおつまみや軽食があれば話は別。

もちろんホテルの部屋なので簡単に食べられるものに限定されますが、スーパーをじっくり見て回ると、ワインに合いそうなものが結構いろいろ見つかります。

レストランでバターや生クリームをたっぷり使ったフランス料理ばかりを食べていると、どうしても胃がもたれてくるので、たまにはスーパーで調理の必要がない野菜や果物を調達してみてはいかがでしょうか。

ホテル泊の旅行中でもヘルシーにワインを楽しむことができますよ。

今回ご紹介したロワール地方の赤ワインとスモークチキンの組み合わせはフランス人にも好評なので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
      
     
       

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事