見つからない!? フランスのベーコン事情とワインの簡単おつまみレシピ|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

見つからない!? フランスのベーコン事情とワインの簡単おつまみレシピ

    
こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

ワインを家で飲む時に、どんな料理を作ればいいのか、どんなおつまみを用意したらいいのか、いろいろ迷うことも多いと思います。

特に普段からあまり料理をし慣れていないと、メニューを考えるだけで頭が痛くなってしまうかもしれません。

とりあえずワインも料理も初心者だという人にアドバイスを求められた場合には「何かベーコンを使って作ってみて」と答えることにしています。
    

ワインをより楽しめる食材“ベーコン”

3068ベーコンというのは本当に素晴らしい食材で、簡単に調理できるだけでなく、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン、なんでも合うんですよ。 

フライパンで焼いても、お鍋で煮ても、オーブンで調理しても美味しいし、レパートリーも無限大にあります。

ベーコンを上手に使いこなせるようになれば、料理上手になったような気がするし、ワインをよりいっそう楽しむことができますよ。

欲しい形が見つからない…

3065さて、そんな万能食材であるベーコン。

日本でベーコンと言えば、薄切りになっている細長いタイプを思い浮かべるのではないでしょうか。

ところが、フランスで日本にあるようなベーコンを見つけるのは決して簡単ではなく、紆余曲折、いろいろ大変だったんですよ。

フランスでの一般的な“ベーコン”

3063一般的にフランス人がベーコン(Bacon)という言葉から連想するのは、丸い生ハムみたいなものです。

脂身がほとんどないのであっさりしているのですが、日本のベーコンをイメージしていると「コレじゃない!」と言いたくなります。

もっと脂身を!“ラルドン”

3064そこでもっと脂身の付いている豚のバラの部分を探すと、次に候補に挙がるのはフランスで「ラルドンLardons」と呼ばれるものです。

これは、豚ばら肉を角切りにしたようなもので、ただ塩漬けにしてあるもの(Nature)と塩漬けにしたものをさらに燻製にしたもの(Fumes)があります。

このラルドンというのがフランスでは一番ポピュラーで、キッシュ・ロレーヌに使うのもこれだし、パスタのカルボナーラもこれを使って作ります(ラルドンより細めのアルメットというのを使う人もいます)。

ラルドンは、これが冷蔵庫にないフランス人はいないのではないかというくらいの普及率で、家庭料理だけでなくレストランでもよく使われています。

私はこの燻製にしてある方のラルドンを角切りベーコンのような感じで使っているのですが、これだとカリカリに焼くことができないので、やはり薄切りのベーコンが食べたくなるわけです。

念願の”日本タイプ”ベーコンを発見!!

3066そこで、スーパーのシャッキュトリー(豚肉加工食品)のコーナーを隅から隅まで探してやっと見つけたのが、ポワトリン・フュメ・フィンヌ・トランシュ(Poitrine fume, fines tranches)というもの。

これが最も日本のベーコンに近いと思います。

丸い脂身のないベーコンから、日本のベーコンに限りなく近いポワトリン・フュメにたどり着くまで、実は1年位かかってしまいました。

フランスに来た当初、ベーコンを探してさまよっていたら、日本人の留学生から「フランスにベーコンはないよ」と教えられたので、ずっと角切りベーコンのラルドンで我慢していたからです。

ポワトリン・フュメの簡単アレンジ

3067ところが、ある時フランス人の友だちにアペリティフに呼ばれた時に、おつまみとしてプルーンのベーコン巻きが出てきて「あるじゃん、薄切りベーコン!」ということで再び探し始めたわけです。

ベーコン巻きは、アスパラや貝柱などを食べたことがありましたが、ドライプルーンのベーコン巻きというのは初めてだったので、結構衝撃的でした。

種を抜いたドライプルーンをベーコンで巻いて、爪楊枝で刺してオーブンで焼くだけなので非常に簡単に作れます。

甘塩っぱい味が好きならハマると思いますよ。

熱々でなきゃダメという人もいれば、冷めてからの方が美味しいという人もいたので、そのへんはお好みでどうぞ。

種付きのドライプルーンを使う場合は、赤ワインに一晩漬けておくと柔らかくなって種を除きやすくなりますよ。

ベーコンを使ったお惣菜やお料理は、味が濃い目のものが多いからか、ワインが進むので、また機会があれば別のレシピも紹介させていただきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)  
    
(Photo: https://flic.kr/p/7SJP6E, By Helen T)  
    
      
       

caveおすすめのワイン
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事