キャンペーン
会員登録

フランスワインの歴史

フランスは世界最高のワイン産地

ワインを語る上では、絶対に外すことのできない国。それがフランスです。
フランスは、疑う余地もなく世界で最も高品質なワインを生み出している国であり、フランスを知らずしてワインを知ることはできません。
ここでは、きちんとワインとフランスの関係を理解してみましょう。

ワインはフランスで生まれたのではない

ワイン=フランスというほどのイメージはありますが、ワインはフランスで生まれたお酒ではありません。
ワインの元となるぶどうは、人類が栽培を始めた最も古い植物のひとつですが、その歴史はメソポタミアから始まります。

メソポタミアで培われたワイン醸造法は、その後エジプト人、フェニキア人に伝わりギリシャ人、ローマ人と伝わって1世紀に現在のマルセイユに伝わったことがフランスワインの起源です。

1世紀にマルセイユという、いわゆるローヌ川流域に伝わったワイン造りは、その後時間をかけてフランス全土に広がっていきます。
2世紀にはボルドーとブルゴーニュに伝わり、3世紀にはロワールに。4世紀にシャンパーニュに伝わることで、現在のワイン産地全てに伝わりました。

フランスの南部から1世紀ごとに徐々に北上してきた、という流れを理解しておくことがとても重要です。

宗教や政治、産業を背景に発展

その後、フランス国内ではキリスト教の背景でミサ用のワインの需要が急速に高まり、発展を続けることになります。
また、その後フランス国内にとどまっていたワインが、ドイツ、イギリス、北欧への輸出が始まり、ガラス瓶とコルクの利用法の発見によっていっそう加速します。

18世紀には現在の名産地でもあるボルドー、ブルゴーニュで豪商や協会によって品質を重視したワイン造りが急速に発展します。

その後、1789年のフランス革命によってワイン産業も大打撃を受けますが、革命後は産業革命によって史上最大の発展を遂げることになります。
産業革命全盛期の19世紀半ばには現在の2倍のぶどう畑があったと言われています。

病害によって壊滅状態に

しかし、盛者必衰の言葉のままに、19世紀に立て続けにフランスワインは壊滅的な事件に連続して直面します。
それらは「ぶどうの3大病禍」と呼ばれ、1855年のウドンコ病による被害。1863年から19世紀後半まで続いたフィロキセラによる被害。1878年のベト病による被害です。

この中でも、ウドンコ病は硫黄、ベト病にはボルドー液が効くことがわかり短期での解決ができましたが、フィロキセラによる被害は長期化的に解決策を見つけられないままになってしまいます。

結果的に、アメリカ産の台木を接木することで解決をしますが、解決したのが19成功後半と数十年も歳月をかけてしまったことにより、フランスのワイン産業は大きく停滞してしまいます。

病害を克服するも、世界恐慌に直面。

フィロキセラの問題を克服してからフランスのワイン産業は大きく発展しますが、また次の課題に直面します。
それは、第一次世界大戦と世界恐慌による世界規模の不景気です。

この不景気の結果、ワインが過剰生産状態になってしまい、劣悪ワインや偽物ワインが市場に出回ることになります。
これを受けてフランス政府は偽物ワイン規制、品質維持、市場安定を目的としてAOC法と呼ばれる原産地統制名称法を制定しました。

このように「フランス革命」「3大病禍」「不景気」の3つの困難を乗り越えて、今日のワインがあるのです。

カーヴを使ってワインを記録しよう!
PAGETOP
© Cave 2014 All rights reserved.