会員登録

ワインランキング

iphoneアプリはコチラ
androidアプリはコチラ
ソムリエ試験完全対策
ソムリエ試験完全対策
iOS Android
Caveがプロデュースしたソムリエ試験対策アプリ

コラム著者を募集中!

人気の記事

日本では馴染みのない「シャルキュトリー」とは?ワインと一緒にこだわるフランスでの事情
赤ワイン ボトル
酸化防止剤は悪なのか!?今だから知るべき、酸化防止剤とワインの本当の関係!
赤ワイン ピザ
ピザにワインは合わない、は本当?
ロゼワイン
フランスで空前の大ブーム!?ロゼ・パンプルムースって何?
モンドール チーズ
ワインとチーズのマリアージュ:季節限定のチーズ「モン・ドール」を知っていますか?

最新の記事

【後編】ワインファンに絶対飲んでほしい!国産りんご100%にこだわった『ニッカ シードル・ロゼ』をご紹介!
【前編】ワインファンに絶対飲んでほしい!国産りんご100%にこだわった『ニッカ シードル・ロゼ』をご紹介!
ワインの飲み手を科学する!?ワインを飲んだら脳が活性化される“あの話題”を考察!
人気ワインサイト「ワインすき!」にAIが登場!?対話型サービスオフィシャルアシスタ ント「みのりさん」がデビュー!
ワインテイスティングに影響大!?特異的無嗅覚症について知っておこう

ヴージョ村_市役所

投稿日著者カテゴリー突撃リポート

現地リポート編-サン・ヴァンソン トゥルナント2015(後編)

Pocket
LINEで送る

    
こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

前回に引き続き、ヴージョ村とその隣のジイィ・レ・シトー村で行われたサン・ヴァンソンのワイン祭りの話です。

前回はサン・ヴァンソンの説明や歴史的な面をちらっとご紹介させていただきました。

今回やっとサン・ヴァンソン2015、ヴージョ村のリポートです。

ヴージョ村へ到着!

27081月24日、25日の週末に開催された2015年のサン・ヴァンソンのワイン祭りですが、土曜日は雪が降り道路の状態が不安だったので行くのを断念しました。

コート・シャロネーズの我が家からヴージョ村へは高速に乗れば1時間もかからないのですが、高速に乗るまでの田舎道が雪だとちょっと危険なのです。

そして土曜の夜、雪にもめげず行ってきた友人から連絡があり、ものすごい人でテイスティングどころじゃないから、写真を撮りたいなら午前中早めに行く方がいいよ、とアドバイスをもらいました。

そこでテイスティングは諦めて、写真を撮りに試飲所がオープンする前にヴージョ村を訪れることにしたのです。

2015年1月25日の日曜日、試飲が始める10時半の1時間前、9時半にはヴージョ村に到着しましたが、道路の両端1キロくらいすでにずらっと車が並んでいました。

ちょっと見えにくいですが、写真の奥がヴージョ村で、車では通れないようになっています。
  

ヴージョ村の入り口

2709まだ電灯が点いたままです。

ヨーロッパの冬の朝は、明るくなるのが本当に遅いんです。
    

「修道士たちのたどった道」

2710今回のワイン祭りのテーマが「修道士たちのたどった道」ということで、マネキンが修道士の格好をしています
    

ヴージョ村のメインロード

2711まだ試飲が始める前なので、閑散としていますが、この道は午後から、すれ違えないほどたくさんの人であふれていたそうです。 
   

祭りのチケット販売所

2714村の中にいくつかある、グラスとチケットの販売所

こんなところにも!

2716ヴージョ村の市役所とその前にディスプレイされたマネキンさん達。

遠くから見ると、本物かと思っちゃいました。
    

橋から見えるブドウ畑

2719橋の上からもブドウ畑が近くに見えます。

橋の側にも

2718橋の側にあるテーブルにもマネキンの修道士さんたちが。

全部で何体のマネキンが村に置かれたのか不思議になるくらい、本当にあちこちにいらっしゃいました。
    

修道院で作られる珍しいチーズ

2720こちらの修道士さんは、チーズを作っています。

シトー派修道院で作られているアベイ・ド・シトーという名前のチーズです。

生産量が限られているので必然的に値段も高くなってしまうのですが、ブルゴーニュの名産品の一つです。

教会や修道院などの歴史的建造物だけでなく、修道士たちはワインやチーズの開発や研究にも大きく貢献しました。

今回のサン・ヴァンソンのテーマが修道士であるというのは、原点回帰の意味もあるのかもしれません。
    

ワイン祭りの今昔

2712今回は結局、村の中の散策だけで、試飲はせずに帰って来ました。

テイスティングを諦めたのは、寒すぎるのと、人が多すぎるのとで、ゆっくり落ち着いて試飲できないということもありますが、チケット制でしかも飲めるワインが決まっているという話を聞いたからです。

入場料代わりにワイングラスを買って、あとは飲み放題というのが昔ながらのワイン祭りのスタイルでした。

最近では、飲みすぎる人や車で来ている人に配慮しているのか、チケット1枚でグラス1杯テイスティングというところが増えています。

グラス1杯と言っても試飲用なので20mlから40mlくらいの量で、グラスとチケットの値段によっては「お気に入りのボトルを1本買う方がいいかも」と思ってしまうこともあります。
    

2015年試飲ワインは?

2717今回のサン・ヴァンソンでは、チケット7枚+ワイングラスで15ユーロでした。

試飲できる7種類のワインの内訳は、アリゴテ2013、コトー・ブルギニヨン2013、ブルゴーニュ・ブロン2012、ブルゴーニュ・ルージュ2013、2012、2011、そしてクロ・ヴージョ2013もしくはエシェゾー2013だったそうです。

クロ・ヴージョとエシェゾーのどちらかを選ばなければいけないという所が微妙ですよね。

ワインの質も50のドメーヌから寄せ集めた特別なキュヴェということで、通常のクロ・ヴージョやエシェゾーとはちょっと違うと感じた人が多かったようです。

サン・ヴァンソンのような規模の大きなお祭りは、ワインを真剣にテイスティングするというより、雰囲気や村の装飾を楽しむという方に重点を置く方がいいのかもしれないな、と思いました。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
     

CAVE THE SELECT

【参考サイト】※日本語以外のサイトです
サン・ヴァンソン トゥルナント2015公式サイト
   
   
     
   
   
   

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事

突撃リポート

2017/10/06

突撃リポート

2017/10/06

突撃リポート

2017/10/06


突撃リポート

2017/10/06

突撃リポート

2017/10/04

突撃リポート

2017/10/04


カーヴを使ってワインを記録しよう!
PAGETOP
© Cave 2014 All rights reserved.