会員登録

ワインランキング

iphoneアプリはコチラ
androidアプリはコチラ
ソムリエ試験完全対策
ソムリエ試験完全対策
iOS Android
Caveがプロデュースしたソムリエ試験対策アプリ

コラム著者を募集中!

人気の記事

日本では馴染みのない「シャルキュトリー」とは?ワインと一緒にこだわるフランスでの事情
赤ワイン ボトル
酸化防止剤は悪なのか!?今だから知るべき、酸化防止剤とワインの本当の関係!
赤ワイン ピザ
ピザにワインは合わない、は本当?
ロゼワイン
フランスで空前の大ブーム!?ロゼ・パンプルムースって何?
モンドール チーズ
ワインとチーズのマリアージュ:季節限定のチーズ「モン・ドール」を知っていますか?

最新の記事

番外篇!湯河原の名店「なだや」の丸塚良磨さんから見たワインとは?
知る人ぞ知る湯河原の名店「なだや」!酒屋から見たワインについて突撃インタビュー!
迷ったらココ!使える女子ワイン会リスト ~飲食店編Vol.001「都電テーブル」~
【速報】ワインファン歓喜!長野県に「シャトー・メルシャン」がワイナリーを新設!
もう一度立ち止まって考えよう「ミネラリティ問題」!『ワインの秘密』の著者 清水健一さんに聞く!

ケーク・サレ

投稿日著者カテゴリーブランチ

フランスのお惣菜の定番”塩味のケーキ”ー「しゅわしゅわブランチ」のススメ2

Pocket
LINEで送る

こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

ちょっと特別な感じを味わいたい日には、発泡性ワイン付きのブランチがぴったり。

キッシュやサンドイッチ、お惣菜をデパ地下などで買ってくるのも手軽でいいですが、とことん自分好みのブランチを楽しむなら、できるだけ手作りにこだわりたいものです。

キッシュやケーク・サレ、作り置きサラダなど、フランスの定番家庭料理というのは、何となくオシャレなイメージがあるので難しそうに見えますが、実は非常にシンプルなレシピのものが多いのです。

キッシュやケーク・サレは、食事にもおつまみにもなるので覚えておいて損はありません。

今回は、私がフランスに住むようになってから作り続けているケーク・サレのレシピをご紹介したいと思います。

塩味のケーキ:便利なケーク・サレって?

2696直訳すれば「塩味のケーキ」という意味の「ケーク・サレ」は、パウンドケーキのような見た目でチーズや野菜、ハムなどが入っています。日本で言うお惣菜パンのような感じです。

スーパーでもすでに焼きあがったものが売っていますが、家で作るという人がほとんどだと思います。

サラダと一緒にお皿に盛り付けてランチとして食べることもあれば、小さく切り分けたものをアペリティフ(食前酒)のおつまみとして食べることもあります。

大勢が集まるバーベキューやピクニックなど、持ち寄りパーティーの時には、必ず持ってくる人がいる定番のメニューです。

基本の生地に加える材料は何でもOKなので、わざわざ材料を買い揃えて作るのではなく、冷蔵庫に余っている材料で適当に作ることがほとんどです。

例えば、おつまみで出したオリーブが余っているから、刻んでケーク・サレに入れちゃえ、とか、ベーコンが中途半端に残っているから冷凍のほうれん草と炒めてケーク・サレにしちゃえ、とか、ブルーチーズの賞味期限が近いから胡桃と一緒にケーク・サレに混ぜて焼いちゃえ、とか。

ケーク・サレって本当に残り物を片付けるのにピッタリのメニューなんです。

簡単!ケーク・サレの作り方

2692ケーク・サレを作るのに必要な道具は、ボールと泡だて器、計量カップ、計量スプーン、ゴムベラ、パウンドケーキの型とオーブンです。

型にはあらかじめクッキングシートを敷いておきます。私は18cmのパウンドケーキ型や18cmの丸型を使うことが多いですが、マフィンの型に入れて焼いてもカワイイと思います。

オーブンがない場合はフライパンで焼くレシピなどもあるようですが、フライパンで焼くと、ホットケーキかお好み焼きのようになってしまうので、個人的にはオーブンの使用をオススメします。

基本の生地の材料は、

・卵2つ ・牛乳か豆乳大さじ4 ・オリーブオイル大さじ3、
・塩小さじ半分、・薄力粉1カップ、・ベーキングパウダー小さじ1

作り方は、ボールに入れて順番に混ぜていくだけ。

粉以外は泡だて器でガンガン混ぜて、粉を加えたらゴムベラでさっくり混ぜるのがコツです。チーズや野菜などは、粉を加える前に混ぜます。

後は、型に入れて180度に予熱しておいてたオーブンで30分焼きます。

オーブンによってクセがあるので、焼き時間は調整してください。

串を刺してみて生焼けの生地が付いてこなければ出来上がりです。

具は何を入れる?

2693ケーク・サレのアレンジは無限大なので、自由にいろいろな具を加えることができます。

フランスのレシピで一番シンプルなものは、オリーブのケークサレで、これにはグリーンオリーブと角切りのハム、グルイエールチーズが入っています。

カラフルにしたい時に便利なのは、パプリカやドライトマトです。

基本的にケーク・サレには一度火を通してある具を入れるので、あらかじめ炒めた野菜を小分けにして冷凍しておくと、気が向いた時に簡単にケーク・サレを作ることが出来ます。

我が家では、ケーク・サレ用に夏の間はズッキーニ、冬場は長ネギを炒めたものを冷凍庫に常備しています。

日本語のレシピを検索すると、ホットケーキミックスを使ったものが結構ありますが、子供のおやつとしてではなく、お酒と一緒に楽しむならあまり甘すぎない方がいいかもしれません。

ホットケーキミックスを使わなくても簡単に作れるので、ぜひ一度フランスの家庭の味をお試しください。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
   
   
    

CAVE THE SELECT
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事

ブランチ

2017/02/01

ブランチ

2016/03/08

ブランチ

2016/02/05


ブランチ

2015/10/14

ブランチ

2015/07/03

ブランチ

2015/06/15


カーヴを使ってワインを記録しよう!
PAGETOP
© Cave 2014 All rights reserved.