ムルソーだけじゃない!?気軽に試せるコント・ラフォンのワインとは?|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワイン事情

ムルソーだけじゃない!?気軽に試せるコント・ラフォンのワインとは?

ブルゴーニュらしい白ワインといえば…

2557こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

シャブリやモンラシェなど、ブルゴーニュには美味しい白ワインがいくつもあります。

でも、ブルゴーニュらしい白ワインを一つ挙げるとすれば、それは「ムルソー」ではないかと思うのです。

2015年1月に、オスピス・ド・ボーヌ醸造責任者(REGISSEUR)に就任するLUDIVINE GRIVEAU氏もインタヴューで好きなワインを聞かれた時に、白ならムルソーと答えていました。

そして、ムルソーの2大ドメーヌと言えば、やはりコシュ・デュリとコント・ラフォンでしょう。

コシュ・デュリやコント・ラフォンは、ワイン好きにとっては名前を聞いただけでうっとりする、憧れの造り手ではないでしょうか。

私もムルソーは好きですが、現地に住んでいてもそう簡単に買える値段ではないので、残念ながらコント・ラフォンやコシュ・デュリのムルソーは飲んだことがありません。

ところが、ドメーヌ・コント・ラフォンの4代目、ドミニック・ラフォン氏の手がけるワインをより気軽に楽しむ方法があるのです。

(photo:http://cavewine.net/wv/1002807)

ラフォンが手がけるセカンドワイン

前置きが長くなりましたが、今日は、ドミニック・ラフォン氏がより身近で親しみやすいワインを造るために設立した「LES HERITIERS DU COMTE LAFON(レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン)」をご紹介したいと思います。

LES HERITIERES DU COMTE LAFONは1999年にブルゴーニュのマコンの地に設立されました。

マコネは私が住んでいるコート・シャロネーズよりもさらに南に位置しています。

これまでマコネは、比較的値段の安い普段飲みのワインの産地として有名でしたが、ドミニック・ラフォン氏が進出してきたように、最近ではクオリティの高いワインを造ることができる産地として脚光を浴びています。

HERITIER(エリティエ)というのは、フランス語で「相続人、後継者、継承者」を意味する単語です。

口語では「子ども」という意味もあるので、ムルソーのコント・ラフォンが「親」なら、マコンのコント・ラフォンはその「子ども」的な位置づけと言えるのではないでしょうか。

アパレルのファーストラインとセカンドライン(プラダとミュウミュウ、ジョルジオ・アルマーニとエンポリオ・アルマーニなど)のような関係に近いのではないかと思います。

ムルソーのコント・ラフォンのスタイルやテイストを引き継ぎつつ、マコンらしさも兼ね備えたLES HERITIERS DU COMTE LAFONの魅力は何と言ってもその価格です。

コント・ラフォンの魅力をムルソーの何分の一の値段で味わえるとなれば、試してみるしかありません。

いざ!レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォンを試しにマコネへ

2556ということで、HERITIERS DU COMTE LAFONについていろいろ調べてみると、このドメーヌが、ARTISANS VIGNERONS DE BOURGOGNE DU SUDという南ブルゴーニュのワイン生産者団体に所属していることがわかりました。

そして、毎年11月にこの団体主催のワイン試飲販売会が開かれるという情報を入手!

今年で9回目になる試飲会、日程は2014年11月の8日から10日の3日間、場所はマコンの北にあるHURIGNYという村のシャトー(お城)。

これは行くしかないでしょう。

幸いなことに私の住んでいるコート・シャロネーズは北に向かえば、コート・ド・ボーヌやコート・ド・ニュイ、南に向かえばマコネやボジョレーというちょうど真ん中にあるのです。

我が家からマコンまでは車で1時間ほどです。

私が行った11月10日は生憎の雨でお城の外観の写真は撮れなかったのですが、広いホールにマコネの生産者のスタンドが26、他の地方からのゲストのスタンドが5つ、さらにパン、チーズ、チョコレートなどのスタンドが所狭しと並んでいる様子は圧巻でした。

お目当てのHERITIERS DU COMTE LAFONのスタンドでは、マコン・ウシジィ、マコン・シャルドネ、マコン・ミリィ・マルティーヌ、マコン・ブシエール、ヴィレ・クレセの5本(ミレジムはどれも2011年)をテイスティングすることができました。

感想を簡潔に表現すると、マコンのワインがここまで美味しくなるのか、という驚きです。

これまで飲んだマコネのワインとは比べ物にならないほどバランスのよい上品なワインに仕上がっていました。

白ワインがお好きなら、ぜひ一度飲んでみて欲しいと思います。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
   
   

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

■参考URL(日本語以外のサイト)
・LUDIVINE GRIVEAU氏のインタヴュー記事
   
・南ブルゴーニュのワイン生産者団体のサイト
   
   
    

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事