こんなに有名なボジョレー・ヌーヴォー!でも、ブルゴーニュワインには非ず??|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ブドウ畑

こんなに有名なボジョレー・ヌーヴォー!でも、ブルゴーニュワインには非ず??

こんにちは。ブルゴーニュ在住のワイン好きライター、KIKIです。

11月の第3木曜日は、日本でももはや定番になっているボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。

カタカナで表記する場合に、「ボージョレ」と書くのか「ボジョレー」と書くのか迷ったのですが、いろいろな表記が混在しているので、この記事ではウィキペディアの表記に合わせてみました。

ちなみに、「ボジョレー・ヌーヴォー」を「ボジョレーの新酒」と訳していることもありますが、「ヌーヴォー」は「新しい」という意味の単語で、「新酒」という意味はありません。

「ヌーヴォー」という単語の代わりにPRIMEURプリムール(初物)という呼び方を見かけることもありますが、「ボジョレー・ヌーヴォー」も「ボジョレ・プリムール」も基本的には同じワインのことです。

ボジョレー以外の地域や、自然派ワインの醸造家さんが「プリムール」という単語を使っていることが多い印象です。

ただ、フランス人の会話を聞いている限り、厳密な区別があるわけではないように思います。

ボジョレーはブルゴーニュワインに非ず!?

2509日本ではボジョレー地区のワインは「ブルゴーニュワイン」であると思っている人が多いでしょう。

私もずっと当たり前のように思い込んでいたのですが、実はフランス人の間では未だに議論がなされています。

公式見解では、現在のところボジョレー地区はAOCブルゴーニュに含まれています。

しかしながら、ボジョレーはブルゴーニュワインではないと言う人も結構多いのです。

なぜなら、サンタムールおよび一部のブドウ畑を除いて、ボジョレー地区のほとんどのブドウ畑があるのがローヌ県で、ローヌ県というのはローヌ・アルプ地方(地域圏)に属しているからです。

そのため、ブルゴーニュ地方やコート・ドール、ソーヌ・エ・ロワールなど県の予算から助成を受けている事業やイベントでは、意図的にボジョレーを外していることもあるようです。

フランスではこのように行政上の区分とAOCの区分が一致していない所が時々あるので注意が必要です。

特にボジョレーのワイン関係者さんには、「ボジョレー」というブランドに誇りがあるようで、ブルゴーニュに含まれることを嫌がる場合が多いような気がします。

確かに、ブドウの品種も違うし、土壌の質も異なるし、地理的な面や歴史的な背景も別なので、ボジョレー地区はボジョレー地区として独立したものとして扱う方が理にかなっているのかもしれません。

ボジョレーをAOCブルゴーニュに加えたのは、フランスワインの2大産地として比べられることが多いボルドーと競うためではないか、という噂があるくらいです。

ボジョレー地区畑の特徴

2511ボジョレー地区の話が長くなってしまいましたが、この週末(2014年11月23日)にボジョレー地区の北部をドライブしてきたので、何枚か写真をご紹介したいと思います。

ボジョレー地区は丘陵地帯なので、傾斜のあるブドウ畑が特徴です。

手摘みで収穫をするところは、登ったり下りたり大変だろうなと思います。

ボジョレー地区では、支柱やワイヤーのないブドウ畑がいくつかありました。

きっちり鉄線が組まれたコート・ドールやコート・シャロネーズのブドウ畑に見慣れていると、ちょっとびっくりします。

この時期のブドウ畑にはもはやほとんど葉っぱがないので、地面すれすれのところから枝分かれしている様子がよくわかります。

フランスでの反応…

2513ボジョレー・ヌーボー関係のイベントというのは、日本とは違いフランスではあまり盛り上がらないのですが、現地ではどうなんだろう?という疑問があり実際に行ってみました。

今回行ってきたのは、サンタムール、ジュリエナ、シェナ、フルリーの4つの村です。

ボジョレー・ヌーヴォーに合わせて、いくつかポルト・ウヴェルト(試飲会)をしているカーヴがありましたが、村は全体的にいつも通りという感じで静まり返っていました。

ボジョレーの中心である南の方の村なら、もう少し別のイベントがあった可能性はありますが、もし仮に、ボジョレー・ヌーヴォーの時期にボジョレー地区を訪れる機会があったとしても、日本のようなお祭り騒ぎは期待しない方がいいかもしれませんね。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

A VOTRE SANTE!(乾杯)
    
    
     

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
KIKI

KIKI

お気に入りのワインと、美味しい料理さえあれば人生バラ色という飲兵衛ライター。 インターバルを挟みつつ、2000年からフランスのブルゴーニュに住み着いています。 ワインの産地で言えば「コート・シャロネーズ」が「第二の故郷」です。 現地在住ならではのローカルな話題や、フランス人から学んだお酒の楽しみ方などをお届けできればと思います。

関連記事