雨宮勘解由(あめみや かげゆ)


雨宮勘解由(あめみや かげゆ)とは?

雨宮勘解由(あめみや かげゆ)とは、日本固有の白ブドウ品種「甲州」を発見したとされる人物です。
雨宮勘解由は1186年に山梨県の勝沼で山ぶどうとは異なる品種のぶどうを発見し、その栽培を始めました。
このぶどうが甲州であったという説があり、「雨宮勘解由説」として伝えられています。

しかし、甲州の由来は定かではなく、この「雨宮勘解由説」の他に「大善寺説」があります。



CAVE THE SELECT