若手醸造家の遊び心満載!メルシャン「メーカーズレシピ」のこだわりを調査!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

若手醸造家の遊び心満載!メルシャン「メーカーズレシピ」のこだわりを調査!

とにかく“自由”なスパークリングワインを探している。

そんな方におすすめなのが、メルシャンが打ち出している新感覚のクラフトスパークリングワイン「メーカーズレシピ」シリーズです。

ワインにホップを浸漬させたもの、ワインに柑橘の果物のピール(果皮)を浸漬させたものなど、私たちの想像の斜め上を超えてくる商品が揃っています。

今回、この「メーカーズレシピ」シリーズについてはもちろん、その商品へのこだわりになど担当者の方にお話をお聞きしてきました。

どんなシーンでも使えるユニークなスパークリングワイン。

ぜひ、チェックしてみてください。
     
      

お話をお聞きした方

21019 ▲ 写真画像左から
メルシャン株式会社 マーケティング部国産グループ 永谷 洋平さん(以下、永谷)
メルシャン株式会社 藤沢工場 製造課 渡邉 裕太さん(以下、渡邉)
キリンホールディングス株式会社 R&D本部飲料未来研究所 洞口 萌実さん(以下、洞口)

   
    

家飲み需要が増えている

      
まず、現在のワイン市場についてお聞きしました。

(永谷)
「この一年、自宅で過ごす時間を増えたことで家飲み需要が高まっており、カジュアルに楽しめる商品、プレミアム系商品といった二極化が起きていると考えています。

普段ワインを飲まない方でも、“いつものチューハイではなく、ちょっと良いもの”といった需要が高まっている傾向があり、そのような方にはカジュアルなワインが選ばれているようです。」
       
       

「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」のヒットについて

21018      
メルシャンが打ち出すユニークな商品といえば、「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」シリーズです。

CAVEでは以前、このシードルの開発に携わったメルシャン株式会社マーケティング部 国産グループ ブランドマネージャーの大林万希子さんにこだわりなどをお聞きしました。
※当時のコラム記事はこちら 》


今回、あらためてヒットの理由についてお聞きしてみました。
      
      

      

(永谷)
「ワインの場合、難しいとか何を選べば良いかわからないなど、まだまだハードルが高いイメージがあります。

一方、“おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル”の場合、“シードル=りんご”といった味わいがイメージしやすく、チューハイより“ちょっといいもの”といった印象です。

多くの方に手に取ってもらえる商品となっており、独自のポジションを築けた、と考えています。

また、“おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル”はグレープフルーツやシナモンなど、商品群が広がっていることから同シリーズのファンが増えているようです。

ここから一般的なワインの購入に繋げられるよう、さらにプロモーションなどを考えていきたいと思っています。」
       
       

「メーカーズレシピ」とは?

21014       
シードルのヒットを受けて、次に登場したのが「メーカーズレシピ」

「メーカーズレシピ」とは、一体どんなシリーズなのでしょうか。


(永谷)
「2019年に“おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル”が発売されましたが、以降もワインファンをもっと増やす商品を考えていました。

とくに20代、30代の若年層にとってワインは、難しいとか堅苦しい、何を選べばよいかわからない…といったイメージを持たれているようで、もっと気軽にワインを楽しんでもらうために、もっと自由でワクワクできるものはないか?
こういったイメージで、若年層に向けて商品開発したのが“メーカーズレシピ”です。

“え、それってアリなの!?”といった新しさや驚きがある商品をつくり、いい意味で当たり前を裏切るといったことを心がけています。」
       
       

若手醸造家の遊び心と三つの“やすい”

21017        
メーカーズレシピは、“醸造家のレシピ”という意味。

先にお伝えしたように、ワインにあまり馴染みの無い方々に、“面白い!”、“楽しそう!”と思ってもらうために、若手醸造家が考えた一手間、遊びゴコロが詰まったスパークリングワイン、ということで「クラフトスパークリングワイン」と呼び、商品名を「メーカーズレシピ」と名付けました。

まず、2020年6月に第一弾となる「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」を発売しています。これは、白ワインにホップを浸漬するという若手醸造家のアイデアが生かされたものです。



また、ワインを日常的に飲まれない方でも、“面白そう”と興味を持って選んでいただくために、コルクではなくスクリューキャップにしたり、手に取りやすい価格設定にしたり…。

品質の確かさはもちろんですが、“買いやすい・使いやすい・飲みやすい”という、「三つのやすい」にこだわりました。

ちなみに、ライトユーザーはもちろんですが、普段からワインを飲まれている方も、“クラフト”という言葉などから興味を持っていただきご購入いただけているようです。
      
      

こだわりにこだわったクラフトスパークリングワイン

21015     
「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」

その名の通り、ワインとホップが融合したユニークなスパークリングワインです。

開発のこだわりや苦労など、「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」の製造についてお聞きしてみました。

(洞口)
「“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”における最大の特徴は、ワインにホップを浸漬させ、“新しい香味”をつくり出し、お客さまにお届けしているところです。

浸漬素材の良さを引き出したいので、原酒は香りが乗りやすい、よい意味で個性のないクリーンな原酒を使用しました。

また、ホップはキリングループ内でビール開発の知見がたくさんあったので、その知見から出したい香りやワインに合わせやすい品種を選定しています。

苦労した部分としては、香りを出そうとするとホップを多く使用しなければならず、ワインが苦くなってしまうところ。

何浸漬時間も何パターンも試作しましたし、試飲もかなり重ねました。

ただ、私たち開発チームの中には、“絶対にイケる、絶対に驚いてもらえる!”といった気持ちがあったので、自信を持ってつくり続けることができました。」
      
      

「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」の味は?

21022     
ワインにホップを浸漬させた、遊び心あるスパークリングワイン、「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」。

一体、どんな味わいなのでしょうか。


(洞口)
「まず、ソーヴィニヨン・ブランやリースリングのようなグリーンな香りが特徴です。

飲んでいただくと、炭酸のすっきりとした味わい、ホップらしいフローラルさ、最後にアクセントとしてほろ苦さも感じます。

しっかりと冷やすことでキレのある味わいが楽しめますし、時間が経っても、温度が高まることで香りが豊かになるので、ぜひ飲んでいる間の変化をお楽しみいただきたいです。」
      
      

(永谷)    
「あえて、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”にはワイングラスを推奨していないんです

ビール用のタンブラーやロックグラスなど、気軽にお好きなグラスで楽しんでいただきたい。

ロックで氷を入れて飲むもアリですし、とにかくスタイルや飲み方もふくめて自由なスパークリングワインが、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”なんです。」
     
     

カジュアルなおつまみでいい!

21020     
(永谷)
「“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”を楽しむシチュエーションは自由ですが、気のおけない友人や知人、ご夫婦、家族など複数名で乾杯するシーンに似合うワインだと思っています。

今であれば、オンライン飲み会などにも最適です。

一般的なワインの前に飲んでもいいですし、とりあえずビール!を、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”にしてもいいのではないでしょうか。

また、これだけカジュアルで遊び心が詰まった商品です。

ワインとなるとオシャレな洋食のイメージですが、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”であれば、唐揚げや餃子などの脂っこい総菜、ポテトチップスとの相性も抜群

食前、食後など、飲みたい時に“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”を楽しんでいただけると嬉しいです。」
       
      

第二弾!「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ピール」について

21016     
「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」だけでもかなり興味を引きますが、なんと第二弾として「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ピール」が2021年3月2日に発売されたそう。

一体、どんな商品なのか開発を担当した渡辺さんにお聞きしました。
        
       
(渡邉)
「“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”同様、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ピール”も浸漬にフォーカスしているところが特徴です。

ワインに柑橘の果物のピール(果皮)を浸漬させたことで、爽やかな柑橘の香りが感じられるほか、ワインに厚みが出て、レモン系チューハイに比べて長いほろ苦さを香りを感じることができます。
       
       

21023       
開発においては、浸漬の温度やピールの量などの調整ですごく苦労しました。

いろいろな苦難を乗り越え、理想としていた柑橘の苦味を再現できたことには満足しています。

すっきり飲みやすいだけだと物足りないですし、ここに、苦味が加わることで、“また飲みたい!”と思っていただけると考えています。

試行錯誤は多かったですが、それも楽しい過程のひとつだと思っています。」
     
     

ブランドとして確立させていく

21021       
最後に、今後の展望などについてお聞きしました。

(永谷)
「第一弾の“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”で、新しいワインファンを獲得できました。

第二弾の“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ピール”もふくめ、今まであまりワインを飲んだことのない方に手に取っていただきたいと思っています。

ちなみに、日本でも人気の高いキャンプ用品製造・販売業者の“コールマン”さんとコラボレーション中です。

今後も異業種と一緒に発信していくプロモーションを仕掛けていきたいと考えています。

まずは、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”、“同 ウィズ ピール”の二つの商品の魅力をしっかりお客様にお伝えし、ブランドを確立させていきたいですね。」
       
       

味も見た目もオシャレで使いやすい!

21013      
“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ”、“メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ピール”。

ワインをあまり飲まない方だけでなく、ワインが好きな方にもおすすめのスパークリングワインです。

さらに、同商品のラベルに配されているrecipe♯001とかrecipe♯002の文字、レシピブック風のイラスト、クラシカルなフォントのクラフトスパークリングの文字など、そのヴィジュアルも目を引くポイント。

クラフトビールのようなオシャレ感のあるデザイン、そして味わいを兼ね備えているところも、“メーカーズレシピ ”の魅力でしょう。

“メーカーズレシピ”のアイテムは、自由に楽しめるスパークリングワインです。

難しく考えず、ぜひ気軽に楽しんでみてください。
       
       

参考

      
     
メーカーズレシピ


メルシャン
     
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事