ワインに合うおかき〈Risocotti(リゾコッティ)〉に、“本当に合うワイン”を探してみた!in nomuno 赤坂店|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

ワインに合うおかき〈Risocotti(リゾコッティ)〉に、“本当に合うワイン”を探してみた!in nomuno 赤坂店

        
“ワインに合う〇〇”と謳う商品。

こういったものは世の中にごまんとあるわけですが、その中でも特段ユニークな商品があります。

それが、ワインに合うおかき〈Risocotti(リゾコッティ) パルミジャーノ レジャーノ&ブラックペッパー〉です。

今回、「nomuno(ノムノ) 赤坂店」を会場に同商品がどのようなワインに合うのか検証。

ぜひ、リゾコッティを購入した際にお役立てください。
        
        

〈Risocotti(リゾコッティ) パルミジャーノ レジャーノ&ブラックペッパー〉について

20655        
まずは、〈Risocotti(リゾコッティ) パルミジャーノ レジャーノ&ブラックペッパー〉について解説しましょう。

同商品は、イタリアの伝統菓子である「ビスコッティ」からインスパイアを受けた、“おかき”。

国産100%の玄米を使用して作られているのですが、こだわりはパルミジャーノレジャーノの使い方です。

こういった商品の場合、パルミジャーノを表面にまぶす…といったイメージかもしれません。

しかし同商品。

玄米の餅をつくときに“一緒につきこんでいる”のです。

仕上げは粗挽きのブラックペッパー&塩で味付け。

シンプルながら味わい深い、まさに“大人のおかき”といえるでしょう。
       
        

イメージ通りにはいかない

20656      
前述した通り、〈Risocotti(リゾコッティ) パルミジャーノ レジャーノ&ブラックペッパー〉は繊細さと奥深さが楽しめる大人のおかき。

パルミジャーノとブラックペッパーのほのかな風味としっかりとした歯ごたえから、我々は「マスカット・ベーリーA」や「ピノ・ノワール」、また甘やかな白ワインやサングリアが合うと考えました。

しかし…これがなかなか難しい。

衝突必至というわけではありませんが、“ワインはワイン、おかきはおかき”といった感じで感動的なペアリングという感じではありません。

味の強度を合わせるというのはワインペアリングの基本ですが、これはそういったことではなさそう。

少し「基本」を忘れ、いろいろなタイプのワインで挑戦してみました。
       
       

南仏のシャルドネが合う!

20653        
まず、さまざまな白ワインで攻めた我々。

甘過ぎたり、樽が強過ぎるもの、繊細過ぎるものはリゾコッティの良さを活かしきれていません。

そんな時、南仏のよく冷えたシャルドネが奇跡を起こしました。

ややシャープな柑橘とハーブのニュアンス、うまみのあるシャルドネですが、リゾコッティのパルミジャーノの風味を広げます。

さらに、ハーブのニュアンスがパルミジャーノと相乗効果を示し、口中がハーバルな風味となり新しい味わいを生み出すのです。

柑橘、ハーブ、ほど良いうまみのある白ワイン…。(ほのかな塩気もあるとなお良し)

リゾコッティと白ワインを合わせる際には、そういった傾向のワインを探すとマリアージュを楽しめるかもしれません。
         
        

うまみとスパイシーさのある赤ワインもイイ!

20657       
次に、赤ワイン。

繊細過ぎたり、大味のものだとリゾコッティとはやや難しい印象。

“赤ワインとは厳しいかなぁ…”と思っていたものの、またもや良い相性のワインを発見しました。

まず、南アフリカのカベルネ&シラー

ほのかなスパイシーさとベリーの甘やかさ、ほどよいタンニンと酸味を感じるバランスの良いフルボディタイプの赤ワインですが、これがリゾコッティと…合う。

パルミジャーノとスパイスの風味と調和した後、赤ワインがおかき自体に染み込んでいく、“新たな感覚”を楽しめるペアリングです。

おかきと言っても繊細な風味ですので、赤ワインが染み込んでも全く嫌な感じはなくむしろ大人っぽい味わいに。

ほか、似たような傾向の味わいであるオーストラリアの赤ワインも同じ結果となりました。
       
        

探すと楽しいペアリング!

20654        
チーズや生ハム、トマトソース系など、“アテはワイン!”とよく言われますが、実際にどのワインでも合う…ということではありません。

いろいろなタイプのワインと試してみることで、それぞれにどのような傾向のワインが合うのか見つけることができます。

とくに、今回のリゾコッティはイメージだけではたどり着けなかったワインとのペアリングを発見することができました。

ちなみに、そこまでさまざまなワインは自宅にありませんよ…という方も多いと思います。

そんな時は、「nomuno(ノムノ) 赤坂店」

ワイン100種類飲み放題・時間無制限3,000円・持ち込み自由…という驚きのスペックですので、合わせてみたいフードを持ち込んでマリアージュ相手を探すことができます。

ぜひ、皆さんもさまざまなワインとフードのペアリングを探してみてはいかがでしょうか。
      
       

ご参考

nomuno(ノムノ) 赤坂店

20652       
          
〈Risocotti(リゾコッティ) パルミジャーノ レジャーノ&ブラックペッパー〉

20655
■取扱い店舗

【中央軒煎餅 店舗一覧(※一部のみ)】

【中央軒煎餅 オンラインショップ 】 

■SNSアカウント
【Instagram】https://www.instagram.com/chuoken_senbei/
        
         

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事