これまでにない新しい真っ赤なシードル!?『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』がAmazonで先行発売!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

これまでにない新しい真っ赤なシードル!?『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』がAmazonで先行発売!

      
ワイン好きの中でもファンが多い、「シードル」。

リンゴの爽やかな風味にやわらかな飲み口、さらにアルコール度数が低く手に取りやすい魅力的なお酒のひとつです。

さて、そんなシードル関連の嬉しい情報が飛び込んできました。

古くから良質な国産シードルを造り続けてきたニッカウヰスキーの「ニッカシードル」ブランドから新商品『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』が登場するというのです。

このシードル…なんと、これまでにない新しい真っ赤なシードルなのだとか…。

今回、CAVEは「アサヒビール株式会社シードル新商品発表会」にオンライン参加。その内容について簡単にレポートしていきます。
      
      

歴史のあるニッカシードル!

20445      
ニッカシードルは1956年から発売されている、古い歴史をもった国産シードル。

1954年に朝日シードル株式会社がシードルづくりをスタートさせ、1956年にアサヒシードルが発売。1960年にはニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝に事業内容が引き継がれ弘前工場が誕生した歴史があるのだそうです。

新商品発表会では、その歴史をはじめシードルづくりのこだわりなどがビデオで解説されました。

さて、個人的にビデオで注目したのがシードルの製造工程。

洗浄・選果から破砕、搾汁、発酵・熟成へのこだわりはもちろん、熱処理をせずに遠心分離・ろ過をするためリンゴの風味が失われない高品質なシードルができあがるのだそうです。

国産リンゴの使用、リンゴ100%、甘過ぎないほどよい甘さ…など、ニッカシードルは多くの人から愛されているブランド。

新商品にがぜん期待が高まります!
       
       

スタイリッシュなビジュアルが魅力!

20447         
『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』の魅力は、まずそのビジュアル。

赤ワインを思わせる濃い色合いにシンプルでスタイリッシュなボトル&ラベルデザイン、「JAPAN CIDRE」という商品名も魅力的です。

「手に取りたい!美味しそう!国産で安心!」という、三つのポイントを押さえたイイ感じのビジュアルは消費者にインパクトを与えそう。

発表会の後半で、“ママ友と過ごすような休日にもおすすめです!”といった飲用シーンの解説がありましたが、男性同士の飲み会でも十分に活躍してくれそうなデザインになっていると思います!
        
        

赤さへのこだわりがスゴい!

20448        
これまでにない“真っ赤なシードル”。

『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』の特徴のひとつがその赤色にあるといいます。

“ボトルの色が赤いからそう見えるのでは?”と、思われた方もいるかもしれませんが、本当にシードルそのものが赤いのです。

同商品に使用されているのが、「ジェネバ」というリンゴの品種。

なんと、果皮だけでなく果肉まで赤い相当珍しいリンゴなのだそう。

一般的には果皮だけにふくまれているポリフェノールが果肉までふくまれているそうで、1個あたりポリフェノール量がフジリンゴのおよそ4倍という驚くべきリンゴです。

さらにこのジェネバなどリンゴの果実を最適な条件で醸すことで、赤い色素を丁寧に抽出。特殊酵母を使用し発酵をコントロールするなど、ニッカシードルだからこそ叶う鮮やかな赤色のシードルが誕生した…と解説されていました。
        
         

すっきりした甘さを実現!

20450       
デザインや赤色の外観など、斬新な魅力が詰め込まれている『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』。

これらもいいのですが、やはり個人的に伝えたいのが味わいの良さです。

今回、前述したジェネバと『紅玉』などを原料として使用されているリンゴ。

紅玉は香りがよく酸味が強い特徴があり、生で食べると甘酸っぱさと濃厚な味わいが楽しめる品種です。

一方のジェネバは紅玉以上の酸味と強いコクがあり、さっぱりとした味わいなのだそうです。生食にはやや向かいながらもジャムや加工品、果実酒にすると素晴らしい仕事をしてくれる…とのこと。

これらが絶妙なバランスでブレンドされた上に糖類・香料は無添加。適度な酸味で甘さだけではない本格的なシードルに仕上がっているのです。
       
        

20449        
実際にテイスティングしてみると…

すりおろされたばかりのリンゴのようなフレッシュな香り。

さらにそこから発酵由来と思われる複雑な香りが混ざり心地よい気分にさせてくれます。口当たりは柔らかながら発砲がしっかりと感じられてさわやか。

後味もすっきりしており、ほのなか苦みを感じるのでいろいろな食事と合わせたくなる素晴らしい仕上がりとなっています。

正直、かなりクオリティの高いシードルに仕上がっていると思いますので、ワイン好きの方にはぜひ試していただきたい1本です!
        
         

Amazon先行発売!予約も開始中!

20446      
今回紹介した、『ニッカ JAPAN CIDRE(ジャパン シードル)』ですが、8月25日(火)よりAmazon先行にて発売が開始されるようです。

予約は先月より開始されており、Amazon限定300セットで「オリジナルグラス付きボックス」も購入できるそうなのでチェックしておきましょう。(現在、予想を上回る予約が入っているので予約はお早めに!)

また、同商品は10月6日(火)より東北エリアの一部チェーンにて実店舗での発売を開始。(一部商品はオリジナルグラス付き)

いち早く手に入れたいという方は、Amazonからの購入を検討してみてください。

国産シードルはこれから伸びていく可能性のあるカテゴリです。

ぜひ、この機会にシードルの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?
        
        

ご参考

20444        
予約ページはこちら


ニッカ シードルブランドサイト
       
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事