サンテミリオンの醸造家が米づくり?米×ブドウから生まれたライスワイン〈ル・グイシュ〉が日本初上陸!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

サンテミリオンの醸造家が米づくり?米×ブドウから生まれたライスワイン〈ル・グイシュ〉が日本初上陸!

       
日本が誇るべき酒といえば、「日本酒」
ワイン好きの方の中にも、“ワインだけでなく、日本酒も愛している”という方は多いはずです。

さて、そんなワインも日本酒も愛する方に朗報です。

なんと…フランス人が造ったライスワイン〈ル・グイシュ〉が日本に初上陸したというのです。

米とブドウから造られる新感覚ワイン…そして生産者は200年続くボルドーワインの生産者。

一体どのようなワインなのかお伝えしていきましょう。
       
       

フランスの米どころカマルグで米づくり?

        
〈ル・グイシュ〉に使用されている米は南仏カマルグのガジュロン米。

我々日本人には馴染みのない産地ですが、このカマルグ(Camargue)という産地は、フランス有数の米どころなのだそう。

広大な湿地帯で米作りや塩作りが盛んに行われており、一帯は自然保護地区となっている自然豊かな美しい土地なのだとか。(野生のフラミンゴの飛来や白馬の群れが見られることでも有名です)
       
       

20397      
さて、今回ライスワインを手掛けたのは元々サンテミリオンで200年以上の歴史のあるワイン生産者オリヴィエ・シュブレット氏


このカマルグの美しさに惹かれたそうです。

この地での何かできないか…と考えた同氏。

お米の生産者と協力して〈ル・グイシュ〉に合うお米を開発。

自らのワイン醸造の技術をいかし〈ル・グイシュ〉のために作られた米で酒造りを始めたということです。

まさかサンテミリオンのワイン生産者が米作り。

何となくですが、日本人として嬉しくなってしまうエピソードです。
      
      

諦めかけたライスワイン造り…

20398         
〈ル・グイシュ〉が誕生したのは2016年。

当然、納得できる味わいにたどり着くまでには長い時間を要したのだとか。

そもそも、〈ル・グイシュ〉は米とブドウをブレンドして造られている前代未聞のライスワイン。

2013年のスタート時は味が悪く、とても商品として売るレベルではなかったとか。

ライスワイン造りを諦めようと思っていたオリヴィエ氏でしたが、家族や友人、醸造家の助けやアドバイスを受けて製造継続を決意。

結果、2016年に完成させることができたのだそうです。

さて、そんな〈ル・グイシュ〉。

どんなワインに仕上げられているのか見ていきましょう。
      
       

〈ル・グイシュ〉について

20396        
〈ル・グイシュ〉に使用されているのは、南仏カマルグのガジュロン米とジェール産のコロンバール。

ガジュロン米は良質な香りを持ち合わせたジャポニカ米の一種だそうで、地元でもよく知られている米なのだそう。

そのガジュロン米に繊細な酸味を持ち合わせたコロンバールをブレンド。

「8:2」という、ブドウの甘みと酸味、渋み、米の風味を損なわない絶妙なバランスで仕上げられています。

さて、気になるのはその風味。

ローズやライチ、グレープフルーツといった爽やかさとアロマティックさを兼ね備えた香り。

やわらかな酸味とビターでクリアな口当たりが特徴です。

アルコール度数は12.5%。

7〜10℃までしっかりと冷やすことで美味しく飲むことができます!
       
       

マリアージュの幅広さに注目!

20399        
〈ル・グイシュ〉は、前述しているように米を使ったワイン。

ブドウから造られるワインの特徴だけでなく、米の良さも持ち合わせているためマリアージュの幅を広げられるところが魅力です。

うまみが強い食材や魚介類との相性がとくによいとされており、一般的なワインとは難しいといわれていた和食とも難なく合わせることができるでしょう。

ちなみに、こんなマリアージュが推奨されています。

魚料理:シンプルに白身魚の塩焼き、天ぷら
貝料理:あさりの酒蒸し、ホタテのカルパッチョ、牡蠣グラタン
肉料理:鶏の塩唐揚げ、山椒をきかせた麻婆豆腐
野菜料理:野菜たっぷりポトフ、焼き椎茸

山椒をきかせた麻婆豆腐とは、こちらの想像を越えてきますよね。

ワインを飲む時は必ずペアリングを楽しむという方はもちろん、今までワインペアリングは難しいと考えていた方も〈ル・グイシュ〉で気軽に極上のマリアージュ体験してみてはいかがでしょうか。
      
        

新しいワインで乾杯!

20400         
自宅でワインを飲む機会が多い昨今。

少し新しい刺激が欲しくなってきている方も多いことでしょう。

〈ル・グイシュ〉は、今までにない私たちにとって全く新しいワインです。

家族団らんの時間はもちろん、友人とのワイン会、オンライン飲み会などにも大活躍間違い無し。

〈ル・グイシュ〉で、今年の夏飲みを盛り上げましょう!

※今夏にはル・グイシュのラインナップ2種類が本数限定で入荷予定だそうです!
     
      

ご参考

      
ル・グイシュ

20401       
<商品情報>
ル・グイシュ アッサンブラージュ LE GUISHU ASSEMBLAGE 2017 
生産者:オリビエ・シュブレット
内容量:750ml 瓶,コルク
アルコール度数:12.5度
品種:ガジュロン米(カマルグ産)
   - ブレンド比率 80%
   コロンバール(ジェール産)
   - ブレンド比率 20%
香り:ライチ、グレープフルーツ、
   ローズ
味わい:やや辛口
     
       

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事