ワインにこだわる飲食店の現状は!?株式会社ワルツの丸の内エリアマネージャーの中島大輔さんに緊急インタビュー!(取材日:2020年3月26日)~後編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

ワインにこだわる飲食店の現状は!?株式会社ワルツの丸の内エリアマネージャーの中島大輔さんに緊急インタビュー!(取材日:2020年3月26日)~後編~

          
前半では、株式会社ワルツの丸の内エリアマネージャーの中島大輔さんに丸の内エリアの現状などをお聞きしました。

ワインを愛する方々も、お店を助けたいという気持ちはありつつ、“不要不急の外出は自粛”という状況の中でどうしていいかわからずに悩んでいるのではないでしょうか。

「正直、今の状況は厳しいです。ただ、一人でも多くワインの楽しみを伝えていきたい気持ちは強い。これからも、そして世の中が落ち着いたら多くのワインファンに楽しんでもらえる企画も考えている。」と中島さん。

後編では、“希望”をテーマに株式会社ワルツが展開する店鋪の魅力やおすすめのワインについて、今後の展望についてインタビューしました。
     
         

今回お話しを伺った方

20295

▲ 株式会社ワルツの丸の内エリアマネージャー
中島 大輔さん

        
       

      
Q.株式会社ワルツが展開するお店の特徴は?

「さまざまなワインバーをまわって気がついたのですが、同社が展開する店鋪は、“ワインバーとしての完成度が高い”ということです。」


Q.完成度が高い?

「例えば、グラスワインがとても多いこと。一般的なワインバーは赤・白など3から4種類程度のところ、当社店鋪はグラスワインだけで7、8種類。さらにそこにスパークリングワイン、シャンパーニュ、シェリーまでもあります。“ワイン好きにとって重宝するワインバー”であるところが魅力ですね。」
        
        

20303        
Q.食事はどうでしょうか?

「もちろん食事にも力を入れているので、食事をしっかりと召し上がりたいという方にもご満足いただけますよ。ただ、ワインだけでも使えてしまうところが特徴ですね。」


Q.確かに良いワインが揃っているところはフルコースありき…というイメージです。

「ワインの種類を多く揃えているレストランもありますが、やはりフルコースをオーダーする…というかたちがほとんどです。また、グラスワインが豊富であっても高額という場合も少なくありません。」


Q.グラスワインの価格帯はどうなっていますか?

「当社の場合、1杯500円からお楽しみいただけます。また、高いものであれば1万円を超えるものもありますので、いろいろなレンジをお求めてのお客さまに楽しんでいただけるところも強みのひとつです。」
       
          

20297

▲ 取材時にお店から撮影した東京駅丸の内口の様子

       
        

個人的には、株式会社ワルツが展開する店鋪の魅力は内装にもあると考えています。個性的かつ独創的な内装はワインをより美味しくするファクターのはず。

今回、取材協力いただいた「エリックス バイ エリック トロション」もスタイリッシュな内装であることはもちろん、ガラス越しに東京駅が目の前に広がっている…という豪華なロケーション。

一人でワインを楽しみに来るのはもちろん、ワイン好きの仲間と一緒に訪れたい空間も魅力です。
        
         

ワルツおすすめのワイン3銘柄

20302         
中島さんに、株式会社ワルツで注目しているワインを3銘柄ご紹介いただきました。

■シャスネ・ダルス
〈キュヴェ・ピノブラン エクストラ・ブリュット・ミレジム 2009〉
〈キュヴェ・ロゼ・ブリュット NV〉


「ステンレス発酵で造られているシャンパーニュです。樽の感じがない…というとネガティブなイメージですが、複雑性がなくなるわけではありまえん。フレッシュかつ複雑、そして味わいは洗練されています。〈キュヴェ・ピノブラン エクストラ・ブリュット・ミレジム 2009〉は、締まった酸に複雑味が魅力。〈キュヴェ・ロゼ・ブリュット NV〉もチャーミングでドライ、複雑味のある素晴らしい出来映えです。」

“シャンパーニュラヴァーからエントリーの方まで、幅広くお楽しみいただけるシャンパーニュ”と中島さん。店鋪でも、おかわりが多い銘柄だそうです。

■ドメーヌ・レヴロン・エ・ヴァンサノ
〈ソーミュール・シャンピニー レ・クロ・デ・ヴァレンヌ〉


「ロワール川の近く造られている、カベルネ・フラン100%の赤ワイン。エレガントながら、カベルネ・フランの特徴であるタンニンやコク、うまみも感じられる1本です。“料理に寄り添うワイン”といった印象で、マリアージュの幅が広いところが特徴ですね。お肉はもちろん、お魚でも季節の春菊を使った葉のソースを使ったものと相性抜群。付け合わせにお野菜が多いお皿との相性もいい、万能タイプのワインだと思います。」

ちなみに、〈ソーミュール・シャンピニー レ・クロ・デ・ヴァレンヌ〉は中島さんイチオシの1本。一口飲んだ時に体に“スっと”入ってくるような感覚になる、シンプルにカベルネ・フランの特徴が楽しめるお気に入りのワインだそうです。

■ドメーヌ・ド・ラ・グラン・リブ
〈コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ロシュグード・ブラン〉


「ルーサンヌを主体にヴィオニエとのブレンドで造られた白ワイン。酸が強くボリューム感のあるルーサンヌとヴィオニエの華やかさとボリューム感がマッチした1本ですね。
南フランス特有の強い味わいというよりは、エレガントで華やか、トロピカルフルーツのような甘さを持っています。ルーサンヌの酸がきゅっと最後に引き締めてくれる、余韻の心地良さも魅力ですね。」

“料理とのマリアージュを楽しめるのはもちろんですが、ワイン単体で楽しめる力を持った1本です”と中島さん。ドライフルーツのアプリコットと合わせながら…という楽しみ方はとくにオススメと教えてくれました。
       
          

これからの展望

     
最後に中島さんに、今後どのような展望を持っているのかお聞きしました。
        
        

20318       
Q.この状況をどう打破しようと考えていますか?

「今、ワインの主要産地であるEU諸国がコロナ感染による打撃を受けています。応援、支援という形で各国のワインや料理のイベントをやっていければいいと考えていますね。日本はもちろんですが、とくに被害の大きいEUの国や地方などをフォーカスした企画などを立てて、“頑張っていこう!”という部分を見せていければと思っています。」


Q.収束したらなにかやってみたいと考えていますか?

「そうですね。“収束記念!”という形で、大きなイベントを1ヶ月続けてやってみたいとは考えています。ボトルワインをお求めやすく、グラスワインも価格を下げるなど…。ようやく解放された、終わった、ということをイベントで示すことができればいいですね。」


Q.ワインファンへひとこと

「今、自粛がかかっている状態で私たちも難しい状況にあります。ただ、私たちの店鋪は一人でもいらっしゃることができるんが強みと自負しております。グラスワインも数多く揃えておりますので、ぜひお気軽に利用していただきたいと思っています。また、ご自宅でワインを飲まれるという方はぜひボトルなどで2日、3日と楽しんでください。ネガティブにならず、これを“ワインに触れるよい機会”と捉え、ぜひお楽しみいただければ幸いです。」
       
         

笑顔でワインを飲める日は必ず来る!

20304         
ホテルニューオータニでホテルマンを経て、株式会社ワルツに入社。「マルゴ 丸の内」のオープニングスタッフとして会社を支え、現在は丸の内エリア5店鋪をマネージメントする立場である中島さん。

厳しい状況下の中にあっても、お客さまのために…という姿勢を保ち続けるその姿に感銘を受けました。

笑顔でワインを飲める日が必ずやってきます。

今は、その日まで我慢の時。

辛い時期ですが皆で乗り越えていきましょう!

※このインタビューは新型コロナウィルスによる自粛要請前2020年3月26日に行われた取材です。
      
          

関連記事

     
・ワインにこだわる飲食店の現状は!?株式会社ワルツの丸の内エリアマネージャーの中島大輔さんに緊急インタビュー!(取材日:2020年3月26日)~前編~
        
         

撮影協力

      
eric'S by Eric Trochon (エリックスバイエリックトロション)

20296             
フランス版“人間国宝”と称されるM.O.F受賞のエリック・トロションが造り出す「今のパリを切り取った日本のビストロ」。パリに人気店を持つエリックシェフの「今のパリ」を詰め込んだ本格フレンチビストロの料理を東京・丸の内の夜景を望みながらお楽しみいただけるワインビストロです。

※現在eric'S by Eric Trochon (エリックスバイエリックトロション)は休業しております。詳しくは店舗ホームページをご確認ください
         
         

ワインのお問い合わせ先

       
〒135-0022
東京都江東区三好3−3−5
株式会社アートクリエイティブビジネスサポート

TEL 03(5875)8241
FAX 03(6385)7685


アートクリエイティブビジネスサポートのオンラインショップ

20279      
商品が気になった方はこちら
      
       
       

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事