黒ブドウから白ワイン!?“色”からワインの世界を広げてみよう!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

黒ブドウから白ワイン!?“色”からワインの世界を広げてみよう!

        
黒ブドウから造られるワインは、赤ワイン。

ワインとの付き合いが長い方はもちろん、近頃ワインに興味を持ち始めた方であっても知っている、“当然”の話です。

つまり、「黒ブドウ=赤ワイン」というイメージを持っている方が多いわけですが、じつは黒ブドウからはこれ以外のワインも造られています。

ここでは、黒ブドウから造られた“赤ワイン以外”のユニークなワインたちをご紹介していきます。
         
           

赤ワインが赤い理由

20137         
本題に入る前に、赤ワインが赤い理由についておさらいしておきましょう。

まず、赤ワインは黒ブドウの果皮と種子、果汁を漬け込む「醸し」の作業を経て製造されます。

黒ブドウの果皮にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」という成分がふくまれていますが、この成分がワインを赤色する主成分であるため、醸し作業にて果皮成分をじっくり抽出させる赤ワインが赤い色をしている、と考えることができるでしょう。
           
              

20138           
ちなみに、ロゼワインの多くは赤ワインの醸し工程を短くしたもの。そのため淡いピンク色に仕上がるのです。(ほかの製造方法もあります)

余談ですが、アントシアニン自体はとても不安定な成分としても知られています。

樽熟成における“赤色の安定化”などと目にしたことがあると思いますが、これは赤ワインが適度な酸化熟成状態であった場合にアントシアニンが縮合型タンニンやアセトアルデヒドと重合するため不安定な状態にならず、沈殿せずにワイン中に残るため色合いが安定するためです。

ただし、赤ワインがある程度熟成年数を減るとワイン中にアントシアニン(アントシアニンモノマー)が存在しなくなるため、鮮やかな赤色からレンガ色などに枯れていきます。

赤ワインが赤い理由はさまざまな要因がありますが、とにかく果皮にふくまれているアントシアニンが関係していると覚えておけば問題ないでしょう。
          
           

黒ブドウから造られているのに赤くないワイン

20145         
前述したように、黒ブドウを使って醸し作業を経たワインは基本的に赤色の赤ワインになります。

しかし世の中にはその定説を覆す、黒ブドウを使用しつつ“赤”でないワインも多く存在しています。

一体どんなワインなのか、ここで紹介していきましょう。
          
           

黒ブドウから造られる白ワイン〈ラダチーニ ブラン・ド・カベルネ〉

         
ワイン用の黒ブドウの王様といえば、カベルネ・ソーヴィニヨン。

濃い赤色をしたフルボディの赤ワインを生み出すことで知られている品種ですが、なんと同品種を使用して造った白ワインがあるのです。
          
          

20139         
それが、〈ラダチーニ ブラン・ド・カベルネ〉

1998年に創業したラダチーニ・ワインズが製造するユニークな白ワインで、生産地はモルドバ共和国です。

このワイン。

赤ワインにおける「醸し」の作業を一切行なっていないため、“カベソーなのに白ワイン”というかなり変わった一本となっています。

ただ、カベルネ・ソーヴィニヨン特有の青草を思わせるハーブのニュアンスがしっかりと感じられるため、同品種の要素が抜けてしまっているということは一切ありません。

さらに高い技術力があるため、薄ら赤くロゼっぽい…ということになく、見たまんま白ワイン。

知人に赤ワインの赤色色素の話をしつつ、この白ワインに使用されている品種をブラインドで当ててもらう、というのもおもしろいかもしれませんね。

このワインが気になった方はコチラ
                
               
          
            

黒ブドウから造られる白色スパークリング〈ルー・デュモン キュヴェ・クロスケ〉

20143        
スパークリングワインというと、一部のワインを覗いてほとんどが透明(または黄金色)のいわゆる“発泡性の白ワイン”というかたちで仕上げられています。

事実、シャルドネなどの白ブドウのみを使用したスパークリングワインが多い傾向にあり、フレッシュでいきいきとした酸が魅力的な一本として世界中で楽しまれています。

しかし、“泡好き”の方ならご存知だと思いますが、黒ブドウから造られる“白色のスパークリングワイン”も多数存在します。

例えば、黒ブドウの果皮を無くして果汁のみで造られたワインを二次発酵させるなどすれば、赤色ではない透明なスパークリングワインとなる…という感じです。

この黒ブドウのみを使用して造られるスパークリングワインは、「ブラン・ド・ノワール(黒の白)」と呼ばれており、黒ブドウがもつ力強さや厚みを楽しめるため“通”の方たちにも人気が高いカテゴリです。

“これ、おもしろそう!ブラン・ド・ノワールにチャレンジしてみたい!”という方もいるでしょう。
           
              

20140          
となれば、おすすめは〈ルー・デュモン キュヴェ・クロスケ〉

フランス・ブルゴーニュでワインを醸す注目の日本人、仲田晃司(なかだ こうじ)氏が手がける「ルー・デュモン」とあの「スタジオジブリ」がコラボした人気I.G.P.シリーズのひとつで、ブラン・ド・ノワールで造られた珠玉の一本です。

使用されているブドウは、ピノ・ノワール90%、メルロー、カベルネ・フラン、シラー、グルナッシュ、サンソー10%と、全て黒ブドウ。

緻密なブレンドと日本人生産者らしい繊細でエレガントな味わいに酔いしれてみてはいかがでしょうか。

このワインが気になった方はコチラ
                
               
            
            

【番外】今話題のオレンジワイン〈ドメーヌ・ジャキーノ マリウス&シモンヌ〉

          
今回の主題は黒ブドウでしたが、番外編として白ブドウながら“オレンジ色”をしたワインも紹介します。

白ワインは、一般的に果皮と種子を取り除き果汁のみで発酵の工程へと進められます。白ワインのほとんどがフレッシュ&フルーティーな味わいを求められているため、果皮や種子由来の渋み、苦み、色などとは相性が悪いためです。

しかし、一方で白ブドウの果皮と種子を長期間漬け込んだ後、発酵の工程へ進められるという変わったワインも存在します。

そのワインは、白ブドウの果皮から抽出された色素成分が果汁に移ったことで、なんと美しいオレンジ色に…。
          
           

20142          
そう、これが今話題の「オレンジワイン」なのです。(ただ漬け込む期間が長ければいいというわけではなく、正しい製造方法があります)

世界最古のワイン製法ともいわれており、ワイン発祥の地である「コーカサス山脈一帯」で古くからオレンジワイン(カテゴリは近頃できたものですが)が造られている、という話題が近年注目を集めています。

さて、そんなオレンジワイン。

チャレンジしたい or 飲みやすいものを探している方にオススメしたいのが、〈ドメーヌ・ジャキーノ マリウス&シモンヌ〉です。
           
          

20141            
フランス・サヴォワにあるドメーヌ「ドメーヌ・ジャキーノ」が手がけるオレンジワインで、サヴォワの土着品種であるジャケールを100%を使用。

なんと、SO2不使用で仕上げられており、とてもピュアな味わいが特徴の一本となっています。

“なんか苦そう”とか“いがらっぽそう”とか“変な香りがしそう”と思われがちなオレンジワインですが、〈ドメーヌ・ジャキーノ マリウス&シモンヌ〉はその全てに当てはまらない素晴らしい品質。

オレンジピールやホワイトビールを思わせるフルーティーな香り。まるでジェラートを液体にしたような、しつこくない甘さが杯を進めます。

厳密にいえば違いますが、黒ブドウから白ワインの逆バージョンといった感じのオレンジワイン。

こちらも楽しんでみてほしいワインです。

このワインが気になった方はコチラ
                
               
           
           

変化球で楽しむワインの世界!

          
黒ブドウから赤ワイン。

ここまで読み進めてくれた方であれば、その常識から一歩踏み出せているはずです。

産地、品種、ボディ感、銘柄…。

ワインにはさまざまな選び方がありますが、こういった変化球的なワインを選ぶというのも楽しいものです。

ぜひ、定番だけでなく、おもしろいワインにも挑戦してみてください!
          
          

caveおすすめのワイン
  • 「サヴォワの巨星」が手掛ける、フルーティーで爽やかな印象のオレンジワインです。

    このワインは、サヴォワの土着品種であるジャケールを100%使用し、半分を樽で。そしてもう半分ををアンフォラで30日間マセラシオン(&アルコール発酵)した後、10ヶ月間のシュール・リー熟成を経ています。
    SO2は不使用ということで、ブドウ本来のピュアな味わいを楽しむことができます。

    美味しいオレンジワインをお探しの方!さらに、友人や知人にオレンジワインをオススメしたいと思っている方。
    ぜひ、この「マリウス&シモンヌ」をチェックしてみてください!
    「サヴォワの巨星」が手掛ける、フルーティーで爽やかな印象のオレンジワインです。

    このワインは、サヴォワの土着品種であるジャケールを100%使用し、半分を樽で。そしてもう半分ををアンフォラで30日間マセラシオン(&アルコール発酵)した後、10ヶ月間のシュール・リー熟成を経ています。
    SO2は不使用ということで、ブドウ本来のピュアな味わいを楽しむことができます。

    美味しいオレンジワインをお探しの方!さらに、友人や知人にオレンジワインをオススメしたいと思っている方。
    ぜひ、この「マリウス&シモンヌ」をチェックしてみてください!
  • スタジオ・ジブリとルー・デュモンが奇跡のコラボ!すべて黒ぶどうを使用したブラン・ド・ノワールのスパークリングワインです。

    粘土石灰質土壌で育った平均樹齢30年のブドウをステンレスタンクにて醸造。
    シャルマ方式で作られ、濃縮ぶどう果汁(MCR)によるドザージュは7g/lということで、飲み口優しい爽快な泡を楽しめます。

    ジブリ映画と共に愉しむのはもちろんのこと、ワイン会のおもたせやジブリ好き・アニメ好きの方へのプレゼントなどにもオススメなスパークリングワインです♪
    スタジオ・ジブリとルー・デュモンが奇跡のコラボ!すべて黒ぶどうを使用したブラン・ド・ノワールのスパークリングワインです。

    粘土石灰質土壌で育った平均樹齢30年のブドウをステンレスタンクにて醸造。
    シャルマ方式で作られ、濃縮ぶどう果汁(MCR)によるドザージュは7g/lということで、飲み口優しい爽快な泡を楽しめます。

    ジブリ映画と共に愉しむのはもちろんのこと、ワイン会のおもたせやジブリ好き・アニメ好きの方へのプレゼントなどにもオススメなスパークリングワインです♪
  • 赤ワインの「王道品種」であるカベルネ・ソーヴィニヨン100%で作られた”白ワイン”です!
    ヨーロッパではシャンパーニュ以外ではほとんど見ることがなく、カベルネ・ソーヴィニヨンの持つ青草のような風味が特徴的な味わいの白ワインに仕上がってます。
    赤ワイン用のブドウ品種であるため味わいに厚みがあり、さまざまな料理とも相性の良い、家飲み用として最適なカジュアル白ワインです。
    赤ワインの「王道品種」であるカベルネ・ソーヴィニヨン100%で作られた”白ワイン”です!
    ヨーロッパではシャンパーニュ以外ではほとんど見ることがなく、カベルネ・ソーヴィニヨンの持つ青草のような風味が特徴的な味わいの白ワインに仕上がってます。
    赤ワイン用のブドウ品種であるため味わいに厚みがあり、さまざまな料理とも相性の良い、家飲み用として最適なカジュアル白ワインです。
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事