【おまけレシピ】「ワイン×もんじゃ焼き」に挑戦!もんじゃ焼きを作ってみよう!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

【おまけレシピ】「ワイン×もんじゃ焼き」に挑戦!もんじゃ焼きを作ってみよう!

      
「ワイン×もんじゃ焼き」

メイン記事では、この相性の良さをお伝えしました。

ここでは、そちらに登場したもんじゃ焼きのレシピをご紹介します。

自宅でも簡単に作れるレシピになっているんで、ぜひチャレンジしてみてください!
    
     

教えてくださった方

20061

▲オタフクソース株式会社 お好み焼館 お好み焼課 東京分室 シニアスタッフの小笠原貴子さん

【基本】もんじゃ焼きの生地の材料

       
*生地の材料(目安:4回分)
・薄力粉 60g
・水1000cc
      
      

ウスターソースでつくるもんじゃ焼き(トッピング:明太子、きりいか、桜えび)

20060        
材料 1回分
・生地の材料 1回分
・キャベツ 300g
・オタフクきりいか お好みの量
・オタフク桜えび お好みの量
・オタフクいか天入り天かす天華 20g
・ユニオン特級ウスターソース 25cc
・サラダ油 適宜
・オタフク青のり 適宜 
・明太子 お好みの量
・オタフクお好みマヨネーズ お好みの量

1.ボウルに水、薄力粉入れよく混ぜ、ユニオン特級ウスターソースを加える。
2.ボウルにキャベツ、天かす、きりいか、桜えびを入れ、1回分の 生地(約270cc)を加える。
3.ホットプレートの温度を約200℃(中)にして、薄く油をひき、具材だけを取りだし、キャベツがしんなりするまで炒める。
4.③でドーナツ状の土手を作る。土手の中央に3回に分けて生地を流し込む。
5.生地が煮立ったら、土手を崩して混ぜ合わせ、薄く広げる。
6.明太子、お好みマヨネーズ、青のりをかけ、出来上がり。

明太子は崩して混ぜるのではなく中央に崩さずに置き、ヘラで少しずつ崩しながらもんじゃと食べるのがおすすめです。最初に混ぜると火が通り過ぎてしまいますが、こういった食べ方であれば半生状態で明太子の風味もしっかりと味わえます。また少量のバターをのせて食べるのもおすすめです。
       
       

お好みソースでつくるもんじゃ焼き(トッピング:もち、トマト、チーズ)

20058       
材料 1回分
・生地の材料 1回分
・キャベツ 150g
・紫キャベツ 150g
・オタフクいか天入り天かす天華 20g
・オタフクお好みソース(生地用) 30g
・サラダ油 適宜
・オタフク青のり 適宜
・切りもち(サイコロ状にカット) 1個 
・トマト(みじん切り) 半玉
・ピザ用チーズ 50gくらい(お好みの量)
・オタフクお好みソース(上掛け用) 30g(お好みの量)

1.ボウルに水、薄力粉入れよく混ぜ、オタフクお好みソース(生地用)を加える。
2.ボウルにキャベツ、天かす、もちを入れ、1回分の生地(約270cc)を加える。
3.ホットプレートの温度を約200℃(中)にして、薄く油をひき、②の具材だけを取りだし、キャベツがしんなりするまで炒める。
4.もちに火が通り始めたら、③でドーナツ状の土手を作る。土手の中央に3回に分けて生地を流し込む。
5.生地が煮立ったらトマト、チーズを加え、土手を崩して混ぜ合わせ、薄く広げる。
6.オタフクお好みソース(上掛け用)、青のりをかけ、出来上がり。

キャベツと紫キャベツを合わせると、見た目がぐっと華やかに。
       
         

塩焼そばソースでつくるもんじゃ焼き(トッピング:シーフード、チーズ、レモン、大葉、水菜)

20059     
材料 1回分
・生地の材料 1回分
・キャベツ150g
・紫キャベツ150g
・オタフクいか天入り天かす天華 20g
・オタフク塩焼そばソース 60g
・サラダ油 適宜
・オタフク青のり 適宜
・シーフード(えび、いか) お好みの量
・ピザ用チーズ 50gくらい(お好みの量)
・レモンの薄切り(1/8にカット) 1~2枚
・大葉(みじん切り) 3~4枚
・水菜(3~4cmの長さにカット) 50gくらい

1.ボウルに水、薄力粉入れよく混ぜ、オタフク塩焼そばソースを加える。
2.ボウルにキャベツ、天かす、大葉、少量のレモンを入れ、1回分の生地(約270cc)を加える。
3.ホットプレートの温度を約200℃(中)にして、薄く油をひき、具材だけを取りだし、キャベツがしんなりするまで炒める。
4.③でドーナツ状の土手を作る。土手の中央に生地を3回に分けて流し込む。
5.生地が煮立ったらチーズを加えて、土手を崩して混ぜ合わせ、薄く広げる。
6.青のりをかけ、横で炒めておいたシーフード、残りのレモン、水菜をのせて出来上がり。

トッピングのシーフードは火を通しておきましょう。
キャベツに紫キャベツを入れると、見た目がぐっと華やかに。水菜をのせてサラダ感覚で。お好みで仕上げにブラックペッパーを振ってもよく合います。
     
      

アレンジ無限大!ワインに合わせて作ってみよう!

20062       
もんじゃ焼きは、コツさえ覚えてしまえば手軽に作れる便利な料理です。

「冷蔵庫に残っている食材を入れても美味しくいただけますよ。」と、小笠原さん。

ワインに合わせて、いろいろな具材を使って作ってもおもしろうですね。

ぜひ、チャレンジしてみてください!
    
     

※All photo by 寺田智伸

         

関連コラム

       
・【ペアリング】「ワイン×もんじゃ焼き」はアリ!オタフクソース東京本部ビルで検証してきた!
       
       

ご参考

      
オタフクソース株式会社
     
     
・寺田 智伸(てらだ とものぶ)

19410       
フリーランスフォトグラファー
ソムリエ((一社)日本ソムリエ協会認定)
チーズプロフェッショナル(NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定)

大手ワイン会社で21年間務めたのち、フォトグラファーに転向。ワイン会社で培ったワインやチーズの知識、6年間在籍したデジタルマーケティング部門での経験とフォトグラファーをミックスして幅広く活動中。
ワインのみならず食を理解したディレクションが持ち味。

https://studio-terada.jp/
      
        

caveおすすめのワイン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事