シャンパーニュで認めらた3つのブドウ品種


シャンパーニュは3つの品種しか使えない

シャンパーニュを作る上で特に厳しいルールが、原料として使えるブドウ品種が指定の3品種に限定されている点です。
許されている品種は、白ブドウのシャルドネ、黒ブドウのピノ・ノワール、ピノ・ムニエです。

3つの品種の特徴

ここで、それぞれのブドウの特徴も簡単に覚えておきましょう。

シャルドネは、シャンパーニュ特有のエレガントさと繊細さの元となります。
ピノ・ノワールは、芳醇な香りと白ブドウにはない力強さをシャンパーニュに加えます。
ピノ・ムニエは、メインで使われることは少ないですが、熟成の早いワインを生むという特性があり、補完的に使われることが多いです。

ブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワール

また、シャンパーニュの中でも白ブドウのシャルドネだけで作られたシャンパーニュを「ブラン・ド・ブラン」と言います。

ブランは「白」を意味するフランス語で、白ブドウで造られた白ワインを意味します。

反対に、ピノ・ノワールとピノ・ムニエの黒ブドウだけで作られたシャンパーニュを「ブラン・ド・ノワール」と言います。
ノワールは「黒」を意味するフランス語で、黒ブドウだけで作られた白ワインを意味します。

これらのシャンパーニュは生産者の強いこだわりで作られることが多く、一般的なシャンパーニュに比べてとても高価くなるケースが多いです。



CAVE THE SELECT