【ワイン基礎知識】スパークリングワインとは?抜栓方法やオススメワインも紹介!~後編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

豆知識

【ワイン基礎知識】スパークリングワインとは?抜栓方法やオススメワインも紹介!~後編~

      
前編ではスパークリングワインの基礎知識、中編ではスパークリングワインの抜栓方法をお伝えしました。

最終回となる後編では、前編でご紹介した「瓶内二次発酵」と「シャルマ方式」、「炭酸ガス注入方式」で造られたそれぞれのスパークリングワインが登場。

メルシャンおすすめのスパークリングワインをメルシャン株式会社の営業本部 マーケティング部 輸入グループの澁田翔平さんにご紹介いただきます。
         
          

今回お話を伺った方

20002

▲ メルシャン株式会社の営業本部 マーケティング部 輸入グループの澁田翔平さん

       
       

瓶内二次発酵

        
★コドーニュ/コドーニュ バルセロナ 1872
        

20014       
「〈コドーニュ バルセロナ 1872〉は、スペインのワイナリー『コドーニュ社』が造るカバです。同社は、“カバ”というカテゴリ自体をつくった会社であり、スペイン初の王室御用達ワイナリーとしても知られています。〈コドーニュ バルセロナ 1872〉は日本オリジナルで、メルシャンとコドーニュ社が共同開発して誕生した商品です。日本人の味覚に合うように造られており、バルセロナをイメージしたパッケージもテーブルを華やかに演出してくれます。」

味わい&料理との相性

「瓶内二次発酵で造られているため、淡いというよりはしっかりとしたイエローの外観。トーストのようなニュアンスが感じられる、しっかりと味わいのスパークリングワインです。カバはスペインのスパークリングワインですので、お料理はピンチョスやフィンガーフード、オリーブなどの簡単なものがおすすめです。アペリティフから食中、食後までこれ1本で通すことができる万能なスパークリングワインだと思います。」


★コドーニュ/コドーニュ バルセロナ 1872 ロゼ オーガニック

19985       
「先ほどの〈バルセロナ〉のロゼですが、こちらはオーガニックです。コドーニュ社はヨーロッパ最大級の自社畑を有していますが、中でも徹底した管理のもとで栽培されたオーガニックのブドウを使用して造られています。食卓を彩るというコンセプトで、こちらも自社とスペインで共同開発したスパークリングワインとなっています。ちなみに、〈コドーニュ バルセロナ 1872 ロゼ オーガニック〉はガルナッチャ主体で、ピノ・ノワールとトレパットがブレンドされています。じつは、ピノ・ノワールがカバに使えるようになったのもコドーニュ社の働きかけによるもの、というエピソードもあります。」

味わい&料理との相性

「フレッシュなのですが、フルーティーでイチゴやサクランボといったチャーミングな味わいが特徴的です。辛口ではありますが、ドライ過ぎず酸味と自然な甘みをバランスよく感じられる仕上がりになっていると思います。基本的に幅広い料理に合わせやすいのですが、カツオやマグロを使った魚料理もよいのではないでしょうか。個人的には、正統派な“和”を思わせる料理との相性が好きですね。」
         
           

シャルマ方式

          
★コンチャ・イ・トロ/フロンテラ プレミアム スパークリング
       

19987       
「チリの『フロンテラ プレミアム』シリーズのスパークリングワイン〈フロンテラ プレミアム スパークリング〉。普段から気軽に手に取っていただける価格帯の一本です。ブドウにこだわっており、収穫はすべて手摘み。プチ贅沢ではないですが、週末に飲めるような味わいと価格になっていると思います。ちなみに、『2019年ジャパン・ウーマンズ・ワイン・アワード“さくら”金賞』を受賞した商品です。」

味わい&料理との相性

「とてもフレッシュな印象です。レモンやハーブ、ミントのニュアンスが感じられブドウのピュアさを楽しむことができます。辛口ですっきりとした味わいなので、新鮮なシーフードとの相性もバツグンです。」
         
         

炭酸ガス注入方式

          
★メルシャン/日本のあわ 甲州&シャルドネ
          

19986        
「山梨県、長野県、福島県産のブドウを使用したスパークリングワイン〈日本のあわ 甲州&シャルドネ〉。スパークリングワインのことを、“泡”と呼ばれる方も多いことから、日本のスパークリングワインを楽しんでいただきたいという思いで〈日本のあわ〉と名付けられた商品です。」

味わい&料理との相性

「甲州が主体ですので、スダチなど和のニュアンスを感じます。シャルドネをブレンドしたことで肉付きや奥行き、深さも与えられていますね。若鶏の棒棒鶏ゴマソース仕立てや新鮮なトマトのカプレーゼといった洋風から中華風のものはもちろん、個人的には天ぷらとの相性もよいと考えています。グリーンサラダとの相性もよいと思いますね。」
         
          

スパークリングワインの楽しみ方

20019         
幅広い製法のスパークリングワインをご紹介いただきましたが、スパークリングワインを楽しむコツというのはあるのでしょうか。

澁田「熟成を長期間経たスパークリングワインなどの場合、ただ冷やして飲むのではなく温度変化による味わいの変化を楽しんでみるとよいかと思います。最初はフレッシュだな…と思っていたものも、室温で温度が上がっていくとふくよかな味わいが出てくることがあります。温度によるいろいろな表情を楽しむのもよいのではないでしょうか。」

スパークリングワインといえばフルートグラスですが、近頃それにこだわり過ぎる必要もないといわれています。

澁田「フルートグラスにもよい部分は多いですが、特に気にせずにさまざまなグラスで楽しんでみてはいかがでしょうか。口が大きくあいたものであれば、香りをより多く感じることもできます。」

フランス駐在が長かった澁田さんですが、現地ではワインが身近なものとして飲まれていたことから、皆がスパークリングワインであってもグラスを気にせず自由に飲んでいたといいます。

スパークリングワインといって肩肘をはらず、自由に飲むということも美味しく飲むコツのひとつかもしれませんね。
         
         

いろいろなスパークリングワインを飲んで好みを探そう!

20016          
スパークリングとひとくちにいっても、その製法は多種多様。より、スパークリングワインの世界に興味を持たれたのではないでしょうか。

最後に、澁田さんにコメントをいただきました。

メルシャンにはひとつの商品だけでなく、さまざまな種類の商品が揃っています。『コドーニュ』のような瓶内二次発酵で造られた本格的なスパークリングワインがあれば肩肘張らずに楽しめるシャルマ方式の『フロンテラ』、フルーティーでよりカジュアルなスパークリングワインがよければ『シードル』もあります。ぜひ、さまざまな商品の中から自分に合うものを選んでいただければ幸いです。」

今回学んだスパークリングワインの基礎知識をベースに、いろいろなスパークリングワインを手に取ってみてはいかがでしょうか。
                

※All photo by 寺田智伸

       
        

ご参考

       
メルシャン
       
        

    
・【ワイン基礎知識】スパークリングワインとは?抜栓方法やオススメワインも紹介!~前編~

・【ワイン基礎知識】スパークリングワインとは?抜栓方法やオススメワインも紹介!~中編~
        
       

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事