オーガニックワインってそもそも何?ワールドオーダーの内山隼人さんと一緒にオーガニックワインについて学ぼう! ~前編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

オーガニックワインってそもそも何?ワールドオーダーの内山隼人さんと一緒にオーガニックワインについて学ぼう! ~前編~

        
近頃、話題のオーガニックワイン

健康志向の方や環境問題に関心がある方、安全で美味しいものを求めている方など、多くの方に親しまれています。

しかし、オーガニックワインは定義が曖昧な部分があり、全てのオーガニックワインが全く同じように造られている、というわけではありません。

そのため、“よくわからないけどオーガニックワインだから…”という理由でそういったワインを購入されている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回、カーヴはメルシャン株式会社へ突撃取材を敢行。

自給自足生活を目指しているというダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER(ワールドオーダー)」の内山隼人さんと一緒に、「オーガニックワインの基礎知識」を学びに行ってきました。

前編ではオーガニックワインに関する基礎知識ついて、後編ではメルシャンおすすめのオーガニックワインを内山さんがテイスティングした模様をお伝えいたします。

ぜひ、皆さんも内山さんと一緒にオーガニックワインについて学んでいきましょう!
          
         

今回お話しを伺った方

19851

▲ WORLD ORDER(ワールドオーダー)の内山隼人さん(左)と
メルシャン株式会社の澁田翔平さん(右)

          

ナチュラルな生活に関心の強い内山さん

        
内山さんは自給自足を目指した、“ナチュラルな生活”に強い関心があるそう。

家庭菜園というスタイルではありますが、ご自身で野菜も育てています。
           

19843         
「農法にはいろいろあると思いますが、僕は“自然農法”で野菜を育てています。耕さず、除草はするのですが鎌で刈るだけで根は抜きません。肥料も刈った草を敷くだけというやり方です。」


日常生活においても、選択肢がある限りナチュラルな造りの食品を購入しているという内山さん。

そんな内山さんは、オーガニックワインにはどんなイメージを持たれているのでしょうか。

「僕も環境問題について考え、自然農法という方法を選びました。オーガニックワインは飲む側にとっても体によさそうですし、土をはじめ育てる環境にもおいても健康的な印象です。造られた背景などを想像することがあるのですが、僕にとっては楽しく飲めそうなイメージですね。」と内山さん。

オーガニックワインに良い印象を持たれているようですが、もしご自身が購入する場合はどのような基準で選ばれているのでしょうか。

「品種などや重さなどを一応見るのですが…すみません。詳しくないので結局ラベルデザインで選んでしまっています。クラフト感のあるデザインを手に取ることが多いかもしれません。とはいえ、通常のワインとオーガニックワインが並んでいれば後者を手に取ることは間違いありませんね。」

内山さんと同じように、選ぶならオーガニックワインという方も多いかもしれません。

しかしそのワインがどんな生産者でどのような造りなのか…というところまでは踏み込めない現状も。

「オーガニックワインのイメージはとてもいいです。なので、いろいろと知りたいですね。」と内山さん。

早速、オーガニックワインについて一から学んでいきましょう。
          
           

オーガニックワインの定義

         
今回、オーガニックワインについてお話をお聞きしたのは、メルシャン株式会社の営業本部 マーケティング部 輸入グループの澁田翔平さん

まずはオーガニックワインの定義からお聞きしました。
        
         

19844        
「オーガニックワインとは、農薬や化学肥料を使用しない有機栽培のブドウを使用し、さらにオーガニックの認証機関の定める基準に従って醸造され、ワインにしたものを指します。」

オーガニックワインと一口にいってもさまざまあり、“自然派ワイン”とか“ヴァンナチュール”などと呼ばれるものもありますが、こういった呼び方のワインについての認証機関はないようです。

「自然派ワインやヴァンナチュールは、公的な認証機関がないので曖昧な部分がありますが、“オーガニック”や“ビオ”といったマークをラベルに記載するためには認証が必要です。認証機関に認められて初めて、オーガニックワインという商品を販売することができます。」と澁田さん。

オーガニックワインを選ぶ際にはまず、「認証機関の厳しい基準をクリアしているワインなのか」という部分がひとつ基準になりそうです。

「ラベルに、“オーガニック”と記載してある場合、認証機関の基準をパスしているということになります。また、選び方のひとつとして、認証マークなどが参考になると思います。」


☆オーガニックワインの認証機関(一部)

ユーロリーフ(EU)
エコサート(本部:フランス)
ソヒスサート(スペイン)
ビオアグリサート(イタリア)
ビオディバン(フランス)


オーガニックワインを選ぶ上で、これら認証機関マークが表示されているのかもチェックしておきたいところです。
         
          

オーガニックワインの農法について

19845        
オーガニックワインは農法にも特徴があるようです。

「まず、“リュットレゾネ”と呼ばれる減農薬農法があります。これはなるべく農薬や化学肥料を使わず必要に応じて使うという農法で、オーガニック業界のベースとしてある農法です。ただしオーガニックワインの場合、リュットレゾネではなく農薬や化学肥料を一切使用せず自然由来の有機肥料のみを使う、“オーガニック栽培”にて収穫されたブドウしか使用できないことになっています。」

リュットレゾネより厳格な農法で栽培されたブドウを使用している。

これが、ひとつオーガニックワインの特徴です。

「オーガニック栽培よりさらに一歩踏み込んだ農法に、“ビオディナミ農法”というものがあります。少し哲学的な農法になるのですが、月の満ち欠けに合わせて土を耕したり葉の手入れをしたり…。また、特殊な肥料が使われたりもします。」と澁田さん。

科学的根拠はあるわけではないですが、美味しい…と評価されているワインも多く、海外では数多くの生産者が同農法を採用しているそうです。
           
             

健康的?オーガニックワインのイメージ

       
内山さんのコメントにもあったように、オーガニックワインは健康とか美味しいとか、そういったイメージが強いようです。
        

19848       
「オーガニック農法を採用している生産者には、大きくわけて二つの考え方のタイプがあります。」と澁田さん。

「ひとつが、自然環境に優しい造り方でブドウ栽培することが地球環境を守ることに繋がるという哲学で採用している生産者です。持続可能な農業をすることで、次世代にその環境を残せるという考え方です。もうひとつが、良いブドウを造るためにオーガニック栽培に行き着いたという生産者。ワインはブドウ100%で造られるため、ブドウの品質が味わいに大きな影響を与えます。なるべく自然なかたちでブドウ栽培にこだわった結果、オーガニック農法を採用しているタイプです。」

目的は違うにせよ、どちらも環境や自然に配慮したブドウ造りであることは間違いありません。

「健康的…というイメージでいえば農薬を使用しない農法なのでそれらが検出されることはないでしょう。ただ、農薬や化学肥料を使用しないことにより畑で働く人や土壌、環境、飲む側にとっても“優しい”という言い方はできるかもしれません。」

オーガニックワインは、健康的なワインというより、“優しいワイン”と考えた方がよさそうです。
            
          

一般的なワインとの味わいの違い

19847         
オーガニックワインの味わいは、一般的なワインとはどう違うのでしょうか?

“ワインしだい”という回答になってしまいます。オーガニックワインだから絶対にこの味わい、ということを言い切ることはできません。生産国や使用品種によって味わい自体が変わってきますし、一口にオーガニックはこういう味わい…というのは答えにくいところです。」と澁田さん。

とはいえ、オーガニックワインらしい特徴が一点あるようです。

「いいブドウを栽培するということで“ピュアな果実味”を出した高品質なワインを造りたいと思っている生産者は多いでしょう。そのため、オーガニックワインには果実味がしっかりとしているものが多い傾向にはあると思います。」

全てのオーガニックワインに絶対共通する味わい…というものは定義しにくいですが、澁田さんがいうように、“果実のピュアな味わい”が楽しめる部分はオーガニックワインに感じられる部分。

地球環境と品質にこだわるブドウ栽培がもたらす結果なのかもしれませんね。
          
           

オーガニックワインのリスク?

         
オーガニックワインの中には、正常な味わいなのか判断しかねるようなものもあります。

やはり、ナチュラルな造りのワインの場合、ブドウ栽培から醸造に至るまでそれなりにリスクがあるようです。

「オーガニックワインは、農薬や化学肥料を使用しない農法のため、ブドウが病気になるリスクが高い農法といえます。」と澁田さん。
         
        

19846         
「また、オーガニックワインはワイン醸造においても規定があります。添加物などの使用が認められていなかったり、酸化防止剤の添加量も通常のワインと比較して厳しく規定されています。ワインの輸送途中に添加物が少ないことでワインに悪影響が及ぶことも…。造る方に相当なリスクがあると考えられます。」

そのため、オーガニックワインは造り手の実力がかなり反映されてしまうワインであり、優れたワインを造る腕前を持っている生産者でないと健全なものができない…という厳しさもあるのです。

だからこそ、消費者としては健全なオーガニックワインを選びたいところ。

私たちはどうすればよいのでしょうか。

「まず生産者を選ぶことです。規模の大小にかかわらず、信頼できる生産者を選ぶことが第一条件だと思います。また、輸入元にも注目しましょう。ワイン輸入業者であれば、オーガニックワインなどを仕入れる際に最低限の基準を設けているはずです。そのため、一度手に入れたオーガニックワインが美味しかった…と思えたら、その輸入業者の選んだものは次回も安心して購入できるのではないでしょうか。」と澁田さん。

では、メルシャンはどのような基準でオーガニックワインを選んでいるのでしょうか。

「メルシャンとしては、まず“品質が確実によいこと”を条件としています。そして、“欠点がないこと”。オーガニックワインは還元的な香りも出やすいので、こういった欠点を出さないワイン造りができる生産者を選んでいます。そして、最も大切にしているのは価格です。素晴らしい品質でありながらお客さまの手に届きやすい価格で提供できるかどうか。私たちは厳しい基準で、オーガニックワインを選んでいます。」

美味しく健全なオーガニックワインを手に入れるコツ。

まずは生産者を知ることですが、それが難しいという方は輸入元を吟味してみるとよいかもしれません。
          
        

オーガニックワインは奥が深い!

        
前編ではまず、メルシャン株式会社の営業本部 マーケティング部 輸入グループの澁田翔平さんにオーガニックワインの基礎知識をお話いただきました。

基礎的な部分だけでも、とても興味深いと思われた方は多いのではないでしょうか。オーガニックワインは奥が深く、探求しがいのあるカテゴリです。

さて、後編では内山さんがメルシャンおすすめのオーガニックワインをテイスティング!

ぜひそちらもチェックしてみてください。
         
          

※All photo by 寺田智伸

         
          

ワールドオーダー最新情報

17359        
ダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER(ワールドオーダー)」のメンバーである内山さん。最新情報をお聞きしました。

「ワールドオーダーは、12月20(金)と21日(土)の二日間、御茶の水の神田明神ホールで単独ライブを行ないます。12月で結成10周年を向かえるワールドオーダー。今のワールドオーダーが持つ力を最大限発揮した、最高の舞台にしたいと思っています。ぜひ、お越しください!」

全三回公演だそうなので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください。
        
        

ご参考

       
メルシャン

ワールドオーダー
       
         

関連コラム

         
オーガニックワインってそもそも何?ワールドオーダーの内山隼人さんと一緒にオーガニックワインについて学ぼう! ~後編~
         
           

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事