令和はシードルでクリスマス!「メルシャン おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル&グレープフルーツシードル 体験会」をレポート!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

令和はシードルでクリスマス!「メルシャン おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル&グレープフルーツシードル 体験会」をレポート!

     
“おいしい!”と話題のメルシャン 〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル〉

以前、カーヴでも特集しましたが(※過去の記事はコチラ 》)、この「おいしい酸化防止剤無添加ワイン」ブランドに新商品が仲間入りする…という情報を手に入れました。

なんと、グレープフルーツ果汁を100%使用した〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン グレープフルーツシードル〉だというのです!

先日、同商品のお披露目を兼ねた「メルシャン おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル&グレープフルーツシードル 体験会」が開催され、カーヴも参加。

さらに、“クリスマスにシードルを楽しもう!”ということで、それらに合う料理とのペアリングも楽しむことができました。

今年のクリスマスは、令和になって初めてのクリスマス。

ぜひ、参考にしてみてください!
       
       

なぜクリスマスにシードル!?

19691       
体験会で商品説明などを担当していたのは、メルシャン株式会社マーケティング部 国産グループ ブランドマネージャーの大林万希子さん

クリスマスシーズンのワイン市場や日本のシードル市場、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル〉が人気の理由について解説がありました。

11月から12月はワイン需要が高まる時期であり、特に12月は普段ワインを飲まれない方はスパークリングワインなど、“しゅわっと泡立つお酒”を選ぶ傾向にあるそう。

さらに今年のクリスマスは平日ということもあり、自宅で気軽にクリスマスを過ごす方も多いのではなかろうか…ということです。

とはいえ、なぜシードルなのでしょうか。
       
      

19697       
まず、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル〉はワイン好きの方はもちろんですが、ワインビギナーの方に特に支持されている商品で飲用シーンが幅広いところも魅力。

中でも若年層女性ユーザーからの支持が特に高く、カジュアルに過ごすクリスマスにはぴったりなお酒では?ということです。

たしかに本格的なスパークリングワインは難しいというイメージもありますし、集まる仲間が全てワイン通というわけではないクリスマスパーティーだってあるでしょう。

ご家族の中にも、そこまでお酒に強くないけど泡は飲んでみたい…という方もいるかもしれません。

個人的な意見ですが、いろいろな方が集まるカジュアルなクリスマスパーティーで高級シャンパーニュを一本購入するのもアリですが、その軍資金の一部でたっぷり〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル〉を持ち込む、というのもおもしろいような気がします。

見た目に華やかですし、カジュアルなのに豪華な雰囲気も演出できますよね。

「令和は“カジュアルクリスマス”がちょうどいい。」

今年のクリスマスの食卓に、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル&グレープフルーツシードル〉も仲間入りさせてみてはいかがでしょうか?
        
         

〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン グレープフルーツシードル〉はかなりオススメ!

19692        
「おいしい酸化防止剤無添加ワイン」ブランドに新しく仲間入りした、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン グレープフルーツシードル〉。

一体どんな仕上がりになっているのか気になっている方もいるでしょう。

以前お伝えした大林さんへのインタビューでも、原料から製法にこだわっている…と力強く答えてくれましたが、同商品もその軸はぶれておらず、こだわりが詰めこまれたクオリティの高い仕上がりとなっていました。

酸化防止剤無添加のグレープフルーツ果汁を使用しており、グレープフルーツの果実まるごとのおいしさが詰め込まれた混濁果汁も一部使用。

グレープフルーツの香りの特徴であるフルーティーな香りを引き出す酵母の使用やメルシャン独自の「フレッシュ製法」にこだわるなど、相変わらずのこだわりよう。

爽やかなグレープフルーツのフレッシュな香り。飲み口はシャープで炭酸と柑橘系の風味、酸のバランスが完璧です。
         
        

19698       
さらに、後味にほのかな苦みを感じるため、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル〉に比べるとちょっぴり大人っぽい印象。

いやな甘さも一切感じさせない仕上がりなので、ワイン好きの方でも納得できる味わいになっているのではないでしょうか。

ちなみに、同席したカーヴでもお馴染みカメラマンの寺田さんも、「これ、好きです!」と大絶賛。

個人的には、チューハイのような甘さもなくアルコール感もちょうど良いので、普段使いするなら間違いなくこちらを選びたいところです。

もちろん、チューハイも飲みますけど…。
        
        

料理との相性の良さを再認識!

19699        
体験会の後半。

なんと、こちらもカーヴお馴染み料理研究家の尾田衣子さんが登場!

「2つのシードルで過ごす、“カジュアルクリスマス”な食卓」をテーマに、リンゴ&グレープフルーツのシードルに合わせたオリジナル料理が提供されました。


●チキンとオレンジのチーズグリル×グレープフルーツシードル   

19693         
鶏もも肉にたっぷりキノコ、オレンジ、カマンベールチーズなどが入った香り豊かな華やかな一皿です。

尾田さんいわく、「オイル系のイタリアンドレッシングやオニオンドレッシングがグレープフルーツとの相性が良いのでおすすめ。オレンジの輪切りも入っていますが、柑橘同士相性が良いのでぜひ入れてほしい。」とのこと。

少しオイリーで複雑な風味の料理にグレープフルーツのシードルの爽やかさ、ほろ苦さが良く合います。


●和風ミートソースパスタ×リンゴのシードル
        

19694         
一見すると普通のミートソースパスタに見えますが、実は味噌や醤油を使った“和”のテイストがプラスされているユニークな一皿。

深みとコクが出る上にリンゴの甘みがマッチ。

香りがより広がる、最高のペアリングを楽しむことができます。

「一般的なパスタでもいいですが、パーティー中など話に花が咲いてしまいパスタが冷えて固まってしまうことも…。ショートパスタを使い、カップに入れて提供すれば食べやすくなるのでおすすめです。」と尾田さん。

たしかに美味しいお酒と楽しい仲間がいれば自然と話が盛り上がり、料理が放置されてしまうこともしばしば…。

ちょっとしたテクニックを駆使し、みんなにしっかりと食事も食べてもらいましょう。


●シュワシュワ フルーツゼリー× グレープフルーツシードル
          

19695        
最後に提供されたのは、デザート。

「材料は全て市販のものを使い、誰でも手軽に作れるようにレシピを作りました。」と尾田さん。

グレープフルーツにパインやブドウなどの冷凍フルーツ、バニラアイスやミントが入った爽やかで気分も上がる一皿です。

食べて…飲んで…というペアリングでも十分に美味しいのですが、尾田さんからおもしろい提案が。

「カップの中にグレープフルーツシードルを思い切って入れてしまってください!」

シュワシュワの泡が見た目にもキレイですし、少しいけないことをしているような気分になり会場も大盛り上がり。

メロンソーダの要領というようなことを尾田さんは言っていましたが、このアイデアはなかなか出てきません…。
      
         

19700       
体験会では小さなカップでしたが、ロングサイズのパフェグラスなどを使うのもおすすめだそうなので、ぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに、リンゴ&グレープフルーツのシードルに合わせたオリジナル料理のレシピなどは「おいしい無添加防止剤ブランド」の公式ホームページからチェックができます。

そのほか、尾田さん考案のユニークで美味しいレシピが多数掲載されているのでぜひ今年のクリスマスの参考にしてはいかがでしょうか?
         
          

クリスマスはシードルで楽しもう!

       
ここでは、〈おいしい酸化防止剤無添加ワイン グレープフルーツシードル〉について、また2つのシードルに合う料理などを紹介しました。

リンゴのシードルと同様に、グレープフルーツシードルもさまざまなシチュエーションで楽しめるおすすめの一本です。
        

19696       
ちなみに、当日の会場内はクリスマス一色にデザインされていたのですが、この雰囲気にシードル&グレープフルーツシードルが違和感なく溶け込んでいたのも印象的でした。

令和は“カジュアルクリスマス”がちょうどいい。

ワイン好きのみなさん。

今年は、このテーマでいきましょう!
       
      

ご参考

     
メルシャン


「おいしい酸化防止剤無添加ワイン」
         
         

※All photo by 寺田智伸

        
        

CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事