【オリンピック×ワイン】東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワイン『サントネージュ』を知ろう!完全予約受注の新商品も紹介!~前編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

【オリンピック×ワイン】東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワイン『サントネージュ』を知ろう!完全予約受注の新商品も紹介!~前編~

          
2020年(令和2年)、ついに『東京2020オリンピック』が開催されます。

“東京にオリンピックがやってくるなんて夢のようだ!もう、待ちきれない!”ということで、数多くのオフィシャルグッズを購入するなど、来るべきその日に備えて着々と準備を進めている方も多いのではないでしょうか。

さて、そんな『東京2020オリンピック』。

ワインカテゴリーにおいて唯一の東京2020オリンピック・パラリンピック ゴールドパートナー(ビール&ワイン)が、アサヒビール株式会社であることをご存知でしょうか?

つまり、東京2020オリンピックオフィシャルワインはあの日本ワイン『サントネージュ』なのです!

今回、スポーツ(も)大好きカーヴ編集部はアサヒビール本社に突撃。

あらためて『サントネージュ』とはどんなワインブランドなのか…ということをお聞きしてきました。

さらに、新商品〈サントネージュ 限定醸造日本ワイン 5品種ブレンド〉の情報も…。

ぜひ、最後までお楽しみください!
           
            

今回お話しを伺った方

19048

アサヒビール株式会社 マーケティング本部
ワインマーケティング部 担当課長 手塚史子さん

           

『サントネージュ』について

   
東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワイン『サントネージュ』

“なんとなく聞いたことはあるけど…どんなブランドなの?”という方も少なくないかもしれません。
         
          

19050           
「『サントネージュ』は、フランス語で“聖なる雪”という意味。山梨県にワイナリーが位置しており、日本最高峰の山の頂にかかる雪がこの名の由来となっています。“良いワインは良いぶどうから”。この姿勢にもとづいて、クオリティの高いワインを造り続けているワインブランドです。」と、手塚さん。

醸造所としては1947年に設立されており、「サントネージュ株式会社」に社名が変更したのは1972年。

実は、歴史あるブランドだったのです。

「ぶどうは山梨県産と山形県産が中心。自社畑は山梨県と北海道余市にあります。余市では現在ぶどうを育てている状態で、こちらは2023年のヴィンテージを目指しています。」

特撰シリーズや産地シリーズ、アッサンブラージュシリーズ、スパークリングシリーズなど、すでに『サントネージュ』の日本ワインにはさまざまなラインアップが揃っています。

2023年以降、余市のワインが増えることでさらに新たなワインが楽しめると思うだけで、気分が高まってきますね。
               
             

味わいについて

19051            
『サントネージュ』の味わい。

これも、飲み手としては気になるところです。
          
           

19056             
雑味がなくとてもクリーンで飲みやすい、という評価をいただいています。特に甲州は香りが良く味わいがすっきりとしていると評価されているので、お食事と一緒に飲んでいただきたいです。」

ワインの個性を強調するというよりは、食事に合うワイン…。

個人的にもとてもエレガントな味わいが『サントネージュ』の魅力だと思っています。

和食を楽しむ繊細な日本人にはぴったりなのではないでしょうか。
              
               

どんなイメージのワインブランド?

19053             
「サントネージュワインでは日本ワイン『サントネージュ』以外にも、「リラ」や「摘みたての贅沢」などさまざまなワインを造っており、国内でもさまざまな印象を持たれています。“昔からある歴史あるワイナリー”という印象とか“手軽なワインを造っているところ”とか、お客さまの認識もさまざまです。」

カーヴでも以前からサントネージュワインのブランドを紹介していますが、どれもこだわりが詰め込まれた素晴らしいものばかりです。※過去記事はこちら ≫

ただ、その一方でまだ認知度が低いのが実情なのだそう。

「近頃では、“質の高い日本ワインを造っているブランド”という評価をいただいています。さらに国内外のワインコンクールでも数多くの賞を獲得しているのですが、日本での認知度はまだまだ低い。さらに、ぶどうの量も限られているため生産量もまだまだ少ないです。まずは日本の方々に知ってもらうことを目標としています」と、手塚さん。

日本ワインと一口に言ってもその種類はさまざま。そこに海外産のワインも入ってくれば、なかなか『サントネージュ』に出会えない方もいるかもしれません。

東京2020オリンピックを機会に、『サントネージュ』を一度手に取ってほしいと思います。 
              
            

東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワインとして…

              
東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワインに選ばれた『サントネージュ』。
同ブランドはオリンピックを通じて、どのようなことに貢献したいと考えているのでしょうか。
        
         

19055           
「『サントネージュ』のお話をしましたが、そもそも日本ワイン自体の認知度も高くありません。これを機に、“日本ワイン”自体がアピールできればいいな、と考えています。」と手塚さん。

「後ほどご紹介する〈サントネージュ 限定醸造日本ワイン 5品種ブレンド〉を出したり、オリジナルなパッケージを展開したり…。幅広いお客さまに手に取ってもらう機会をつくることで、日本ワインを広めていくことに貢献できるのではないか、と考えています。」

スポーツイベントと絡めたイベントがあるかなど、まだ先のことはわかりませんがこれから『サントネージュ』の露出が高まっていくことは間違い無さそうです。

カーヴ的には、オリンピック関連イベントか何かで『サントネージュ』を見かけた際、“このワイン美味しいから飲んでみなよ!”と、友人や知人にぜひ一声かけていただきたいですね…。
            
            

早速新たな商品が登場!?

19059              
歴史のあるワインブランド、こだわりの造り、料理に合わせやすい繊細かつエレガントな味わい…。

そして、東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワイン。

言うこと無しです!

さて、そんな『サントネージュ』から東京2020オリンピックに向けて気分を高めてくれる新商品が発売されるそう。

一体、どんな商品なのか後編でお伝えしていきましょう!


関連コラム

          
・【オリンピック×ワイン】東京2020オリンピック・パラリンピック オフィシャルワイン『サントネージュ』を知ろう!完全予約受注の新商品も紹介!~後編~
         
           

『サントネージュ』は和の風景に合う!

19058          
            

ご参考

          
サントネージュ


サントネージュ 限定醸造日本ワイン5品種ブレンド 赤


サントネージュ 限定醸造日本ワイン5品種ブレンド 白
           
        

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事