セニエ法(Saignee)とは?


セニエ法の特徴

セニエとは、フランス語で「血抜き」を意味する醸造方法で、赤ワインを醸す過程で、短い時間醸したあとで液体部分を一部抜き取る作業を指します。

主に、液体の中の果皮や果肉、趣旨の比率を高めることで、より凝縮感を出すために取られる醸造方法です。

セニエ法からロゼワインが生まれる

また、このセニエによって抜き取られたやや薄い液体部分がロゼワインとなります。

従って、セニエによって凝縮感を出した赤ワインを生産しているシャトーでは、多くの場合ロゼワインも生産しています。

このようにロゼワインは赤ワインの二次生産物の側面もあるのですが、反対にロゼワインだけを造ることを目的にセニエ法を行う生産者も多くいます。


caveおすすめのワイン