『意識低い系』デザイナーが、「ワインのイメージ」だけで作った告知チラシがアツい!北陸の人気イベント「EAT WINE! TOYAMA 2019」にみんな集合!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワイン・イベント情報

『意識低い系』デザイナーが、「ワインのイメージ」だけで作った告知チラシがアツい!北陸の人気イベント「EAT WINE! TOYAMA 2019」にみんな集合!

           
日本各地で開催されている、ワインイベント。

超高級ワインを提供するイベントやワイン関連の協会や輸入業者が開いているもの、主催者の趣味で開かれているものなど、さまざまな種類のワインイベントが存在しています。

そんな中、なぜか告知ツールに注目が集まっているワインイベントがあるという噂を聞きつけました。

それが、「EAT WINE! TOYAMA(イートワイン トヤマ)」

ワインやフードはもちろんですが、その告知ツールが「ワイン」というイメージを良い意味で覆すユニークな切り口ということで毎年話題になっているようです。

一体、どんなデザインなのか…。

早速、紹介していきましょう。
            
            

一般的なワインイベントのようだが…

18955          
「EAT WINE! TOYAMA(イートワイン トヤマ)」は、富山市で毎年秋に開催される、北陸最大級のワインフェスティバル

北陸近県を中心に、全国からワインバーやイタリアン、フレンチの料理人、インポーターなどが集まる知る人ぞ知るイベントとして人気を博しています。

ここだけの情報であれば、同イベントは普通に楽しそうなワインイベントといった感じです。

しかし、2017年。

同フェスティバル第7回の開催にあたり、新規デザイナーとしてデザインスタジオROLE(ロール)の羽田純さんが起用されてから事態は一変したようです。(良い意味で)
           
              

デザイナー、ワインの知識無し!

18956           
ワインというと、「オシャレ」「高級」「洗練」「勝ち組」といったイメージがある方も多いでしょう。

また、ワインに詳しい方であれば、「知的探究心を刺激するお酒」「世界旅行」「熟成という神秘を体験」など、ちょっと小難しい世界を楽しめるお酒というイメージもあるかもしれません。

それは悪いことではありませんし、今までの「イートワイン トヤマ」もワイン通だからこそできるアプローチによる、「ワイン好き」をターゲットにしたオシャレで洗練されたものが主流だったようです。

しかし、告知ツールなどのデザインの依頼を受けた羽田さんは困惑します。

「ワイン、あんまり知らないし…。普段、ビール(しかも発泡酒)ばかりだし…。そもそもワインの作法も知らないし!」

明らかにデザイナー自身がワインに対する知識不足だったことに強烈な不安を覚えたようです。

そのため、ワインを徹底的に勉強するところから始めた羽田さん。

一からワインに知識を得るために努力を続け、一ヶ月後に制作に取りかかろうとした時、ふと思ったそうです。

「ワインの勉強をして一ヶ月。確実に素人の状態にもかかわらず、ワインのプロ軍団相手にドヤ顔で何を語れば良いのか…」と。
            
           

知らないことを武器にした、最強のコンセプト考案!

18957            
知ったかぶりで人の心は動かせない。

そう考えた羽田さんは悩んだ末、発想を転換し(半ばやけくそ)、知らないことを武器にしたデザインを考案します。

自分以外にもワインを知らない人がたくさんいるはず。

今までのセオリー通りのトーン&マナーを踏襲するのではなく、“ワインを知らない自分”だからこそ提案できる広告を作ろう、と思い立ったのです。

完全に発想を転換させた羽田さん。

自分の『意識低い系』の部分を全面に出すと続々とイメージが湧き上がってきたそうです。

そして、辿り着いた最強のコンセプトが…、

「ワインは雰囲気」ということ。

個人的にもわかります。

間違いなく、ワインは雰囲気でしょう。
          
            

脳裏に焼き付く強烈なデザインの数々!

          
ちなみにデザインの多くは、「正直、ブドウの品種名が、ほぼ呪文に見える」「シャレたイタリアン料理店の名前が、ゲームのキャラ名に見える」といったところがアイデアソースとなっているそう。

確かに、ドイツの「シュペートブルグンダー」など、冷静に考えると戦車や戦闘機のネーミングにしか見えません。

そして完成したデザインがこちら。

まずは、「イートワイン2017」のチラシデザインの一部をこちらでご紹介しましょう。
           
              
●ゲヴェルツ・トラミネール

18947いそう。マジで、こういう選手いそうです。



●シラー

18949これは、まさかの…。美味しすぎてI'll be backとかズルいです。



●シャルドネ

18948世界的女スパイ「シャルドネ」。特に違和感を感じない自分が怖いです。



あまりにぶっ飛んだデザインでありながら、このデザインは大ウケ。

北陸3県のコピーライターズクラブ審査会(HCC)でもトップ10に入る賞を受賞するほか、デザインの全国審査でも評価されたそうです。

この結果に開き直った羽田さん。

「イートワイン2018」にはさらに過激なテーマに挑戦します。

まさかの、『知ったかぶりを楽しもう』



●俺ビールだと悪酔い

18950普通にムカつきますが、分からんでもないコメントです。



●さっぱり軽くもある

18952いや、もうどっちでもいいっす。



●知らないうちに酔ってしまう

18951これ、ワインをあまり飲まない方…めっちゃ言ってます…



●コレ系のやつ

18954たっぷりとコレ系を愉しみ、翌日銘柄を一文字も覚えていないヤツですね。



皮肉を感じさせるデザインながら、またも大ウケ。

こちらも、コピーライターズクラブの賞を受賞したそうです。
             
                

2019年も見逃せない!

              
2017、2018年と面白広告をぶちかましてきた羽田さん。

今年開催される「イートワイン2019」は、“知識の有無に関係なく、知ろうとする心意気や好奇心”をデザインしたそうです。

とはいえ、「知る」といってもその楽しみ方は人それぞれ。

ということで、今年のコンセプトは「ワインの楽しみ方には、個人差があります」に。

伝家の宝刀『個人差あります』喚起をワインの世界に持ってきた、業界初(?)の告知方法となっており、今回は漫画仕立てのチラシになっています。
           
           
●ガスタンク

18944           
●健康診断

18945           
●これは恐らくワインです

18943どうでしょうか。

とにかくシュールですが、個人的にめちゃくちゃ好きです。

チラシをコンプリートして部屋に貼っておきたいくらいですね。
             
              

とにかく楽しめ「イートワイン」!

18959             
斬新過ぎる告知チラシで話題の「イートワイン」。

今年も「EAT WINE! TOYAMA 2019」の開催が迫ってきています。(2019年10月20日(日))。

今コラムでも、ワインイベント紹介でありながら、イベント内容には一切触れずに告知デザインの紹介のみ、という謎の形態を取らせていただきました。

しかし…しかしです。

こんな面白告知チラシを起用しているワインイベントが楽しくないはずがありません!

北陸近県の方はもちろん、ぜひ遠方の方も「EAT WINE! TOYAMA 2019」に参加してみてください。

ワインとフードを楽しみながら、ワインの面白ネタで盛り上がりましょう!

イベント概要

18965        
北陸最大級の、食とワインのフェスティバル EAT WINE! TOYAMA 2019

日時:2019年10月20日(日) 12:00〜21:00
場所:富山県富山市 総曲輪グランドプラザ

国内ワイナリーや全国のインポーターが参加。多数のワインを飲み比べできる、年に一度の祭典!

http://eatwine.org

https://www.facebook.com/EatWineToyama/
         
          

18962         
株式会社ROLE
羽田純(はねだじゅん)
アートディレクター/デザイナーJAGDA、TOYAMA ADC、高岡伝統産業青年会会員(現 副会長)
http://www.role.ne.jp
         
           

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事