ロゼシャンパーニュを楽しむならこの1本!「シャスネ ・ ダルス キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」に酔いしれる!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

ロゼシャンパーニュを楽しむならこの1本!「シャスネ ・ ダルス キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」に酔いしれる!

         
フランスをはじめ、世界的に人気を集めているワイン「ロゼワイン」

日本においても、「ロゼ=甘口」というイメージが払拭されつつあり、辛口のロゼワインを手に取る方も増加傾向にあるようです。

さて、そんな人気のロゼ。

こことはひとつ、シャンパーニュで楽しんでみるのはいかがでしょうか。

今回紹介するのは、シャンパーニュ地方のコート ・ デ ・ バールに本拠地を構える「Chassenay d’ Arce(シャスネ・ダルス)」のロゼシャンパーニュ、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」

どんなシャンパーニュなのか、ぜひチェックしてみてください。
           
            

知る人ぞ知る、魅力溢れる生産者「シャスネ・ダルス」

18573            
今回紹介する、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」を造る生産者は「シャスネ・ダルス」

1956年に創立されたメゾンで、シャンパーニュ最南端のコート・デ・バールのヴィル・シュール・アルスに位置しています。


シャスネ・ダルス」は、シャンパーニュの生産者の中では少し珍しい、「コーペラティブ・マニピュラシオン(以下、CM)」という生産者協同組合で、なんと約130以上のブドウ栽培農家が加盟しているユニークなメゾン。
        
           

18574         
所有する畑はピノ・ノワールが約90%、シャルドが約10%、さらに2.5haほどピノ・ブランが栽培されており、年間150万本を超えるシャンパーニュを生産します。

生産者がそれぞれが投資することにより、大手メゾンをも凌駕する素晴らしい醸造設備などを完備。

自動動瓶システムやセミオートマチックシステムの滓引きシステムなど、生産者協同組合の強みを最大限いかしたシャンパーニュ造りを行なう注目メゾンなのです。
           
             

18575

▲ 醸造所内に設置された超大型のステンレスタンク

            

          
ちなみに、「シャスネ・ダルス」で造られるスティルワインは大手メゾンにも供給されているとか。

ベースワインはシャンパーニュメゾンの命と言っても過言ではないほどに大切なものですので、その品質が認められているという事実こそが「シャスネ・ダルス」の素晴らしさをものがたっているのではないでしょうか。
            
            

「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」の魅力!

           
そんな「シャスネ・ダルス」が生み出す、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」

シャンパーニュ全体からみてもとても珍しい(造るのがとても難しく、特別なシャンパーニュとされている)ロゼのシャンパーニュです。
          
          

18576         
ちなみに、「シャスネ・ダルス」のあるコート・デ・バール地区は、ランスよりシャブリに近いオーブ県トロワの南側に位置する産地。

要するに、細かな土壌組成に差違はありますが、シャブリと同様に“キンメリジャン土壌”で栽培されたブドウが使用されているのです。
            
             

18577         
「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」のベースワインは複数年の収穫から生産したピノ・ノワール65%、シャルドネ35%を使用。

最適熟成期間3年という、長期熟成型のロゼシャンパーニュとなっています。

さらにユニークなポイントが、ビン詰前にロゼのブレンド用に製造したピノ・ノワールの赤ワインが15%ほど含まれているところ。

美しい色合いと華やかな香り、深みのある味わいなど、ほかのロゼシャンパーニュとは違った特徴に仕上げられています。
           
            

味わい

18579            
「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」をグラスに注ぐと、目に飛び込んでくるのが美しい“サーモンピンク”の外観。

さらにいつまでも絶え間なく立ち上る繊細な泡が良質なシャンパーニュであることを確信させます。

赤いベリー系やさまざまな果実をミックスしたような香り、わずかなピンクペッパーなどのスパイシーな香りも混ざり合い、気分を高揚させます。

アタックは強過ぎず繊細で軽やか。フランボワーズやキルシュ・リキュールを思わせる風味と長い余韻をお楽しみいただけます。

ちなみに、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」はドザージュが9g/L。そのため、ドライ過ぎずまろやかで飲みやすい仕上がりです。

お料理との相性も抜群でしょう。
           
              

「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」のために生まれた「島のデザート」?

18578            
「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」は、サーモンなどを使用したカルパッチョや魚介のマリネ、チキン、ローストビーフなど幅広い食事と合わせることができる、美食のためのシャンパーニュでもあります。

実は以前、2015年パティシェとしてMOFフランス国家最優秀職人章を受賞したパスカル・カフェ氏がこのロゼシャンパーニュと一緒に楽しむためのオリジナルデザート「島のデザート」を発表して話題となりました。

パッションフルーツとマンゴ、ココナッツのピュレを卵黄と合わせ湯煎しながら泡だてたピュレ。

そこに、バターを加えて仕上げたクレミューエグゾティックソースを皿に敷き、皿の中央にココナッツフレーバーのマカロン、周囲にレモンとヴァニラ、ラム酒の風味をつけたシロップで煮冷ました角切りのパイナップルを配します。

オレンジ、グレープフルーツなどの果肉を置いた後、しっかりと泡だてたクレームシャンティーを中央のマカロンの上に島状に絞り、ライムの皮と削ったココナッツを散らすて完成です。

エキゾティックな香り満ちた、まさに“南の島”を想像させるデザート。

ぜひ、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」と一緒に楽しんでみたいものです。
           
             

ロゼシャンパーニュの魅力を深堀りしよう!

          
シャンパーニュを深堀りしたい時に、ブラン・ド・ブランやブラン・ド・ノワールに手が伸びるのは当然のこと。

しかし、シャンパーニュのロゼも負けず劣らずの魅力に溢れたシャンパーニュであることは間違いありません。

ロゼワインが人気の今だからこそ、「キュヴェ・ロゼ・ブリュット・ノン・ヴィンテージ」でワンランク上の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?
          
           

caveおすすめのワイン
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事