人気の白ブドウ品種!ソーヴィニヨン・ブランについて知ろう!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

人気の白ブドウ品種!ソーヴィニヨン・ブランについて知ろう!

           
暑い日に飲みたくなる白ワインといえば、「ソーヴィニヨン・ブラン」

ハーブや柑橘、トロピカルフルーツなど、爽やかでフルーティーな香りが人気の白ブドウ品種です。

“キリリと冷えた辛口のソーヴィニヨン・ブランさえあれば何もいらない!”というのは少々言い過ぎですが、こう暑い日が続くとそう叫びたくなってしまうもの。

さて、そんなソーヴィニヨン・ブランですが、どんなブドウ品種なのか詳しく知っていますか?

ここでは、知っておきたいソーヴィニヨン・ブランの基礎知識についてお伝えしたいと思います。
          
            

ソーヴィニヨン・ブランとは?

18555           
ソーヴィニヨン・ブランは、フランスのボルドー地方やロワール地方、ニュージーランドの主要品種として知られている白ブドウ品種。

ソーヴィニヨン・ブランは、密着果房で灰色カビ病に強く樹勢も強いことで知られており、世界中の至るところで栽培されています。

フランスのほか、ニュージーランドやチリ、カリフォルニア、イタリアなどに高い品質のものが見られますが、近年日本の長野県でも素晴らしいソーヴィニヨン・ブランが生まれ始めています。

ちなみに、シノニム(別名)は、ロワールなどのフランス中央部では、「ブラン・フュメ」、アメリカや南アフリカ、オーストラリアでは「フュメ・ブラン」、ドイツやオーストリアでは「ムスカット・シルヴァーナー」。

この文字を見たら、“ん?あぁ、ソーヴィニヨン・ブランのことか…”と思い出すとよいでしょう。
          
            

ソーヴィニヨン・ブランの起源

18556            
フランス南西に起源を持つと言われていましたが、近年のDNA解析の結果、片親がフランス北東部の主要品種(ジュラ地方など…)のサヴァニャンということが判明。

そのため、近年ではロワール上流部が本当の出身地ではないかと考えられています。

ちなみにソーヴィニヨン・ブランは、世界一有名と言っても過言ではない黒ブドウ品種である、「カベルネ・ソーヴィニヨン」の親であり、その相手はあの「カベルネ・フラン」。

“青い香りが特徴的”などと言われる品種群ですが、実は血縁関係にあったわけです。
           
             

ソーヴィニヨン・ブランの香り

18557        
ソーヴィニヨン・ブランについて学ぶ際、もっとも力を入れたいのが“香り”の特徴

一般的なワインの教本や雑誌、ウェブでは、グレープフルーツやパッションフルーツ、カシスの芽の香りが特徴と紹介されています。

これらの香りを決定付けている要因は複雑ですが、“多官能チオール”と呼ばれる3つのインパクト化合物とメトキシピラジン類が関連していると指摘されています。

・4MMP(4ーメルカプトー4ーメチルペンタンー2ーオン)

・3MH(3ーメルカプトヘキサンー1ーオール)

・3MHA(3ーメルカプトヘキシルアセテート)

・2ーメトキシー3ーイソブチルピラジン



これらがバランス良く配分されていると、前述したグレープフルーツを思わせる爽やかで心地良い香りになると言われていますが、濃度が高過ぎると汗や猫のおしっこ…など、そういった香りになると考えられているようです。

また、冷涼な地域のソーヴィニヨン・ブランの場合、メトキシピラジン類が関連して青っぽさが強調される傾向にあり、温暖な地域の場合はトロピカルフルーツのような香りが強調されやすい傾向にあります。

当然、我々人間の力でこれらの化学成分の配分を判断するのは難しいですが、覚えておくとテイスティングやワイン選びに役立つでしょう。

※以前、日本固有のブドウ品種「甲州」にソーヴィニヨン・ブランの特徴香を生み出す多官能チオール類が含まれていることが発見され、それらを前面に出した「きいろ香」が人気を博しました。(今現在も人気ですし、常に進化中です
          
             

地域による味わいの差

18561            
栽培技術や醸造技術が高まりを見せている昨今、産地によって思い切り個性が違う…というソーヴィニヨン・ブランは少なくなっているような気がしますが、それでも地域差はあるようです。

ボルドーやロワールのソーヴィニヨン・ブランの場合、冷涼であることとかハーブのニュアンスを感じるものが多い傾向。

とはいえ、ボルドーでもセミヨンが多くブレンドされているものや、ペサック・レオニャンのように緊張感がある上にやや温暖な気候がもたらすボディのあるものなど。同じボルドーでも産地の差を感じるため、ひと言でいいあらわすのは無理がありそうです。

ロワールは、ハーブと柑橘のすっきりしたタイプが多く、ナチュール系の造り手も多いので仄かな苦みが残るピュアなものも見受けられます。

また、土壌によっても個性が変わるのがソーヴィニヨン・ブランの特徴。(当然ですが…)

ワイン好きの方は「A.O.C.サンセール」を高く評価されると思いますが、この産地は石灰質土壌が主体であることから、緊張感のある味わいに爽やかな柑橘、やわらかな口当たりでありながら酸が引き締まったエレガントなソーヴィニヨン・ブランを生み出します。
ボルドーとは、また少し違った印象の味わいを楽しめるでしょう。

ちなみに、新世界と呼ばれるニュージーランドやチリやカリフォルニアのソーヴィニヨン・ブランも魅力的です。

特に、ソーヴィニヨン・ブランはその香りの魅力を最大限活かしたタイプのワインが多く、香りが豊かなものが多く見受けられます。チリ、カリフォルニアは温暖な気候が関係してトロピカルフルーツを思わせる充実した南国を思わせる香りや風味が特徴的。

しつこいようですが、同じ国でも生産者や産地によって味わいの個性が大きく変わるので特徴をひとくくりにできません。それでも、その国や産地による、“何となく”の特徴を掴んでおけばワイン選びが楽になるでしょう。
         
            

ソーヴィニヨン・ブランに合わせたい料理

18563            
ソーヴィニヨン・ブランと料理のマリアージュを考えた場合、多くはハーブや新鮮なオリーブオイル、柑橘系のドレッシングなどを使ったサラダが提案されています。

香りに合わせる…という点では、柑橘や青っぽさを思わせる調味料が良さそうですし、濃過ぎるものよりも軽やかな鶏の胸肉やサーモン、白身魚、タコやイカなどが良さそうです。

ちなみに実践編として、カーヴではこれまでにいろいろとソーヴィニヨン・ブランと食材との謎マリアージュを試してきました。

ピクルスを使った料理やエビ料理との相性。


パクチーソースとの相性。


おこのみソースとの相性


バナナバウムとの相性



など、ソーヴィニヨン・ブランは私たち日本人の食生活にも寄り添ってくれるワインであることが分かりました。

意外にシャルドネよりも使い勝手が良いので、いろいろと今後も試してみようと思います。
            
             

ソーヴィニヨン・ブランを楽しもう!

18558            
今回、ソーヴィニヨン・ブランの基礎知識をお伝えしました。

ちなみに、前述したような多官能チオールは、果皮に多く含まれているためスキンコンタクトを積極的に行なったり、よりそれらを生み出すために酵母にこだわったり、生産者や産地によってさまざまな工夫が取り入れられています。

ステンレスタンクではなく樽熟成させることもありますし、長期熟成をかけたソーヴィニヨン・ブランも存在します。

夏場、爽快感を楽しむために飲まれることの多いソーヴィニヨン・ブランですが、興味を持たれた方はその世界の奥深くまで探求してみてはいかがでしょうか。
            
              

caveおすすめのワイン
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事