【マリアージュ検証企画】揚げ物にソースをかけたらワインと最高のマリアージュに!?[イエローテイル]を使ってオタフクソース東京本部ビルで検証実験!~前編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

【マリアージュ検証企画】揚げ物にソースをかけたらワインと最高のマリアージュに!?[イエローテイル]を使ってオタフクソース東京本部ビルで検証実験!~前編~

           
以前、個人的に揚げ物とワインの相性を調べました。揚げ物に何もかけずに合わせたところ、コレといった感動はありませんでしたが、ウスターソースをかけると…めちゃくちゃ合うんです。

そこで、“揚げ物にソースをかけるとワインと合うよ”と、複数の知人に言ってみたのですが、“いや、想像できないな。やめておくよ…”と相手にすらしてもらえません。

あまりにも悔しかったので、ソースと言えば…の「オタフクソース株式会社」の東京本部ビルに今回も突撃。※過去に行った検証記事はコチラ ≫

「揚げ物にソースをかけるとワインとの相性が良くなる説」について検証してきました。

せっかくの機会なので、ワインとソース、揚げ物もさまざまな種類を揃え、「ワイン×揚げ物×ソース」における最高の組み合せも検証。

ぜひ、カジュアルなワインの楽しみ方を知りたい、という方は参考にしてみてください!
           
            

検証に協力していただいた方

17818        
≪ワインチーム≫
サッポロビール株式会社 ワイン事業部 輸入グループの辻 弥子さん(中央右)

ソムリエ有資格者で元大手ワインメーカー出身のフォトグラファー&カジュアルワインアドバイザー 寺田 智伸さん(右端)


≪オタフクチーム≫
オタフクソース株式会社 設計開発部 東京開発課の西原 美乃里さん(中央左)

オタフクソース株式会社 営業企画部 家庭用企画課の福場 豊さん(左端)
            
              

揚げ物はこれをチョイス!

17820              
今回、揚げ物にソースをかけたらワインと合うという検証企画です。そのため、ある意味で具無しの、“衣”だけを用意してソースをかければ良いわけですが、それではリアリティがありません。(見た目的にも、大変切ない画になります)

そこで、普段私たちが食べているような身近な揚げ物を用意しました。

それが…

アスパラガスの揚げ物
ハムカツ
イカフライ
アジフライ
トンカツ


“お、いいね!ビールが飲みたくなるぅ!”という発言は今回ばかりはご勘弁を。案外、真剣に合わせてみるとワインとの相性の方が良かったりするのです。

どんな結果になるのか、楽しみです。
            
             

用意したワインは[イエローテイル]!

17822           
さて、そもそもワインがないと検証は進みません。

今回、検証用に用意したワインはワラビーラベルでお馴染みの、[イエローテイル]

“ワインの知識や飲み方のルールは一切不要。自由に、気軽に楽しめる。”と製品紹介ページに記載されていたので、きっとこの企画を理解していただけるだろう…と思い辻さんにご相談。

そういうことなら…ということで、

モスカート・バブルス
バブルス・ドライ
シャルドネ 
ソーヴィニヨン・ブラン
リースリング
モスカート
ピンク・モスカート
カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロー
シラーズ
ピノ・ノワール
ビッグ・ボールド・レッド


といった、まさかの12種類がやってきました。[イエローテイル]を12種類並べてみることもなかなかないので、これだけでお腹いっぱいな気分。

味わい的にも、揚げ物やソースにぴったり合いそうです。
           
            

[イエローテイル]ってどんなワイン?

            
[イエローテイル]について知らない、という方もいると思います。[イエローテイル]とはどんなワインなのか、辻さんに簡単にご紹介いただきました。
             
            

17827           
Q.[イエローテイル]とは?

「[イエローテイル]は、日本におけるオーストラリアワインの売上NO.1のワインブランドです。2001年にアメリカで発売されたのですが、なんと一年以内に100万ケースを超える大ヒット商品に。アメリカでの大ヒットを経た後、2004年に日本にやってきました。」


Q.[イエローテイル]と言えば世界的なワインブランドですが、特徴は?

「現在、[イエローテイル]は世界50カ国以上で販売されており、世界的な販売量は第5位という大規模なブランドです。一般的にここまで売り上げが大きなワインブランドであれば、さまざまな資本が入っている場合が多いのですが、[イエローテイル]はカセラ・ファミリーという家族経営の会社が造るワイン。現在の社長は2代目のカセラ氏ですし、家族経営を続けているとても珍しいワインブランドなんです。」

17825            
Q.味わいの特徴は?

「ブランドの特徴は、とにかくカジュアル。もともとのコンセプトが、“楽しい・飲みやすい・選びやすい”ということで、当時は非常に画期的でした。一部の人の飲み物だったワインの新しい価値観を提供したことが、大成功の鍵となったと言われています。ただ、それも10年以上前のこと。今では、安くて美味しいワインは数多く存在しています。“カジュアルで親しみやすい”というブランドの情緒的な部分の価値を担保する、“美味しさ”を伝える提案を強めていきたいと考えています。」


Q.ちなみにこれからの季節、赤ワインでも冷やしてOK?

「[イエローテイル]の生産地は、南オーストラリアの内陸部にあるグリフィスという場所にあります。非常に乾燥していて暑い場所なので、ブドウの完熟度が高くワインにやや甘さがあります。そのため、少し冷やして楽しまれた方が、味わいのバランスがとれるのではないでしょうか。」
          
            

17829          
Q.今企画について[イエローテイル]は合うと思いますか?

「先ほどお伝えしたように、[イエローテイル]の美味しさの提供を強めていきたいと思っているので、今回のような検証はとても楽しみです。きっと、良い結果になると信じています。」


日常的に使いやすいワインですので、今記事で気になった方はぜひチェックしてみてください!
           
              

用意したソースはコチラ!

17834           
さて、今企画の主役であるソースはこの6種類が登場。

オタフクお好みソース
ユニオン特級ウスターソース
ユニオン特級中濃ソース
ユニオン特級とんかつソース
ユニオン酵素の力で生ソース 中濃
ユニオン酵素の力で生ソース ウスター



なぜ、これらのソースを選んだのか、そして特徴などもオタフクソースのお二人に簡単にお聞きしました。
            
            

17833          
Q.お好みソースがありますね。

「まず、弊社の看板商品である『オタフクお好みソース』。野菜、果実や約20種類の香辛料をブレンドし、デーツのコクのある甘さが特徴です。関東の方にとっては、お好み焼き以外に日常使いするイメージがあまり無いかもしれませんが、西日本出身の私たちにとっては何にでもかけて食べられるソースなんです。目玉焼きや芋の天ぷら、ほうれん草のソテーに使っても美味しく食べられます。今回、“『オタフクお好みソース』は揚げ物にも合いますよ”ということをお伝えしたくて、こちらを選びました。」
           

Q.ほかに用意していただいた“ユニオン”のソースとは?

「弊社のグループ会社の〈ユニオンソース〉の商品です。珍しいところでは、非加熱製法の生ウスターソースや中濃ソースといったものがあるところでしょうか。全国的に揚げ物にウスターソースや中濃ソースをお使いになることが多いことを踏まえ、おすすめできる商品として選ばさせていただきました。」   
               
            

17831           
Q.前回もいただきましたが、とても美味しいソースですね。

「生ソースの他にも自家挽き香辛料の香り高い、“特級シリーズ”などもラインアップしていて、どれも原料や製法にこだわっています。業務用でシェアが高いブランドで、もんじゃ焼き店やトンカツ店などではベースを作るソースとしてもよく選ばれています。この味を一般消費者の方にご家庭で味わっていただける家庭用商品も販売しております。また、一般の方はブランド名にあまり馴染みがないかもしれませんが、業務用でシェアが高いことから、舌の感覚から“この味知ってるかも?”と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回、ワインとの相性もぜひ注目したいと思っています。」

お馴染みのお好みソースはもちろん、“ユニオン”シリーズもスーパーなどで見かけたらぜひ、手に取ってみてください!
          
            

ソースをテイスティング

            
前記のように、今回は[イエローテイル]が12種類、ソースが6種類、揚げ物が5種類あります。

当然、全ての可能性を調べていたら酔っぱらっておかしいことになってしまうため、まずはワインチームにソースだけをテイスティングしてもらい、それから合いそうなワインを決めていただきました。
              

17836           
実は、先に先入観でこの揚げ物やソースには“このワイン”と辻さんに決めもらっていたのですが、やはりソースを一つずつチェックしていくと、思った以上に複雑さと違いがあることを発見。

粘度の違いや野菜の風味の違い、味わいがさっぱりしていたり、パンチがあったり…ソースの個性を目の当たりにして、すでにワインチームは興奮している様子です。
                   

結果、あらためて使うワインを考察。どんなワインが選ばれたかは、次回コラムをチェックしてみてください。

ちなみに、西原さんが教えてくれたのですが、“ウスター”や“中濃”などは、ソースの粘度の違いによって分けられているそうです。

細かな規定はあるものの、粘度で分けられていたとは初耳。明日、誰かに自慢したいと思います…。
              
             

次回、ついに検証開始!

さて、ワインチームのソーステイスティングが終わり、次回ついに本番です。どんな結果が待っているのか、乞うご期待!
            
             

ご参考

              
[イエローテイル] ブランドページ


オタフクソース株式会社
             
              

関連コラム

    
・【マリアージュ検証企画】揚げ物にソースをかけたらワインと最高のマリアージュに!?[イエローテイル]を使ってオタフクソース東京本部ビルで検証実験!~後編~
        
        
         

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。
ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。
ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事