ボージョレ地区のワイン -Beaujolais


ボージョレ地区は若飲みワインの名産地

ボージョレ地区は、フランス・ブルゴーニュ地方の中で最も南に位置するワイン産地です。
日本でも11月の第三木曜日に解禁される「ボージョレ・ヌーヴォー」の産地として有名ですが、このワインはボージョレ地方の新酒(ヌーヴォー)という意味です。

ボージョレは、熟成型のワインよりも若いうちに楽しむ新酒の生産が多い地域であり、ボージョレで生産される1/3がこのボージョレ・ヌーヴォーが占めています。

日本はボージョレ・ヌーヴォーの最大の輸出先

また、日本は経度の関係上世界で最も早くボージョレ・ヌーヴォーが飲める国であることからそのイベント性で人気であり、輸出されるボージョレ・ヌーヴォーの約半分が日本に渡っており、輸出先として圧倒的な1位となっています。

この地域で造られるワインは、ほぼガメイという黒ブドウ品種から作られます。
イチゴジャムのような甘みと軽やかさが特徴の、軽快な印象の品種であるため、カジュアルにワインを楽しむシーンによくマッチします。

近年は高品質化へ舵

このように、一般的なボージョレに抱くイメージはカジュアルさであり、実際に多くのワインが早飲みタイプのワインに仕上げていますが、中には長熟にも耐えうる高品質なボージョレワインも存在します。
特に「クリュ・デュ・ボージョレ」と呼ばれる10つの村名A.O.C.では、それぞれ長熟に耐える高品質なワインを生み出しており、特にムーラン・ア・ヴァンやモルゴンが有名です。

ボージョレ地区全体としても、新酒依存した状況からの脱却を目指しており、今後はクリュ・デュ・ボージョレのような熟成型のワイン増えていく流れになると見られています。



CAVE THE SELECT