サン・ロマン村のワイン -Saint Romain


サン・ロマン村(Saint Romain)とは?

サン・ロマン村(Saint Romain)とは、フランス・ブルゴーニュ地方のコート・ド・ボーヌ地区に位置するワイン産地です。
コート・ド・ボーヌの中でも最も奥地に位置しており、オクセイ・デュレス村から断崖地帯の麓までの一帯にぶどう畑が広がっています。
標高も約400mと高く、コート・ド・ボーヌの中でも最も高い位置にあるワイン産地です。

プルミエ・クリュもなくA.O.C.は村名のA.O.C.サン・ロマンのみです。
赤ワインと白ワインの両方が認められていますが、このサン・ロマンの石灰岩と泥灰岩の土壌は特にシャルドネに向いていると言われており、白ワインが特に多く生産されています。

冷涼な地域であるため、サン・ロマンの白ワインは溌剌とした酸味が特徴で、ミネラル感がワインに骨格を与えます。



CAVE THE SELECT