アサヒビールの「プレミアムワイン試飲会」で見つけた、BBQで楽しみたいこの1本!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

アサヒビールの「プレミアムワイン試飲会」で見つけた、BBQで楽しみたいこの1本!

              
最高気温が10℃を下回る日々が続いている、東京。春の足音がなかなか“聞こえてこない”今日この頃ですが、そろそろ春のイベントに向けてワインの準備をしておきたいところです。

我々がそんな春から夏に向けて注目しているのが、「BBQで楽しむ、ちょっと良いワイン」
            
              

15968           
BBQでワインというと、1,000円以下の安価でカジュアルなもの…というイメージがありますが、あえてもう少し価格を上げて、参加者全員で品質の高いワインで楽しもう、という提案をしていきたいと思っています。

今回、そんなBBQにおすすめしたいワインを、都内で開催されたアサヒビールの「プレミアムワイン試飲会」で見つけてきました。

ぜひ、参考にしてみてください!
              
                 

今年はやっぱり欧州産!

15970

「プレミアム」と冠するとおり有名ワイナリー&有名産地のワインがズラリ!
そんな中、我々が今回探したのは春先に向けたBBQに合うワインでした

            
今回、私たちが注目したのが、欧州産ワイン
皆さんもご存知の通り、2月1日より日欧EPAが発効されたことで、多くの欧州産ワインの販売価格が下がっています(若干…)。

そのため、BBQに合うということならチリやアルゼンチン、オーストラリアといった南半球のワインを選びたいところですが、今回は敢えて欧州産を選ぶことに。

さまざまワインを試した(飲み荒らした)結果、フランスのコート・デュ・ローヌ、そしてスペイン リオハのワインで素晴らしいものを見つけることができました。

これは、忖度無しでおすすめです!
             
                

リオハのエル・コトは万能タイプ!

15972

エル・コト ブランコ(左)とエル・コト クリアンサ(右)
生産者の方曰く、現地では家飲み・バルの両方で飲まれているブランドなのだとか!

              

                 
まず、紹介したいのがリオハの「エル・コト」というワイン。
1970年の創業以来、革新的な技術導入により高品質のリオハワインを供給し続けているワイナリーで、スペイン国内ではかなりメジャーなブランドなのだそうです。

今回、試飲会で提供されていたのは、エル・コト・ブランコ(白)に、エル・コト・クリアンサ(赤)、コト・デ・イマズ・レセルヴァ(赤)、コト・デ・イマズ・グラン・レセルヴァ(赤)の4種類。

白は、ヴィウラ、ベルデホ、ソーヴィニヨン・ブランのブレンドということで、ハーブやパイナップの印象を感じたものの、甘過ぎないフレッシュさが魅力的でした。

ただ、よりBBQに楽しみたいと思ったのは赤ワイン。
テンプラニーリョをしっかりと樽熟成させた厚みのあるワインながら、果実味と繊細な風味も感じる、飲み飽きしない素晴らしいワインでした。
              
             

15973

コト・デ・イマズ・レセルヴァ(左)とコト・デ・イマズ・グラン・レセルヴァ(右)
このクラスの味わいを外飲みしたら贅沢感が“ハンパない”です!

              

           
とくに、コト・デ・イマズ・グラン・レセルヴァはテンプラニーリョとグラシアーノをフレンチオークとアメリカンオークで24ヶ月熟成させ、さらにその後に36ヶ月の瓶内熟成させたという極上品ながら、価格が3千円台と超お得。

BBQで、リッチなワインを楽しみたい時には、コト・デ・イマズ・グラン・レセルヴァに勝るものは無い!と、思わせてくれる味わいでした。

ちなみに、来日していた生産者の方曰く、BBQでは赤ワインを合わせるのであれば、肉をパンで挟んだもの、ラム肉、さらにタラを使った料理などと合わせているようです。これは、真似するしか無さそうです!
              
              

ローヌはやっぱりBBQか?

15975

コート・ロティ メゾン・レ・アレキサンドラン
さすがにこのクラスともなると外飲みというよりも、暖炉の前でゆっくりと愉しみたい逸品でした

                  

             
次に紹介したいのが、フランスのコート・デュ・ローヌの「ニコラ・ペラン」
ローヌ地方の元ポール・ジャブレ・エネ社のニコラ・ジャブレ氏と南部地区のシャトー・ド・ボーカステルのブランドで有名なペラン・ファミリーとの友好関係から生まれたジョイント・ベンチャーワイナリーで、品質本位のブティック・ネゴシアンとして知られています。
           
            

15976

ヴァン・ド・フランス シラー・ヴィオニエ(左)とコート・デュ・ローヌ・ルージュ(右)

              

            
さて、そんな「ニコラ・ペラン」。今試飲会では、VDF(ヴァン・ド・フランス)のカテゴリーから、あのACコート・ロティまで、幅広いラインナップが提供されていました。

カジュアルなカテゴリーは、フルーティーな果実味がありながらも、骨格のしっかりとしたバランスの良い印象。

ACクローズ・エルミタージュ、ACコート・ロティは、複雑性とボリューム感がありながら、エレガントな仕上がりの素晴らしい味わいでした。
         
          
           

15980

ヴァン・ド・フランス ヴィオニエ(左)とコート・デュ・ローヌ・ブラン(中央)、そしてエルミタージュ・ブラン(右)

              

           
さて、BBQを意識しながら試飲させてもらったのですが、どれも「焼いた食材」に合う、そんなイメージ(勝手ながら…)。

カーヴ編集部 池田は、白には「焼いたパプリカ」と発言し、自分は「赤には、あえて鴨肉。そして、〆は鴨南蛮」と、暴走気味のコメントを連発して担当の方を困らせてしまいました。(笑)

とはいえ、「このワインは、BBQには本当におすすめ!白は海鮮系のBBQに本当に良く合います!」とコメントを頂き、一安心。

ちなみに、「ニコラ・ペラン」はワインのエチケットも可愛らしいですし、写真映えするので女性同士のBBQにもおすすめです。

今年のBBQは「ニコラ・ペラン」をチョイスしてみてはいかがでしょうか?
              
               

今年こそワインを屋外で楽しもう!

15982              
ここでは、アサヒビールの「プレミアムワイン試飲会」で見つけた、BBQで合いそうなワインを紹介しました。

プレミアムな試飲会、ということでじっくりとテーブルに座って楽しみたいワインも多かったのですが、とにかく屋外で楽しく飲みたいと思わせてくれるワインにもたくさん出会うことができ、カーヴ的には大収穫。

屋外でワインを楽しむ機会がある方は、今年はぜひ、ちょっぴり良いワインで乾杯してみましょう!


【ご参考】

アサヒビール
              
               

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

 
 


 
 

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事