クロ・ド・ヴージョ -Clos de Vougeot


クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)とは?

クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)とは、ブルゴーニュ地方コード・ド・ニュイ地区にあるヴージョ村に位置するグラン・クリュです。

クロ・ド・ヴージョは、12世紀にシトー会の修道士によって区画が整備されてからフランス革命までの長い間、シトー会が所有を続けていました。
そのため、畑の分割が行われずに現在でも約50ヘクタールと広大な面積を誇っており、コード・ド・ニュイ地区で最大のグラン・クリュとなっています。

但し、現在では畑は1つでありながらも約80名の生産者によって分割所有しているため、多様なスタイルのワインが作られています。
そのため、クロ・ド・ヴージョの特徴を一言で説明をすることはできない、多様なグラン・クリュと言うこともできます。



CAVE THE SELECT