大切な人にワインとネクタイを贈ろう!EDIFICEが選ぶ素敵なネクタイギフト!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

大切な人にワインとネクタイを贈ろう!EDIFICEが選ぶ素敵なネクタイギフト!

               
「大切な男性にワインをプレゼントしたいけど、それだけじゃちょっと物足りない。」

こんな方、多いのではないでしょうか。

ワイングラス、ワイングッズ、食品と組み合わせるのがワインのギフトとしては定番ですが、もう少しオシャレな組み合わせで相手を喜ばせてみたいですよね。

そこでカーヴでは、おしゃれな男性が支持するセレクトショップ「EDIFICE(エディフィス)」に、ワインから着想を得た「ネクタイ」を選んでいただき、それをワインと組み合わせてギフトにしたらどうか、と考えつきました。

15456               
カーヴスタッフは早速、丸の内にある「Le Dome EDIFICE et IENA(ル ドーム エディフィス エ イエナ) 丸の内」に直行。

ワインをイメージした、素敵なネクタイを選んでもらいました。

今後のプレゼント選びの参考として、ぜひ最後までお読みください!
                  
              

提案してもらった方はこの人!

15458

今回、ワインから着想を得たネクタイを選んでもらったは、エディフィスのプレス・高津戸 真吾さん
スーツなどの商品を中心に取り扱うドレススタッフ出身ということで、ネクタイの知識も豊富なプロ中のプロです。

どんなネクタイを選んでくれるのか、久々に期待に胸がふくらみます。
               
                   

用意したワインはコレ!

さて、今回用意したワインは、信頼のインポーター「ヴィントナーズ」が取り扱うアイテム3点。
品質にこだわった、ワイン愛好家を唸らす輸入ワインを多く揃える知る人ぞ知るインポーターです。

今回、ヴィントナーズの営業担当である落合さんにオススメのワイン3本をチョイスしてもらいました。
                

15483                 
                  

メルキュレ・ルージュ

15490≪落合さん解説≫
「フランス ブルゴーニュ地方のコート・シャロネーズで造られている赤ワインです。
コート・シャロネーズは、広い地域で造られており、フルボディからライトボディのものまで、さまざまなスタイルのワインを生み出す産地として知られています。

こちらのワインは、赤系果実の香りやイチゴジャムなどの親しみやすい味わいに仕上げられていますが、スパイスのニュアンスも感じられる1本です。」
                
               

カルト・ノワール・ブリュット・トラディション

15489≪落合さん解説≫
「シャンパーニュの中でもシャルドネの銘醸地として名高いグラン・クリュ「オジェ村」の造り手シャピュイから作られるワインとなります。
10月よりJAL国内線ファーストクラスにも搭載された人気の1本となっており、コク深いタッチ、ブドウ本来の味わいを楽しめます。」
                 
                

グレイワッキ ソーヴィニヨン・ブラン

15491≪落合さん解説≫
「グレイワッキは、日本でも有名なクラウディ・ベイのワインチーフだった方が独立して設立したワイナリーです。
ニュージーランドらしいフルーティーさ、ソーヴィニヨン・ブランらしいハーブ感を楽しめます。

クラウディ・ベイは、ハーバルでフレッシュという特徴がありますが、『グレイワッキ』はフルーティーさとフレッシュが魅力です。
フランスワインに負けないくらいの、しっかりとした造りになっています。」
            
               

どのワインもエレガントでピュアさのあるワインですが、それぞれ個性的で、深みのある“大人なワイン”です。

ワイン好きであればきっと喜んでもらえる、カーヴもおすすめの3本です。
           
              

ワイン×ネクタイの組み合わせ提案!

早速ワインを高津戸さんにお渡しし、見た目や味わいなどから、それに合うネクタイの組み合わせを考えてもらいました。
              
                

メルキュレ・ルージュ×STEFANO CAU(ステファノカウ)

15468              
「『メルキュレ・ルージュ』には、ステファノカウというイタリアのブランドのネクタイを合わせました。

果実の雰囲気やアメリカンチェリー、ふくよかな香りといったワインの特徴を色味で表現しているのですが、“シルキーな舌触り”という部分に注目して素材感というところも反映させています。
              
             
           

15472              
また、このワインにはスパイシーなニュアンスがあるということなので、幾何学模様を選んでいます。
ネクタイのニュアンスにも“スパイシー”と表現する言葉があるのですが、それを目で感じてもらうということから、クセのある強い柄で表現してみました。

ワイン全体にエレガントな印象を感じたので、大人の男性、上品な男性につけてもらいたい、というイメージでネクタイを選んでいます。」
              
              
               

カルト・ノワール・ブリュット・トラディション×EDIFICEオリジナルネクタイ

15495                
「『カルト・ノワール・ブリュット・トラディション』には、エディフィスオリジナルのネクタイを合わせています。

ワインは色味がクリアなイエローで風味もフルーティーなのですが、“爽やか”とはまた違う、奥深さを感じました。
最初はブルーの色味を思いついたのですが、アダルトな感じもあったので、ダークグレーの色味を選ぶことにしました。
                
              
                

15476                 
ネクタイはチェック柄が重なっており、凹凸感が見えるようにデザインされています。
ワインの“奥深さ”も、こういったニュアンスの柄で表現できるかなと思い、こちらのネクタイを選びました。」
              
                 
                

グレイワッキ×STEFANO BIGI(ステファノ ビジ)

15496               
「『グレイワッキ』には、ステファノ ビジというイタリアのネクタイを合わせてみました。

まず、第一に色味や見え方で合わせています。
ただ、ワインを飲んだ時にクリアでエレガントな印象はあるものの、エレガント過ぎるわけではない“深み”を感じたので、そのニュアンスが出るように表現してみました。
               
              
               

15474              
また、ワインのキリッとしたテイストは、シャンパンゴールドにネイビーが入っているデザインで表現しています。

ネクタイは最も顔に近いアイテムですので、シャンパンゴールドだけだと顔が明るくなり過ぎてしまうんです。
そこにネイビーが入ることによりキリッとした印象になりますし、このワインの特徴を表現できているかな、と感じています。」
              
               
                 

予想以上に面白い組み合わせに!

15477              
ワインをベースにネクタイをチョイスする。
なかなか、考えつかない組み合わせですが、そこは高津戸さん。さすがの組み合わせで、個人的に感動してしまいました。

最後に、今回の取り組みについて、高津戸さんにお聞きしてみました。
               
               

Q.今回、ワインとネクタイの組み合わせに挑戦して感じたことはありますか?

15460               
食べ物や飲み物を、服で例えることはあまりなかったですね。
合わせの仕方としては、ディティールなどから派生させていくので、食べ物などで掘っていく…という作業は難しいと感じました。」
              
              

Q.確かに、珍しいですよね。

15461               
「私自身、ドレスの出身なのですが、ネクタイの合わせの仕方としては、自分の好きなものや好きなカルチャーを反映させることは多いんです。
ワインを普段飲むことは少なくないのですが、そこまで詳しいわけではありません。あらためて真剣にワインと対峙した時、自分がどのように捉えて、それを反映させていくのかを追求するのかが、自分の次のステップかな、と感じています。
とても、良い経験になりました。」
              
           

エディフィスへ行こう!

                
「エディフィスは、『フレンチ』をテーマにしているブランドです。
フレンチと言っても、何だか分からないとう方もいると思いますが、合わせや抜け感など、いろいろな国のスタイルが混ざるのがフレンチスタイルと言われています。」
              
               

丸の内店も素敵ですね。

15480               
「エディフィスは、カジュアルとドレスで展開していますが、『ル ドーム エディフィス エ イエナ 丸の内』は、ドレスショップの旗艦店と言われている場所です。

立地的にも高感度でオシャレなビジネスマンの方が多いエリアですし、プライベートでも大人のスタイリングを楽しみたい、という方が多くいらっしゃいます。

ワインがお好きな方も、自分のファッションにこだわっている方が多いと思います。
ご自身のスタリングはもちろん、そういった方にプレゼントをあげる際に最適なアイテムを多く取り揃えていますので、ぜひお立ち寄りいただけましたら幸いです。」
            
                

ワインとネクタイの組み合わせは「アリ」!

               
ワインとネクタイ。
一見、あまり関連性が無いように見えますが、掘っていけば親和性の高い組み合わせだった、ということがお分かりいただけと思います。

ワインだけじゃ物足りない、だけど何を組み合わせれば良いかわからない。
そんな方は、ぜひ今回の提案を参考にネクタイを一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、その際はぜひ、「ル ドーム エディフィス エ イエナ 丸の内」へ!


【ご参考】

EDIFICE エディフィス オフィシャルサイト
             
Le Dome EDIFICE et IENA(ル ドーム エディフィス エ イエナ) 丸の内

株式会社ヴィントナーズ
               
               

caveおすすめのワイン
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.

関連記事