新しいチリワインを知るならこのワイナリーから!「レイダ」のクオリティに驚いた!~後編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワインの楽しみ方

新しいチリワインを知るならこのワイナリーから!「レイダ」のクオリティに驚いた!~後編~

前編では、レイダ社のチーフワインメーカー、ヴィヴィアナ・ナヴァレッテ氏によるテイスティングセミナーの様子などをお伝えしました。(※前編のコラムはこちら

後編では、当日セミナーで提供された「レイダ」のワインを紹介していきます。もちろん、ここで紹介するワインは日本でも購入可能。

「レイダ・レセルヴァ」は、ぶどう本来の香りを最大限に引き出し、果実味と酸味を調和させエレガントな味わいに仕上げたシリーズで、ワインファン要チェックのラインナップです!

ぜひ、この機会にお試しください♪
              
              

14406              
             

レイダ・レセルヴァ・ ピノ・ノワール

14391『レイダ・レセルヴァ・ ピノ・ノワール』は、酸味にこだわって仕上げられており、木樽の使用を極力少なくした(一部ステンレス使用)繊細な味わいが魅力です。
熟したベリーのような果実味と爽やかな酸味が調和したエレガントな味わい。

ヴィヴィアナ氏曰く、「森の中へバスケットを持って入り、さまざまなスグリやイチゴなどの数種類の果実を取って来て味わったような、さまざまな要素が複雑に絡み合う味わいを想像してほしい」とのことです。
            
               

レイダ・レセルヴァ・ ソーヴィニヨン・ブラン

14395『レイダ・レセルヴァ・ ソーヴィニヨン・ブラン』は、柑橘系、シトラス、ハーブのような香りが特徴の爽やかな白ワイン。グァバやパッションフルーツといった、充実した果実味を楽しめる1本です。

「酸味がどのように続くのか感じながら飲んでもらうと、その個性がよくわかる」とヴィヴィアナ氏。
友人たちと気軽にテラスで楽しめるような、素敵なワインです。
               
              

14404

今回のセミナーで提供されたワインをテイスティングするヴィヴィアナ氏

            
           

レイダ・レセルヴァ・ シャルドネ

14398『レイダ・レセルヴァ・ シャルドネ』は、木樽を一切使用せずに仕上げた、個性的な白ワイン。

「柑橘のシトラスが出るようにこだわった」というこのワインは、キウイのような豊かな果実味とクリーミーでジューシーな口当たりが特長です。

「シャルドネが本来持っている味わいとはどんなものか知りたい、と思っている方に飲んでもらいたい1本」とのこと。
               
               

レイダ・レセルヴァ・ シラー

14399今回、試飲した『レイダ・レセルヴァ・ シラー』のヴィンテージは2017年。
5月上旬という極めて遅い収穫時期であったことから、ゆっくりと熟したシラーが使用されています。

ステンレスタンク65%で木樽は35%と、こちらも繊細さを大切に醸造。
スミレや胡椒のようなスパイシーな香りとラズベリーの甘酸っぱさが特長です。
              
               

14408

レイダ・シングル・ヴィンヤード・ ラス・ブリサス・ピノ・ノワール

14397「花崗岩の特徴、鉄分、土の要素が感じられる仕上がりとなった」と語られた、『レイダ・シングル・ヴィンヤード・ ラス・ブリサス・ピノ・ノワール』。

“そよ風”という意味のラス・ブリサス畑で造られたピノ・ノワールが使用されています。

木樽を約33%、ステンレスを約33%、コンクリートタンクで約34%という、ユニークな熟成方法で製造。

「冷涼地域だからこそ、コンクリートタンクの有用性を重視している」と、ヴィヴィアナ氏。
スミレやイチゴのような香りと、なめらかな飲み口、きめ細やかで洗練された味わいが特徴の、素晴らしい1本です。
                
               

レイダ・シングル・ヴィンヤード・ガルマ・ソーヴィニヨン・ブラン

14396「ハッキリとしたフルーツのニュアンス。そして、海のニュアンスが感じられるソーヴィニョン・ブラン」と語られた、『レイダ・シングル・ヴィンヤード・ガルマ・ソーヴィニヨン・ブラン』。

“カモメ”を意味するガルマ畑で造られたソーヴィニョン・ブランが使用されています。

ライムストーンの香り、クリーミーな味わいとハーブのような風味、キリッとした酸味のバランスの良い味わいが特徴の1本です。

「『レイダ・レセルヴァ・ ソーヴィニヨン・ブラン』はテラス、こちらはレストランなどシリアスなシチュエーションで楽しんでもらいたい」とヴィヴィアナ氏。
料理との相性も良い、繊細さが魅力です。
             
               

新しいチリを知る第一歩は「レイダ」から!

14410              
今回ご紹介した「レイダ」のワインを通じて、“チリワインには、多様性がある”ということを、改めて体感しました。

チリワインに馴染みが深くなってきた頃だからこそ、画一的な印象ではなく、自ら新しいチリの魅力を発見していく時ではないでしょうか。

「チリは、面白い」。

そう思うための第一歩を、「レイダ」から始めてみてください。

必ず、満足できるはずです!
                 
                  

ご参考

*「レイダ・シングル・ヴィンヤード」2アイテムは2018年11月20日の発売となります。

レイダのラインナップはこちら


アサヒビール
               
                

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事