日本のロゼブームはココから始まる!世界初、ロゼワインに特化したワインイベント「ROSE REVEL」に集合!|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

ワイン・イベント情報

日本のロゼブームはココから始まる!世界初、ロゼワインに特化したワインイベント「ROSE REVEL」に集合!

              
「今年こそ、日本でもロゼワインブームが来る!」。

ワイン関連の最新情報をチェックされている方であれば、こんなコピーを目に、耳にしたことがあるはずです。

CAVEでもお馴染みの「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」では、いち早く世界(特に欧米)のロゼブームに目を付け、国内屈指のロゼワインの品揃えで話題に。(過去に特集したコラムはこちら

その後、大手ワインメーカーや一部のインポーター、ワインショップがロゼワインに力を入れ始めるなど、歩みは遅くとも日本でも、“プチ・ロゼブーム”が到来し始めてきているようです。

しかし、個人的に何と言っていいのか…ロゼブームを到来させるためには、もう少し、“パンチ力のある何か"が欲しいと考えていました。

そんな時、素晴らしいイベント情報が入ってきました。

14244                
なんと、あのピノ・ノワールの祭典「ピノ・パルーザ東京」を手掛けた株式会社REVEL MEDIA JAPANが、今度はロゼワインに特化したイベントを開催するというのです!

その名も、「ROSE REVEL」。

一体、どんなワインイベントなのか、ここでご紹介していきましょう。
                   
                    

世界初!ロゼワインに特化したイベント!

14241                  
「ROSE REVEL」は、ロゼワインに特化したワインテイスティングイベント

“堅苦しい、業者向けのロゼワインの試飲会か…”と、思われた方もいるかもしれませんが、「ROSE REVEL」は、そういった内容とは遠くかけ離れた、「ロゼワインのお祭り」です。
                   
                     

14243               
5月、音楽とピノ・ノワールを楽しめるユニークなテイスティングイベント「ピノ・パルーザ東京(詳細はこちら)」が開催されましたが、あのイベント同様、〈理論や知識よりも楽しむことに軸足をおく〉、そんな内容になっているのです。
                
世界で初めて“ロゼワインをメインにした”、ワインテイスティングイベント「ROSE REVEL」

「ピノパルーザ」に行けなかったぞ!という方は、今回こそはぜひ参加してください。
                     
                    

何でロゼなのか!?答えは、欧米でブームだから!

14249                 
さて、今回のイベントですが、なぜロゼワインなのでしょうか。

冒頭でもお伝えした通り、今世界(特に欧米)ではロゼワインが大ブームとなっており、フランスでは赤(50%)>ロゼ(30%)>白(20%)と、白ワインを抜いてロゼの消費量が多いというデータもあります。

また、雑誌『Forbes英語版』2017年8月号によると、アメリカではロゼワイン2016年から2017年の1年間で売上が53%伸長(ニールセン調べ)

前述したロゼ大国フランスでは、1990年と2013年の比較で売上が約3倍になったとのデータも紹介されています。

翻って日本はどうでしょうか。
                  
                   

14248                  
「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」で以前、ロゼの動向について軽く聞いたところ、売り上げは伸びていると回答してくれましたが、実感としては日本全体のワイン業界で盛り上げていかなければいけない、という最重要課題となっています。

今回、イベントを企画した株式会社REVEL MEDIA JAPANは、「欧米を中心に世界的にブレイクしているロゼワインブームを日本にも起こすべく、このテーマに注目しました」とのこと。

日本のロゼブームの起爆剤として、必ず大きな成果を残すイベントになるはずです。
                   
                   

楽しく、ロゼを飲み尽くそう!

14247                 
さて、少々かた苦しい情報をお伝えしてしまいましたが、「ROSE REVEL」の基本姿勢は“ロゼワインを楽しむこと”にあります。

今回、会場に用意されるのは世界中の個性あふれるロゼワインたち。その土地で最高のロゼワインを生み出すワインメーカーが集結します。
                   
                  

14250                  
そもそも、ロゼに限らずワインを知るためには、たまにグラス数杯ではなく、さまざまなタイプのワインを飲み比べすることが大切です。

一般的な赤ワイン、白ワインは飲み比べることもあるでしょうが、普段あまり飲み比べができないロゼワインのことを理解しろ、というのは無理があるでしょう。

だからこそ、この機会は本当に、本当に貴重なのです。

もちろん、今回もロゼワインに合うフードや心地良い音楽も楽しめるので、ワイン初心者の方もフェス感覚で参加できます。

14239

同イベント主催者のダン・シムズ氏

                    

                     
前回、「ピノ・パルーザ東京」の取材時、同イベント主催のダン・シムズさんにインタビューをしたところ、「日本人は、ワインを飲んだら、その情報を真剣にメモをしており、本当に勉強熱心だね。でも、盛り上がることを目的にはじめたイベントだから、もっとも、もっと盛り上がっても大丈夫さ!」と、コメント。
                     
                     

14240                
ダンさんの言うように、眉間にしわを寄せながらワインを飲むのではなく、今回こそは笑顔で飲んでみましょう!
                     
                    

前売割引券は残り僅か!やっぱり、人気だ!

                
「ROSE REVEL」の開催は、10月21(日)で、会場は秋葉原駅前・秋葉原UDX。
「11:00-15:00のafternoon session」と「16:00-20:00 のevening session」の2部制で行われます。

当日会場ではチケット購入者にワイングラスがプレゼント(持ち帰り可能!)され、自由にお好きなワインを試飲することができます。

気になるチケット料金は、Early Bird Ticket(前売割引券4,500円)、通常チケット(5,000円)。※税抜き

主催者曰く、Early Bird Ticket(前売割引券4,500円)は、今回も売れ行き順調により、残り僅か…ということなので、気になる方は今すぐチェックしておくことをおすすめします。

会場に一歩脚を踏み入れたら、目の前に広がるの美しいロゼワインたちの数々…。

こんな経験、なかなかできるものではありません。

ぜひ、「ROSE REVEL」に参加してみましょう!!
                 
                 

             
【ご参考】
ROSE REVEL

日時  2018年10月21日(日) 
11:00~15:00、16:00~20:00

会場  秋葉原UDX 4F UDXギャラリー  

東京都千代田区外神田4-14-1

参加費  Early Bird Ticket(前売割引券4,500円)
      通常チケット(5,000円)
      ※共に税抜き

詳細はこちら



チケットの購入はこちら
               
                 

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

The following two tabs change content below.
ナカゴミ コウイチ

ナカゴミ コウイチ

山梨県出身、甲州ワイン育ちのフリーライターです。ラジオ関係、ファッション関係のライティングをしながら、大好きなワインのお仕事も精力的に行っています。ワインは日常的に楽しむ飲み物であるということを広く伝えて行くために活動を続けています。

関連記事