【実践編】プロの現場で話題沸騰中!ワイン・カクテルツールブランド「BIRDY.」の“グラスタオル”と“デキャンタ”がとんでもなく高性能!~後編~|カーヴ(Cave) -ワインがもっと楽しくなる!日本最大級のワインのレビューサイト

突撃リポート

【実践編】プロの現場で話題沸騰中!ワイン・カクテルツールブランド「BIRDY.」の“グラスタオル”と“デキャンタ”がとんでもなく高性能!~後編~

前回の「Birdyグラスタオル」編で、その驚くべき吸水性と艶出し効果に感動しきりだった我々。

感動覚めやらぬ状態の中、続けて以前から気になっていた「Birdyデキャンタ」の実力を調査しました。
                   
                      

「Birdyデキャンタ」とは?

13914                  
美しく輝くステンレス、美しい曲線、コンパクトなフォルム。普段、ガラス製のデキャンタしか使用しない人であれば、「これがデキャンタ?」と驚いてしまうかもしれません。

正直、見た目ではわからない部分もあると思いますので、簡単にこのツールを紹介します。

BIRDY.独自の研磨技術により、内側表面には0.1ミクロンレベルの凹凸が施され、ワインはもちろん、シェリーや日本酒などの味わいを素早くまろやかに変化させます。
引用:BIRDY.SHOPより


公式ショップで説明されているように、デキャンタ内側に微細な凸凹が施されており、これら凸凹に液体が触れることでワインの香りが際立ち、味わいがまろやかになります。

使い方もとっても簡単で、1~2杯のワインを注ぎ、数回スワリング、または傾けながらゆっくり側面に沿わせながら回して、グラスに注ぐだけ。
ワインと凸凹が触れ合うことで、ミクロレベルの気泡が発生し、ワインに適度な酸素が溶け込むというわけです。
                   
                    

早速実践!

13923                 
前回に引き続き、調査してくれたのは、株式会社スマイル 酒類事業部の五十嵐真樹さん。
実験用に、アルゼンチン北部で造られているタナ種の赤ワインを用意してくれました。

今回、「Birdyデキャンタ」の実力を知るために横山さんが3通りの楽しみ方を提案してくれました。

「Birdyデキャンタ」は、前述したように内側を研磨しているわけですが、右回り…つまり、時計回りに研磨されていて、その方向に研磨目がついてます。
ワインを「Birdyデキャンタ」に入れて、目に沿った右回りでスワリングするか、目に逆らった左回り(反時計回り)でスワリングするかで、風味が変わるのだそうです。

一体、どんな結果になったのか…早速お伝えしていきましょう。
                 
                   

まずは、デキャンタージュ無しで…

13913                 
まずは、デキャンタージュ無しでワインをグラスに注ぎ、五十嵐さんに飲んでもらいました。
タナ種という、濃く、フルボディの赤ワインを生み出す品種だけに、デキャンタージュ無しでは、まだまだ熟成できるかも…という硬さを感じたようです。とはいえ、品質の高い1本ですので美味しさは間違い無し。

ダークチェリーなどの果実、濃厚な旨味、しっかりとしたタンニン…と、タナ種らしい味わいと表現していました。
                  
                    

優しく時計回りでスワリング

13920                  
ここからは、「Birdyデキャンタ」の登場。
まずは、優しく右回りに数秒スワリングしてもらったものをテイスティングします。

「スパイシーさは、ほんのりと感じられるようになりました。あと、間違いなくまろやかな口当たりになっていますね。いや、不思議です…」と、五十嵐さん。

確かに自分も試してみると、デキャンタージュ無しのワインでは感じられなかった、スパイシーさを感じることができました。本当に、軽く回していただけなのですが…驚きです。
                  
                    

やや強めに時計回りでスワリング

13921                  
続いて、同じ右回りですが、やや強めのスワリングしたものをテイスティングしてもらいます。

「ん?今度は、酸味が際立つようになりました。
よりまろやかになっているのはもちろんですが、タンニンもキレイに口内に広がりますし、この品種の良い部分がより明確に現れてきた、という感じです。」
と、五十嵐さん。

明らかに、スワリング無しのものと比べると複雑性が増し、美味しくなっていることがわかります。
こちらも、本当に数秒強めにスワリングしただけ…。何故なのでしょうか。
                  
                   

左回りでスワリング

13915                  
次に、今度は研磨方向とは逆になる左回りでチャレンジ。スワリングはやや強めです。

「今までとは、全く別のキャラクターになりました。酸味ではなく、果実味が先にきて、その果実味が全体的に強くなっている感覚です。タンニンは、よりまろやかになった感じですね。スッキリとした感じです。」

左回りになると果実味が増し、不思議と酸やタンニンが抑えられたような、そんな味わいのキャラクターになりました。回す方向の違いだけでここまで味わいが変わるとは、面白いですね。
                   
                   

両手で温めて左右にスワリング

13918                  
これだけでも十分に楽しめたのですが、「まだまだ面白いスワリング方法がある」と、横山さん。
「Birdyデキャンタ」を両手で包み込み温め、右回り、左回りと両方向にスワリングというスゴ技を披露してくださいました。


結果、先ほどのタナ種のワインが持っているポテンシャルが全て開花したような、複雑性のある、通好みの味わいに急激に変化。
タンニンがきれいになっており、飲み心地も抜群に良くなっています。個人的には、この方法が最も美味しかったのですが、それも人それぞれだそうで、品種やワインの特徴によって使い分けてほしい、とのことでした。
                 
                    

用途が多く、1日中楽しめそう!

13917                  
一般的なガラスのデキャンタとは違い、「Birdyデキャンタ」はデキャンタージュし直すことができますし、落としても割れないという、使い勝手の良さも魅力。

さらに、今回の検証でご理解いただけたと思いますが、「Birdyデキャンタ」は、硬い赤ワインを開かせる目的だけではなく、ワインの持つポテンシャルを高める役割もあります。

つまり、ライトな赤ワインや白ワイン、スパークリグワイン、ロゼワインなど、さまざまなワインに活用できるわけです。
                  
                  

13925                
ちなみに、後でロゼワインでも同様にいろいろと飲み比べてみたのですが、果実由来の甘みが強烈になるスワリング、全体のバランスが整うスワリング、シャープに感じられるスワリングなど、ひとつのワインでさまざまな味わいを楽しめることを確認できました。
                  
                

実践編~後半~まとめ

                
なかなか、画像と文章だと伝えるのが難しいところですが、嘘偽りなく、「Birdyデキャンタ」はワインの味わいをスピーディーに変化させます。もちろん、良い方向へです。

どうしても、信じられない…という方はぜひ、ご自身で確かめてみてください。「Birdyデキャンタ」の魅力に触れてしまったら最後、もう後戻りできなくなりますよ。


【ご参考】
BIRDY.公式ホームページ

Birdyグラスタオル 商品購入ページ

DC700 デキャンタ 商品購入ページ

                 
                 

関連コラム

              
・プロの現場で話題沸騰中!ワイン・カクテルツールブランド「BIRDY.」の“グラスタオル”と“デキャンタ”がとんでもなく高性能!~前編~

・プロの現場で話題沸騰中!ワイン・カクテルツールブランド「BIRDY.」の“グラスタオル”と“デキャンタ”がとんでもなく高性能!~後編~

・【実践編】プロの現場で話題沸騰中!ワイン・カクテルツールブランド「BIRDY.」の“グラスタオル”と“デキャンタ”がとんでもなく高性能!~前編~
               
              

caveおすすめのワイン
  • 「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
    「ワインを買う」という行為を少しでも、より楽しくできればと願い・・
    caveスタッフが厳選した、毎月オススメのワインをお送りいたします。

    これまで、「赤ワイン」「白ワイン」以上のことはあまり分からなかった方々。
    なんとなく「買っては飲んで」を繰り返し、結局自分が好きなワインは何なのか、いまいちわからなかった方々。

    そんな様々な「わからない」を解決するための特典を多数ご用意しております!
CAVE THE SELECT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事